大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の九十八
〈 「添削」という行為について 其の三 〉
フットプリンツの2-ウェイ メソッド、
現代文と小論文を同時並行的に演習しようというものですが、
どうやらその効能が見えてきました。
「現代文の小手先の解法マニュアルをダラダラやるぐらいなら、自分で小論文を書いたほうが速い」
という、添削担当者の経験則から作り上げた講座ですが、
はじめるにあたって、一つ、不安がありました。
「シンドイ」こと。
学校や塾予備校の教材に比べて、あまりにハードなのです。
こんなメンドクサイ講座に、果たして生徒さんがついてきてくれるだろうか?
昔の仲間たちからもさんざん言われましたね。
「今の生徒は書きたがらない。続くわけないじゃん!」
「わざわざ金払ってシンドイ思いするはずないじゃん!」
さもありなん。
仲間たちは当然、添削担当者を心配して言ってくれたのですが、
国語の講師が口をそろえて「生徒は書きたがらない」という、
その指摘にこそ、現在の受験教育としての「国語」の根本的な問題があることを感じました。
世に出まわっている「読解マニュアル」って、対症療法的、近視眼的なのです。
「書くのメンドクサイ、選択肢問題の方が予習がラクチン!」
という生徒さん。
つまり、「受験勉強したつもり」になりたい、
言い換えるならば、ラクして合格したい、
という都合のよい欲望が隠れていることに無自覚なのです。
あらゆるスポーツ、芸術活動において、
「ラクして成果をうる」
という方法論は…、ひとつもありません。
それなのに、どうして大学受験にだけは許されるのか?
もし、それが「ある」と考えるようなら、それはその受験生がおとぎの世界を生きる「お子さま」だから。
アニメとか、テレビゲームの世界のように「秘密のアイテム」、魔法の杖が存在し、自分だけはラクして合格できる!なわきゃない。
とはいえ、「ラクして合格」はたしかに存在します。大学を選ばなければ、という条件付きで。
「おとな」の受験生は、
「シンドイ思いをしても、第一志望校に合格したい!」
と考えるものです。
その欲求にこたえる、明確なメソッドを立ち上げよう、と考えたわけです。
「大学受験はイニシエーション(成人儀礼)だ!」
と述べてきましたが、わたくしの講座自体がイニシエーションになるようにカリキュラムを組んだのです。
忍者が麻の種をまいて、成長していく麻を毎日、飛び越えるがごとく、
「しり上がり」にハードになっていくカリキュラム。
だから、受講生は、その「入り口」において、「ラクして、成績を伸ばしたい」という「お子さま」で十分、「国語の成績を伸ばしたい!」というモチベーションさえあれば、フェアリーを信じる「お子さま」でけっこう。
でも、次第に課題は難しくなる、添削もビシビシ厳しくなる、
で、アラ不思議、講座の「出口」において、
「難題上等!点差をはなすチャンス!どんな課題でもかかってこいや~!!」
と、リッパな「オトナ」になって受験会場に向かっていきます。
よくよく冷静に考えてみれば、「入るのがハード」だから、名門大学なのであって、
そこを目指す以上、方法論も必然的にハードになるはずです。
フットプリンツの2-ウェイ メソッドはどこの講座よりハードなはずです。
だからこそ、合格の近道がそこにある。
下にあげた早稲田、慶応、上智を総ナメ、グランドスラム達成の受講生、しり上がりのカリキュラム全十六題を駆け上がっていきました。
が、この生徒さん、受講開始した当初から「ラクして合格」など、いっさい考えていなかった。
「ハードでもいいから、国語の実力つけたい!」
覚悟を決めた「おとなの受験生」でしたね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

好評発売中!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト



祝!早慶上智(法)合格
   =グランドスラム達成!!!


最優秀答案 第十二回(現代文)です!!


早慶併願第十二回現代文                    joe


センター試験でいちばん難しかった「階層構造」の読解、
それを要約、根拠づけして解答なんて、ムリッ!
でも、
もう十二回ぐらいになると、やっちゃうのです。
やはり、シンプルな答案、
すばらしいですね。

小論文を書いてみればわかるのですが、
自信のないことは冗長になる、
本質が見えていることはシンプルになる、
という傾向があります。
この答案、
「全体を見わたして部分をツメる」
という、
講座が目指している「着眼」を、
すでに自分のものにしていることがよくわかります。

早慶上智の法学部に現役合格!

グランドスラム達成は必然だったのです。

「本質をおさえれば、思考はシンプルになる!」

だから、
応用もいろいろきくわけです。
慶応大学の法学部で存分にいかしてくださいね!

danpei                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method 
   現代文/小論文」




【フットプリンツからの「お知らせ」】

みなさまからのあついご支援、ほんとうにありがとうございます。
おかげさまで、優秀な合格実績をあげることができました。
新たな一歩をふみだすべく、受講生を限定、プロの講師が少数精鋭で徹底的に添削をしていきます。

2-ウェイメソッド現代文/小論文
           受講生限定=50名 


それにともないまして、5月より添削費用を値上げいたします。
それ以前にお申込みいただいた受講生につきましては、契約時の料金体系のまま、受講を継続していただきます。
受講生の皆様には、あらためて詳細をメールでお知らせいたします。



みなさま 応援ありがとうございます。
フットプリンツの2-ウエイ メソッド、
生徒さんと「やりとり」してきた答案は、
講座の宝物、
こうしてふり返ると、
いかに生徒さんがのびたか、
その「あしあと」がよくわかります。
フットプリンツはさらに「しり上がり」の坂道を登り続けます!

m(_ _)m 応援よろしくお願いいたします! m(_ _)m
人気blogランキング ただいま42位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/04/12 12:21】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の九十九 | ホーム | しり上がり通信 其の九十七>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。