大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『小論文のツボ』 其の九
「国立大学後期小論文 立論のポイント④」 〈逆接〉

「自分の意見はBだ。Bだ。やはりBだ。」

と、自分の意見を伝えたい気持ちはわかりますが、ただひたすら自分の考えだけを羅列(られつ)すると、どうしても独断的な意見になってしまいます。「ボクがBっていったらBなんだ~い」と、だだっ子みたいな論述になってしまいますね。「他の考えだってあるだろう」と、当然、ツッコミを入れたくなります。

「他人(課題文・世間一般)の意見はAだ。しかし、自分の意見はBだ。」

とすれば、独断的な意見にならず、より客観的な妥当性をもった意見論述になります。

また、英語でもそうでしょうが、逆接というのは、その後の内容を強調する表現でもあります。ただ自分の意見を並べる(黒、黒、黒)よりも、対照性(黒/白のようなコントラスト)をつけることで、いっそう自分の意見が強調されます。

このように、逆接を的確に用いることで、客観的妥当性(普遍性)をもった意見を強調して論じることができます。「論文は論証で勝負」と述べてきました。その「論証」部の核心となります。

さて、下記のような展開では、A、B、どちらの意見が強調されるでしょうか?

 

「ショボい意見←〈逆接〉→( A )」

「的確な意見←〈逆接〉→( B )」

 

答えは当然、Bです。小学生相手に本気でケンカしたら、「大人気ない」って言われますよね。たたき台とするなら的を射た意見に対して逆接した方が、その後の自分の意見も強調されます。

とはいいながら、専門家がきちんと論証した意見をくつがえすのは容易ではないので、あくまで自分が反論できる、等身大の意見をたたき台とするべきでしょう。

「いかにもそのとおり」という意見を展開、「しかし」と逆接して自分の意見を展開できれば、強烈なカウンター攻撃となりますよ。

 

逆接=客観的妥当性(普遍性)の獲得・自論の強調
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/03/02 18:54】 | 小論文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試直前講座 『小論文のツボ』 其の十 | ホーム | 大学入試直前講座 『小論文のツボ』 其の八>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。