大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の百十六
〈 あらためて、「添削」という行為について 其の二十一 〉
「添削道(てんさくみち)」
とは何か?
それは「受講生にエールを送り続けることである」
と定義してみます。
入学試験であったり、資格試験であったり、受講生の生徒さんがめざす進路は様々ですが、
それぞれの人生において、「重要な節目」であることには、変わりありません。
それぞれの人生の主役は「ご本人」、
添削担当者は「応援者」、
そこに寄り添って、エールを送ることしかできません。
ただし、通りすがりの「野次馬」ではない、ということです。

晴れた日曜日のグランド、少年野球の試合をやっている。
とおりすがった おっちゃん、
「バッター!もっと腰入れないとダメだぞ…ホラ、腰だってば、カラダがひらいてるぞう~」
とか。
言われてその場でできるなら、とっくにやってるっつーの。

夜の後楽園ホール、
会社帰りに一杯やってたちよった おっちゃん、
「左だせ!左だよ、ヒ・ダ・リ!…ホラ、当たった、言ったとおりだろうがよ!」
とか。
手は右か左しかありませんから、いつかは当たるっつーの。

なんて、はた目から見ていると、かなり笑えます。
こっち見てるほうが、よっぽど面白い!
彼らに共通するのは、「局面」、すなわち「部分」しか見ていないことです。
その時、その場の「部分」だけ見てワイワイ言っている。
それを「指導」と呼べるのか?
ということなのです。
「添削道=受講生にエールを送り続けること」
キーワードは「続けること」
その時、その場で「なっちゃいない」部分をあげつらうのではなく、

空間=答案全体の中で、もっとも修正すべき一点は何なのか?
時間=一連の「やりとり」のなかで、どのように段階をふんで指導していくのか?

「時間/空間の広がり」(全体)の中で、いかに部分を伸ばす、あるいは修正するのか、
全体を見わたせるから、同じフィールドに立って指導できる、指導する資格があるのです。
だから、アルバイトのシロート添削はコワイ。
全体が見えないまま、部分の矯正をしようとしますからね。
上述の「おっちゃん」と変わらん、というわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

好評発売中!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト



めざせ!東大・早稲田・慶応!!!


フットプリンツのトップランナー


第八回小論文 「しり上がり」爆走中!!


danpei 目指せ!東大・早稲田・慶応!!第八回小論文 joe


この時期に!
他の大学受験生が予備校で「二項対立」、「二項」の演習をしている、
この時期に!
ナント、この生徒さん、もう「三項」の演習に入っています。
このあたりからがフットプリンツの「しり上がりフラクタル構造カリキュラム」のキモ、
いちばんつらい「胸突き八丁」なのですが、
この時期にワシワシ、越えようとしています。
ツライ!シンドイ!メンドクサイ!
でも、ここをすぎるとピークは近い。
フレー!フレー!
ガンバレー!
ファイトー!

「添削指導も常に全体を見わたして部分へ!」

誰ですか?
いま「イッパーツ!」って言ったの?
                                 


受講生 一人一人に目がとどく!!
   受講生限定=50名

受講生を限定、プロの講師が少数精鋭で徹底的に添削をしていきます。
現代文・古文・漢文・小論文 オール・イン・ワン!
会員にかぎり、古文、漢文、すべてフットプリンツが請け負います。
                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method 
   現代文/小論文」


みなさま、
応援、m(_ _)m よろしくお願いいたします!m(_ _)m
人気blogランキング ただいま47位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/06/04 19:45】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<人生の「おしたし」 其の十八 | ホーム | しり上がり通信 其の百十五>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。