大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
人生の「おしたし」 其の十四
〈 添削担当者 パフュームのライブに行く! 〉
5月10日の日曜日、
東京の代々木第一体育館で行なわれたパフュームのライブコンサートに、
昔の予備校講師時代の仲間にさそわれて行ってまいりました。

【パフュームのコンサート会場】
パフューム03

コンサートのテーマが、
「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」
たまらんですのう。
添削担当者の世代が中高生だったころ、
田舎では額にソリコミを入れると、「不良(ツッパリ)」といって職員室によばれたものでしたが、
東京ではモミアゲを剃ると、「不良(テクノ)」といって職員室によばれたらしい。

当時、フィーバーするのは金曜の夜ではなくて、サタデーナイトと相場が決まっておりました。
テクノポップとディスコと、
青春時代に洗礼を受けてきた世代なのです。
だから、
パフュームの「テクノでディスコ」、
イッパツでもっていかれるわけです。
ミラーボールがくるくる回っているだけで、幸せな気分になります。

その昔、
予備校が横浜に校舎をかまえ、一年目に教えに行きました。
事務長に「先生方、備品で何か足りないものがありますか?」ときかれて、
「ミラーボール」
とこたえたことがありましたっけが…。
当時の校長に「来年からこなくていい」って言われたりして。

ライブはモリモリに盛り上がりました。
ぶっちゃけ、
親子で楽しめますね。
普段、娘さんと疎遠になって寂しい思いをしてらっしゃるお父様、
「ディスコ」の何たるかを知らしめるよい機会かもしれません。

世代的なものなのか、
ひとり、添削担当者ばかりなのか、
テクノでディスコなパフュームって、「懐かしい」感じがするのです。
「かわいい」のに「懐かしい」、
ひと言で形容するなら、
「なつかわいい」
です。
コンサート会場で、思わず
「なつかし~、ディスコなんて、20年ぶりだよ…」
ってもらしたら、後ろの若い女の子たちが苦笑していましたよ。
つまり、「パフュームのメンバーの年齢」ぶりにディスコに来たということなのです。

【添削担当者の講師時代の戦友達(いくさともだち)】
パフューム01
アヤシイ人が一名いますね。

以前、拙ブログで、パフュームの『ラブ ザ ワールド』の映像をもとに、
「部分と全体」の「入れ子構造」、大学合格までの道のりを解説したことがありました。

部分と全体について、受験生に向けてノーガキをたれてきたわけですが、ここにいたって、図式の名称、「入れ子」の説明をしていなかったことに、ハタと気がつきました。
「入れ子」とは、部分を全体が包摂(包みこむ)し、そのまた全体を部分が包摂する、という「包摂関係」です。
なんていうと、余計にわけがわからなくなったりして。
よく引き合いに出されるのが、ロシアのマトリョーシカ、女の子のお人形さんです。
小人形を中人形が包み込み、中人形を大人形が包み込み、という関係が「入れ子」構造です。
わからない?
そのような人は、ネットの動画でPerfumeの『love the world』を観てみましょう。この夏、ずいぶんはやりましたね。「入れ子」構造をもとにして作っています。

部分は全体であり、全体は部分である。

これから「しり上がり」にボーダーラインまでツメてゆく受験生にどうしても必要な視点、パフュームで勉強してみましょう。



ライブがハネて、
渋谷センター街にくりだし、蕎麦屋で飲んでいたおり、友人にそのハナシをしたところ、
「谷ヤン(添削担当者のあだ名)、やっぱニューアカ世代だよねー」
なんて言われたりして。
「ニューアカ」とは、「ニューアカデミズム」、80年代にはやった思想です。
ってほど、わたくしも勉強しとりませんが、
ディスコにせよ、ニューアカにせよ、「パフュームのメンバーの年齢」前にはやったことはたしかです。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/05/12 02:45】 | 人生の「おしたし」 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<人生の「おしたし」 其の十五 | ホーム | 人生の「おしたし」 其の十三>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。