大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の九十七
〈 「添削」という行為について 其の二 〉
フットプリンツの講座のシンドさは、「考えること」を省略できないことです。
学校や塾予備校で現代文を演習する場合を考えてみましょう。
生徒さんは当然、予習してきます。
予習してこない生徒さんは、ただの「お客さん」、受験生とは言えません。
で、生徒さんは「しっかり予習」しているのですが、
でも、そこには自ずから「予習の深浅」があります。
「思考の深さ」といってもよいでしょう。
「しっかり予習」しているのではなく、
「しっかり予習したつもり」なっている、
でも、ご本人も、講師も、そこに気づくことはない。
「予習→講義→復習」
をして、「しっかり勉強したつもり」になってしまう。
「生徒⇔講師」の間に、厳しい言い方をすれば「馴れ合い」が生じてしまいます。
時間とお金と労力をかけて、「錯覚の学習」をしてしまうのです。
「いくら勉強しても、現代文がのびません」
という生徒さんのほとんどがおちいっている「つもり学習」です。
ホラ、「単語の暗記」とか、「年号の暗記」とか、指標が明確だから、「身についているか、サボっているか」は一目瞭然、
ところが、「思考」は明確なカタチをもちません。
「しっかり思考しているのか、サボっているのか」
思考の深浅まではわからない。
思考は他者の目に見えるものではないので、他者には当然わからない。
生徒さん自身も自分の思考が正しいか間違っているかわからないから講義を受けているわけで、
己の「思考の深さ」などわかりません。
そのことには、添削担当者自身、早くから気がついていたのですが、
集団に対する講義では、一人一人の生徒さんのアタマの中身までのぞいているヒマはありませんから、どんどん解説をしてしまう、
だから、深く考えて予習してきた生徒さんは伸びていきます。
が、サラッと予習して同じまちがいを何度もやらかしてしまう生徒さんを置き去りにしてしまうのです。
そこで、添削担当者が工夫したのは、「答案用紙」のあり方でした。
下にあげた現代文の解答用紙をご参照ください
ゼッタイ、考えることから逃れられない「答案用紙」です。

課題文の読解

要約する(全体をみわたす)

解答根拠を書きながら、解答(部分をツメる)

という作りになっています。
添削担当者が「2-ウェイ メソッド 現代文/小論文」という講座を立ち上げた、そのときにいちばん腐心したのは、実は「答案用紙」だったのです。
きわめてシンプルですが、わたくしの長年の受験指導から見つけた根本問題を解消するべく、経験のすべてを注ぎ込みました。
生徒さんがしっかり予習してくる、深く考えざるを得ない答案用紙。
「何となく解答」はゼッタイできない答案用紙。
添削担当者のウデがいい、とかいう以前の問題なのです。
受講生のみなさんがノーミソに汗して、一所懸命、答案用紙を作成してくる、アタマの中身、思考の過程がすべて「カタチ」になって表現されている、
だからこそ、添削担当者はピンポイントで欠点の矯正ができます。
「国語の実力はノーミソでかいた汗に比例する」
ということなのです。
生徒さんもシンドイ、添削担当者もシンドイ、
でも、そこにしか合格の近道はない。
だから、「添削」とは深い深い、思考の「対話(ダイアローグ)」だと、言ってみたい。
赤を入れ終えた添削答案は、生徒さんと添削担当者の共同作品なのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

好評発売中!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト



祝!早慶上智(法)合格=グランドスラム達成!!!


最優秀答案 第十一回(現代文)です!!


早慶併願第十一回現代文                    joe


きわめてシンプルな答案、
でも、それはこの生徒さんが手をぬいているからではない。
帰国子女の生徒さんですが、
「シンプルな思考」というのは、
おそらく、
英語でつちかってきたものだと思うのです。
どうですか?
英語と国語、あるいは小論文って、
受験生にはまったく別のものとして目に映っているでしょうが、
こうしてみると、
通底しているのがわかりませんか?
英語がデキル生徒さんは、
ゼッタイ、国語もできるはず。
それを見事に証明してくれましたね!

早慶上智の法学部に現役合格!
業界用語でいえば「グランドスラム達成!」

「思考の深さはすべてに通ずる!」

ということは?
その実力は大学受験のみにはとどまらない、
ということです。
大学に入ってから、社会に出てから、
さらに大きく伸びていく「芽」がそこにあります。
このような生徒さんにとって、大学受験とは、
「ただのきっかけ」
でしかない、ということです。

danpei                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method 
   現代文/小論文」




【フットプリンツからの「お知らせ」】

みなさまからのあついご支援、ほんとうにありがとうございます。
おかげさまで、優秀な合格実績をあげることができました。
新たな一歩をふみだすべく、受講生を限定、プロの講師が少数精鋭で徹底的に添削をしていきます。

2-ウェイメソッド現代文/小論文
           受講生限定=50名 


それにともないまして、5月より添削費用を値上げいたします。
それ以前にお申込みいただいた受講生につきましては、契約時の料金体系のまま、受講を継続していただきます。
受講生の皆様には、あらためて詳細をメールでお知らせいたします。



みなさま 応援ありがとうございます。
フットプリンツの2-ウエイ メソッド、
生徒さんとともに作り上げてきた添削答案は、
まさしくフットプリンツの「あしあと」です。
さらに講座が「しり上がり」ますよう、
いっそうの応援
   m(_ _)m
       よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま45位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/04/11 19:03】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の九十八 | ホーム | しり上がり通信 其の九十六>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。