大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の百十四
〈 あらためて、「添削」という行為について 其の十九 〉
「添削道」
「てんさくみち」と読みます。
「てんさくどう」だと、剣道とか、相撲道とか、茶道とか、
「イズム」「主義」という、抽象的、精神的な感じがします。
「しり上がり」のフットプリンツを刻み込む、具体的、物理的な「みち」であること、
だから、
「添削道(てんさくみち)」。
その…、まことに話しづらいのですが…、
大手の添削業者さんはたくさんあるじゃないですか?
何を今さら弱小業者が…という感じはするわけです。
でも、添削担当者は業界のカラクリを知り尽くしている、
でも、心は今も公立高校の一教員のつもりです。
だから当然、「添削道」はオリジナルの添削を目指します。

・他の業者さんがアルバイトのマニュアル添削であるのに対し、「プロ」の添削であること。

大学受験の「全体」が見える人間が添削しないと、ただの「揚げ足取り」になりますからね。
人様のことをはた目から見て、「なっちょらん!」
だったら、大沢親分にだってできるじゃないですか?

大手の添削業者さんのシステムって、実は、「答案を出させないシステム」になっています。だから、一回あたりの添削費用がお安い。
どうやって、答案を出させないようにするかというと、

・課題を難しくする。
・添削をキビシクする。
・締め切りをキビシクする。

結果、生徒さんは出すのがおっくうになってしまいます。
まして、現役生はクラブ活動、定期考査、といろいろありますから、締め切りをなかなか守れない。
「でも、悪いのは提出しなかったワタシ…」
というシステム。
お友達で、通信添削をうけている人がいたら、一回あたりの添削にどれぐらい費用がかかっているか、きいてみるといいですね。大半の方が、一回の添削に二回分、三回分の費用をかけていることに気が付いていません。
だから、「添削道」なのです。
「どストレートのまっこう勝負!」
「ハードなど(お)つきあい!」
といってきましたが、フットプリンツのシステムは「添削してナンボ」のシステムなのです。
生徒さんが答案を提出したくない通信添削、って、なんか、おかしいじゃないですか?
「フスマの影からヤリでつく」
みたいな。
そんな添削なら、やめちまえ!ということなのです。
生徒さんが次の答案を出したくなるような添削、
忍者が麻を植えて毎日とびこすがごとく、気がついたら実力がついちゃってるよ!みたいな添削、
「魂のこもった添削」
それを添削担当者は「添削道」と呼びたいのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

好評発売中!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト



早稲田慶応上智(法)総ナメ!!!


フットプリンツ卒業生
      グランドスラム達成の「全足跡」!!

danpei
早慶併願 第一回現代文添削答案早慶併願 第一回小論文添削答案  伴流ボクシングジム芹江選手(黒パンツ)
早慶併願 第二回現代文添削答案早慶併願 第二回小論文添削答案
早慶併願 第三回現代文添削答案早慶併願 第三回小論文添削答案
早慶併願帰国子女生第四回現代文早慶併願帰国子女生第四回小論文
早慶併願帰国子女生第五回現代文早慶併願帰国子女生第五回小論文
早慶併願第六回答案(現代文)早慶併願第六回答案(小論文)
早慶併願第七回答案(現代文)早慶併願第七回答案(小論文)
早慶併願第八回答案(現代文)早慶併願第八回答案(小論文)
早慶併願第九回答案(現代文)早慶併願第九回答案(小論文)  伴流ボクシングジム芹江選手
早慶併願第十回現代文
早慶併願第十一回現代文
早慶併願第十二回現代文
早慶併願第十三回現代文
早慶併願第十四回現代文
早慶併願第十五回現代文                     伴流ボクシングジム芹江選手の勝利
早慶併願第十六回現代文
joe


こうしてならべると、
「添削道」
が見えてきます。
鉛筆の文字が生徒さんの「あしあと」
赤い文字が添削担当者の「あしあと」
二つ並んで「しり上がっ」ています。
むむむ…
どこかで聞いたような…
キリスト教の「footprints」というオハナシをば引用させていただきました。

 ある夜、私は夢を見た。私は、主とともに、なぎさを歩いていた。暗い夜空に、これまでの私の人生が映し出された。どの光景にも、砂の上に二人の足跡が残されていた。一つは私の足跡、もう一つは主の足跡であった。
 これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、私は、砂の上の足跡に目を留めた。そこには一つの足跡しかなかった。私の人生で一番辛く悲しい時だった。
 この事がいつも私の心を乱していたので、私はその悩みについて主にお尋ねした。

「主よ。私があなたに従うと決心したとき、あなたは、すべての道において、私とともに歩み、私と語り合ってくださると約束されました。それなのに、私の人生の一番辛い時、一人の足跡しかなかったのです。一番あなたを必要としたときに、あなたが、なぜ、私を捨てられたのか、私にはわかりません」
 
 主は、ささやかれた

「わたしの大切な子よ。わたしは、あなたを愛している。あなたを決して捨てたりはしない。ましてや、苦しみや試みの時に、足跡が一つだったとき、わたしはあなたを背負って歩いていた」


と、いいオハナシじゃないですか。

「受講生に常によりそうのが添削道!」

添削担当者は仏教が好き!ですが、キリスト教もすてがたい。
どの宗教でも、われわれの「無意識」を的確にうがっていますからね。
もちろん、添削担当者は市井の「人間」ですが、
生徒さんが困ったときには、
いつもよりそっていたいと思います。
                                 


受講生 一人一人に目がとどく!!
   受講生限定=50名

受講生を限定、プロの講師が少数精鋭で徹底的に添削をしていきます。
現代文・古文・漢文・小論文 オール・イン・ワン!
会員にかぎり、古文、漢文、すべてフットプリンツが請け負います。
                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method 
   現代文/小論文」


みなさま、応援ありがとうございます。
キリスト教の「footprints」の逸話に
「添削道」あり!

応援、m(_ _)m よろしくお願いいたします!m(_ _)m
人気blogランキング ただいま61位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/05/29 21:24】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の百十五 | ホーム | しり上がり通信 其の百十三>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。