大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
センター国語徹底研究!! 其の十三
〈 漢文・2006年・本試験 〉

目指せ! センター国語9割!!

やはり、典型的な「類推思考」、置き換えの論理で展開していますね。

漢文・中世説話の話型

事件、出来事 → 教訓、主張

本文末の「亦」がミソ。
類推関係で展開して、最後に結論(教訓、主張)で用いられる表現です。おさえておくと、問6で使えます。最後に解説しましょう。

問1.
(1)「つひに」はホント、よく出ますね。主なもの「終に・遂に・竟に・卒に」ぐらいはおさえておきましょう。

(2)赤本の解説にあるとおり、「忖度(そんたく)」なんて思いつく人はエライ!せめて「度量(量をはかる)」とか。

問2.
「また」の解説、いってみましょう。マジで、使えますよ。

「また」の前後の文の関係

1.~モ亦タ~
…主語がかわって述語は同じ。「やはりまた」、「同様にまた」。通称「モマタ」。
例・吾食飯。汝亦食飯。…吾、飯を食(くら)ふ。汝も亦た飯を食ふ。

2.~復タ~
…主語と述語が同じ。同一主語の同じ動作の反復。「ふたたびまた」通称「マタマタ」。
例・吾食飯。吾復食飯。…吾、飯を食(くら)ふ。吾、復た飯を食(くら)ふ。

3.~又~
…主語が同じで、述語がかわる。「さらにまた」。通称「サラマタ」。
例・吾食飯。吾又食麺。吾、飯を食(くら)ふ。吾、又麺を食(くら)ふ。


波線部(ア)(イ)ともに「復」ですから、前後は「同じ主語(鼠)」が「同じ動作(かじる)」動作を「反復」しているの、わかりますね。
ちなみに、(ア)(イ)ともに正解は「ふたたびかじる」としています。ラッキーな問題。

問3.
またまた、使役の問題。
「命ジテ~シム」は、その動詞の性質上、使役で読んでやる。いやでも人を動かしてしまう動詞でしょ?
使役の構文→→→ 漢文のツボ 其の八

「多項」というほどではないけれど、「胡子」「猫」「鼠」の三者をテキトーに並べかえて選択肢を作っているのは、センター国語の常套手段です。
とはいえ、カンタン。

問4.
消去法でしょうね。
1.「さびしくなった」がダメ。
3.「猫もいなくなり」が蛇足。
4.「鼠も猫も眠ってしまった」がダメ。
5.「猫も別室から出て行った」が蛇足。

2.選択法でも選べますが、「安眠」まで言っていいか?という素朴な疑問はあります。本文一行目、「懼る」⇔「安心(民)」の対比なのでしょうな。

問5.
注目すべきは、「非不」「於」。
「非不」の二重否定。結局は「強い肯定」、強調の表現です。
否定詞はすべて「返読文字」です。返り方がそれぞれ決まっています。
・不←活用語の未然形
・非ズ←体言、連体形ニ ※「ニ」は断定「なり」連用形、断定の否定「~ではない」です。
・無シ←体言、連体形
二重否定は、否定詞の読み方をおさえれば、あとはその組み合わせに従って返読するだけです。
二重否定→→→ 漢文のツボ 其の六

「霊なり」と形容動詞の下に「於」がきている、「置き字(前置詞)」を使った比較形の構文。
比較→→→ 漢文のツボ 其の九

「於・于・乎」の三用法、しっかり確認してきてください。「置き字だから、どーでもいいや」と思っている受験生がホント、多いですが、選択肢を消すネタとして、メチャメチャ使えますよ!

「霊ナリ」は注釈をつけてもよいところ。「注釈がわりの設問」、早稲田がよくやる出題形式。こういう設問は徹底的に消去法。
2.「すばしこくない」が単純な否定では?「猫を利用するのでなければ」という条件句が蛇足。
3.「飼いならす」がダメ。
4.「支配」がダメ。
5.「捕まえる」がダメ。

問6.
文脈をみましょう。
「人は猫より賢いが、鼠を追い払うことにかけては猫の方が優れている。人と猫、それぞれに役割がある。君子というのも、同様にその与えられた役割にひたすらはげむのだ。」

彼(人・猫)…有職

||類推関係

君子…尽其職


主語が変わって、述部の内容が変わっているのが、わかりますか?
だから、このような「置き換え」の文脈で、「モ亦タ」が多用されるのです。知っているのと、いないのとでは、大違い。
「~亦~」
と、たった一字で文脈がズバッと見えてしまう。しかも、使われるのは、このように最後の結論部。つまり、「センター国語 問6」、いちばんオイシイところにかかわってきます。三つの「また」はともかく、「亦」だけは、その機能をおさえておきましょう。
ちなみに、虫食い問題でよく問われます。
「~モ( )」
ってあったら「亦」入れる、っていうヤツです。漢文のお約束問題。

問5(1)の選択肢と問6(2)の選択肢、ビミョーにリンクしてますよ。
問5(1)「鼠をおさえることができる」
問6(2)「それぞれ能力がある」
と、ここに通底しているのは「可能」なのです。
消去法で選択肢消してみましょうか。
1.「適材を適所に配置」がダメ。
3.「手段とその効果」がダメ。
4.「道具の使い道」がダメ。
5.「動物の特性を活かして」がダメ。
文脈は「人は鼠を追い払うことができないが、猫はできる」
と、「可能」でしょ?

問5と問6のリンク

こういう分析的な視点、フットプリンツのテーマである、

常に全体を見わたして部分へ!!

この「視点」を身につけると、こうやって古文だろうが、漢文だろうが、応用できるわけです。

それでは、次回は「漢文・2006年・追試験」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


ぶっちゃけ、昨年度、慶応大学合格率66、6%!
3人挑戦して、2人合格しました。

早稲田慶応上智(法)合格!!!


フットプリンツ卒業生
      グランドスラム達成の「全足跡」!!

danpei
早慶併願 第一回現代文添削答案早慶併願 第一回小論文添削答案  伴流ボクシングジム芹江選手(黒パンツ)
早慶併願 第二回現代文添削答案早慶併願 第二回小論文添削答案
早慶併願 第三回現代文添削答案早慶併願 第三回小論文添削答案
早慶併願帰国子女生第四回現代文早慶併願帰国子女生第四回小論文
早慶併願帰国子女生第五回現代文早慶併願帰国子女生第五回小論文
早慶併願第六回答案(現代文)早慶併願第六回答案(小論文)
早慶併願第七回答案(現代文)早慶併願第七回答案(小論文)
早慶併願第八回答案(現代文)早慶併願第八回答案(小論文)
早慶併願第九回答案(現代文)早慶併願第九回答案(小論文)  伴流ボクシングジム芹江選手
早慶併願第十回現代文
早慶併願第十一回現代文
早慶併願第十二回現代文
早慶併願第十三回現代文
早慶併願第十四回現代文
早慶併願第十五回現代文                     伴流ボクシングジム芹江選手の勝利
早慶併願第十六回現代文
joe


漢文で「リンク」ということに重点をおいて講義していますが、
上の添削答案、
クリックして拡大してみてください。
「設問相互のリンク」
を常に指摘しているのが、わかるかと思います。
さて、
こんな添削をやっている添削業者さん、他にあるでしょうか?

「常に全体をみわたして部分へ!!」

なぜ、このような添削ができるのか?
それは添削担当者が、
アルバイトのマニュアルどおりの添削をやっていないから。
「講師が講義をする視点」
で添削しているからなのです。
だから、この添削答案は世界に一つだけ、
オリジナルの添削なのです。
                          

受講生 一人一人に目がとどく!!
   受講生限定=50名

受講生を限定、プロの講師が少数精鋭で徹底的に添削をしていきます。
現代文・古文・漢文・小論文 オール・イン・ワン!
会員にかぎり、古文、漢文、すべてフットプリンツが請け負います。
                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method 
   現代文/小論文」


フットプリンツからの「お知らせ」

※10月から、添削費用の料金体系を改定します。
それ以前に入会した会員は、入会時の料金体系のまま受講できます。
当会で添削を受けられる方、お早めにお申込みくださいませ。


※高一、高二生あつまれ!
早めのスタートが難関大学合格の秘訣!
小論文を受験直前にやるぐらいなら、最初にやるべし!
小論文は、最良の現代文演習だからです。
今から受講を開始する高一、高二生は入会金無料!!


みなさま、さらなる応援、
m(_ _)m よろしくお願いいたします!m(_ _)m
人気blogランキング ただいま36位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/08/31 18:59】 | センター国語徹底研究!! | トラックバック(0) | コメント(0)
<<センター国語徹底研究!! 其の十四 | ホーム | 人生の「おしたし」 其の二十二>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。