大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の百十七
〈 まだまだ、「添削」という行為について 其の二十二 〉
と、
高校の応援団時代を思い出したら、添削担当者、シミジミしてしまいました。
あらてめて、「添削道(てんさくみち)」について。

先日、動画の配信の相談をしに、横浜の「株式会社 洋々」さんにうかがってきました。

株式会社 洋々 → http://you2.jp

AO入試に特化した徹底指導、
特にも慶応大学のAO入試におくわしい。
フットプリンツの受講生のためにも、先達からアドバイスをいただいてきました。
わたくしも「徹底的に、手で書くのである!」みたいなことを主張しつつ、
いかにして動画を利用していくべきか、相談させていただきました。
ほんとうに参考になりました。
ありがとうございました。

それぞれの指導方針をぶつけてみると、あらためて己の「道」が見えてきます。
で、
「書けば読める!読めば書ける!」
という、フットプリンツの基本理念をあらためて確認しました。
「現代文」は「現代文」、
「小論文」は「小論文」、
って、ホントにもったいない!
あまりに近視眼的にすぎる。
せっかく現代文を精読したのに、選択肢問題を解いておしまい、
小論文の課題文は、論述のタタキ台にしておしまい、
と、全体的な視点にたてば、同じようなことを裏、表でやっているにすぎないことがわかります。
それを「入試制度」として教えてくれているのが、
慶応大学のAO入試!
わたくし自身、慶応SFCのAO入試を指導しましたが、一緒にやっていて、ホレボレしますね。
何が?って、
「小手先のテクニックじゃ、通用しない!」
というところです。

「将来、何をやりたいのか?」
   ↑
「大学で何を勉強したいのか?」
   ↑
「高校で何に取り組んできたのか?」

というのが徹底的にツッコまれますから、
「3ヶ月で偏差値20アップ! 脅威の勉強法」
みたいな勉強をやってきた受験生では、全然、歯が立たない。
学力なんか、学校の評定平均をみればだいたいわかるわけですから、あえてペーパー試験をやる必要もない。
つまり、細部はどうでもよい、
「高校から社会参画までの全体像が見えているか?」
問われているのは、常に「大枠」、全体像なのです。
慶応大学のAO入試の制度って、
「将来何やりたいかわからないけど、一流大学だから慶応」
という大学受験生が大キライ、ウチに来てくれるな!
という制度です。

・現代文で、「のみ・だけ」といった限定的選択肢は、まっ先にうたがってかかれ!
・古文で、接続助詞「て」の前後では、主語は変わらない!

「目からウロコ~♪」って、「アホか?」ということになってしまいます。
優先順位として、常に「全体像」がある。

・国際情勢をふまえた上で、あなたは慶応大学で何を学びたいの?
・歴史的流れをふまえた上で、あなたは慶応大学で何を学びたいの?

問われていくのは、「部分」ではない、常に「全体の中における部分」なのです。
それは、まさしくフットプリンツの「2-ウェイ メソッド」カリキュラムがめざしているものです。
今回、おジャマした洋々さんも同じようなコンセプトで生徒さんを指導なさっている。
で、
添削担当者、指導法など、共有できるのではないかと考えてご相談にうかがったのでした。
あらためまして、
株式会社 洋々 のみなさま、
いろいろと具体的にアドバイスをしていたいだき、ありがとうございました!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

好評発売中!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト



めざせ!東大・早稲田・慶応!!!


フットプリンツのトップランナー


第九回現代文 「しり上がり」爆走中!!


danpei 目指せ!東大・早稲田・慶応!!第九回現代文 joe


もう、ここまでくれば、
「二項対立」なんか「お茶の子」ですな。
読解したら、しっかり要約、設問へ!

「常に全体を見わたして部分へ!」

その視点が、記述問題によくあらわれています。
「まだツメが甘い!」
なんて、添削していますが、
それは、もう「全体」が見えているからなのです。
いいかえるならば、
すでに「部分を矯正できる」レベルに達している。
「小手先のテクニック」というのは、
実は、「全体」が見えてからのハナシ。
試験直前だって、なんとでもなる、
でも、この時期に「ツメ」に入っている。
メチャメチャ、早すぎ!なのです。
                                 


受講生 一人一人に目がとどく!!
   受講生限定=50名

受講生を限定、プロの講師が少数精鋭で徹底的に添削をしていきます。
現代文・古文・漢文・小論文 オール・イン・ワン!
会員にかぎり、古文、漢文、すべてフットプリンツが請け負います。
                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method 
   現代文/小論文」


みなさま、
応援、m(_ _)m よろしくお願いいたします!m(_ _)m
人気blogランキング ただいま65位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/06/09 22:05】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<「2-ウェイ メソッド 現代文/小論文」の真髄 其の一 | ホーム | 人生の「おしたし」 其の十八>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。