大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「2-ウェイ メソッド 現代文/小論文」の真髄 其の八
〈 総論3 〉
国語学習の基本として、なぜに「現代文/小論文」を置いているのか?
古文、漢文は、ラクチンなのです。
もちろん、それなりの努力は要します。
「ラクチン」というのは、やるべきことが明確、なおかつ限られているからです。
「何をやればいいのかわからない」ということはない。
わからない人は、左のカテゴリーの「古文のツボ」「漢文のツボ」に目をとおしてみてください。
って、こんなものなのです。
もちろん、難関大学を受験する人は、これらをベースにして、膨大に読解量をかせぐ必要があります。

ところが、現代文と小論文は明確なマニュアルがあるわけではない。
「何をやればいいのかわからない」
という受験生が多いですね。
ですから、「現代文の神様」みたいな参考書をやって、それで満足してしまう。
典型的なやったつもり、「つもり病」ですね。
秋になって、模試を受けはじめるとわかってくるのですが、その時には、
「時間が…ナイ!」
とね。

なぜ、このようなことになってしまうかというと、
「何をやればいいのかわからない」という疑問に対して、
「マニュアル=明確な答え」がどこかにあると「錯覚」してしまうからなのです。
「答え」なんか他のどこにもない。
その「答え」は「自分のアタマの中」にあるからです。
「現代文/小論文」は実践、すなわち「ノーミソに汗」してナンボ!
悩んで悩んで、ノーミソの中に思考回路を作っていく作業です。
それなのに、「外」に安易なマニュアルを求めてしまう。
他者から「ホラ、こうすれば解けるんだよ!」とマニュアルを与えられて、
「ナルホド~」って、ナットクしておしまいにしてしまう。
決定的な何かが欠落しているでしょ?
そう、「自分で思考していない」のです。
ですから、カリスマだろうが、神さまだろうが、他者から与えられた「答え」は、「わかったつもり」になりたい人には安心感を与えてくれますが、応用がきかないのです。
現代文と小論文の実力をつける近道は、

実践=自分のノーミソに汗する

しかありません。

A…ウンウン悩む、考える、わからん!
B…パッと見てわからん!解説見て(聞いて)ナットク!


同じ「わからん」でも、AとBとでは雲泥の差があります。
「その時、その場」では大差ないでしょう。
ところが、やはり「時間の流れ」という「全体」においた時、大きな開きになっていくのです。

・Aパターン
わからん→→(限界)
わからん→→→→→(限界)
わからん→→→→→→→→→→→→(限界)


・Bパターン
わからん→→(考え抜かない)
わからん→→(考え抜かない)
わからん→→(考え抜かない)


結果だけ見ればどれも同じ、「わからん」ですよね。
でも、レベルが全然ちがっているでしょ?

Bパターンが、多くの受験生、特にも安易にマニュアルにたよる受験生にありがちな「やったつもり」学習です。
そうならないために、添削担当者が考え出したのが、

Aパターン…「実践=ノーミソに汗」

すなわち、「2-ウェイメソッド 現代文/小論文」なのです。
受講生が「自分のアタマで考えること」から逃れられないシステムなのです。
「現代文を読解して、自分で要約して、根拠を書きながら解答」
って、普通の受験生なら、かなりシンドイはずです。その上、
「現代文の要約をふまえて、立論して、論述」
と、さらにシンドイ。
でも、課題文一つを裏表から徹底的に「考え抜いている」でしょ?
だから、「現代文だけ」「小論文だけ」やるより、はるかに効率的なのです。
グングン、「限界」を押し上げていくんですね。

スポーツでも、音楽でも、「限界を超える」というのは同じじゃないですか?
やって、ダメ
やって、やって、ダメ、
やって、やって、やってもダメ
ホラ、同じ「ダメ」でも少しずつ「限界」が上がってきているでしょ?
で、ある時、フッとできる。
誰でも経験があるのではないでしょうか。
あれだけできなかったのに、ある時、フッとできる。
でも、それは偶然ではない、「やって、ダメ」が積み重なった結果、必然的にできるようになったのです。
その「フッと」を図で表せば、「しり上がり」図式の「転換点」になるんだな。
しり上がり

「限界状況で実践」、だから、限界を超える!!

先の例にもどれば、Bパターンの「やったつもり」って、「限界」まで考え抜いていない。
つまり、いつも自分の「限界内」で演習しているから、時間と労力、お金もかけている割には、「限界」自体、何も変わっていない。
つまり、実力は変わっていないのです。
それに対して、Aパターンはシンドイ、
でも、なぜシンドイかというと、自分の「限界いっぱいいっぱい」で演習しているからなのです。

現代文の勉強法で悩んでいる受験生、安易なマニュアルばかり追い求めて、参考書の山を築いている受験生のほとんどに欠落しているのが「実践」という視点、
だから、

・現代文は読んだら必ず要約する。
・現代文は必ず根拠づけして解答する。
・現代文を精読したら、それをもとに自分で意見文を書いてみる。

と、徹底的に「実践」するようにこしらえた方法論が「2-ウェイ メソッド」だったわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

好評発売中!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


ぶっちゃけ、昨年度、慶応大学合格率66、6%!
3人挑戦して、2人合格しました。

早稲田慶応上智(法)合格!!!


フットプリンツ卒業生
      グランドスラム達成の「全足跡」!!

danpei
早慶併願 第一回現代文添削答案早慶併願 第一回小論文添削答案  伴流ボクシングジム芹江選手(黒パンツ)
早慶併願 第二回現代文添削答案早慶併願 第二回小論文添削答案
早慶併願 第三回現代文添削答案早慶併願 第三回小論文添削答案
早慶併願帰国子女生第四回現代文早慶併願帰国子女生第四回小論文
早慶併願帰国子女生第五回現代文早慶併願帰国子女生第五回小論文
早慶併願第六回答案(現代文)早慶併願第六回答案(小論文)
早慶併願第七回答案(現代文)早慶併願第七回答案(小論文)
早慶併願第八回答案(現代文)早慶併願第八回答案(小論文)
早慶併願第九回答案(現代文)早慶併願第九回答案(小論文)  伴流ボクシングジム芹江選手
早慶併願第十回現代文
早慶併願第十一回現代文
早慶併願第十二回現代文
早慶併願第十三回現代文
早慶併願第十四回現代文
早慶併願第十五回現代文                     伴流ボクシングジム芹江選手の勝利
早慶併願第十六回現代文
joe


ホラ、
「ノーミソに汗」してるでしょ?
断言しましょう。
この「実践」の中にしか「答え」はありません。

「実力はノーミソでかいた汗に比例する!!」

ラクして難関大学合格、
そんな受験生、フットプリンツはお断り!
ノーミソに汗して、考えぬく!
そんな生徒さんは大歓迎、
添削担当者もともに汗して「しり上がり」の坂道をかけてゆきます。
シンドイ!
でも、
そこに最速最短の合格へのルートがあります。                                


受講生 一人一人に目がとどく!!
   受講生限定=50名

受講生を限定、プロの講師が少数精鋭で徹底的に添削をしていきます。
現代文・古文・漢文・小論文 オール・イン・ワン!
会員にかぎり、古文、漢文、すべてフットプリンツが請け負います。
                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method 
   現代文/小論文」


みなさま、さらなる応援、
m(_ _)m よろしくお願いいたします!m(_ _)m
人気blogランキング ただいま81位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/07/03 18:44】 | 「2-way method 現代文/小論文」とは? | トラックバック(0) | コメント(0)
<<「2-ウェイ メソッド 現代文/小論文」の真髄 其の九 | ホーム | 「2-ウェイ メソッド 現代文/小論文」の真髄 其の七>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。