大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
センター国語徹底研究!! 其の十九
〈 古文・2006年・本試験 〉

目指せ! センター国語9割!!

ホラ、言ってるそばから「病気→臨終」の文脈でしょ?
江戸初期の散文ですか。
で、和歌の修辞、古今集まわりって、「江戸期ほど問題になる」って言ってきましたね。本文は平安朝の雅文体、だから、単語集でやっている「重要単語」がほぼムキ出しのまま、単語集にのっている意味のまま、出てくるじゃないですか。「絵に描いたような」平安の文章なわけです。

【病気→臨終の文脈】
本文にそくしていえば、

「この人のいとどなやましく、うたてあれば、」

「いまはの際(きは)と見えし。」


といった文脈。で、病気表現、臨終表現が問題になったってよい。
また、今回は違いますが、「子を失って親が出家」と、出家の文脈に展開してもよい。
また、最後の臨終シーンで「露の比喩」が出てきてもいい。「はかない命=露命」や「涙(残されたものの悲しみ)」とかの比喩内容を問うてもよい。
さらに、平安にも頻出する文脈ですが、「親に先立つ子の不孝」って文脈。人間として生を受け、親より先に死ぬ、というのは最大の親不孝、逆に親の立場にしてみれば、人生最大の悲しみ、なわけですよ。ゼッタイ!やっちゃいけない。
古文では、「おくれ先立つは世のならひ」なんて展開していきますよ。で、早稲田なんかはその文脈を四字熟語で言いかえさせたりして?

・おくれ先立つは世のならひ=誰が死に後れ、誰が先立つか、わからないのがこの世の定め。
||
老少不定(らうせうふぢゃう)=老いも若きも、どちらが先に死ぬか定めがない。
||
・無常


とね。マジ、出るよ!早稲田なら「老少不定」を選ばせてもよい、漢字二字で記述、言い換えさせてもよい、東大なら4、50字程度で言い換え、要約させてもよい。「臨終」をめぐる文脈で、「子に先立たれる親」というのは、もっとも悲劇的な結末、ということは、ドラマとして頻出するということです。
さらに、「後る(死におくれる)」「先立つ(先に死ぬ)」はホント、マジで出る!口語訳をきいてもよい。主語をきいてもよい。「誰が誰に」と人物関係を問うてもよい。もう、なんとでも設問が作れるのです。早稲田の法かな?

問「AがBにおくる」の解釈は?

答「BがAに先立たれる」


って出したことがありましたっけ。
→→→古文 単語のツボ 其の十五

それから、本文中、スキあらば『古今集』を引用してるでしょ?
平安『源氏』だろうが、近世散文だろうが、いっさい関係なし。『古今集』は教養人の必須の知識、その場その場にふさわしい和歌をチョロッと引用してみせる。注釈よく見て!で、今回のように、注釈に『古今集』の和歌をあげてくる、で、設問になる。

例えば、注2、紀友則の和歌があがっていますな。添削担当者も大スキな歌ですが。で、文学史、八代集をつっこむ、醍醐天皇つっこむ、選者つっこむ、六歌仙つっこむ、とね。で、選者、六歌仙、どちらを問うでもいいでしょうが、選択肢は常にこれらがゴッチャになって入ってきますよ。「どっちどっちだっけ」というのがお約束。八代集しっかり、とくにも古今まわりしっかりしっかり、って言ってきたイミ、わかりますね。しょっちゅう引用されて、「ちなみに…」ってつっこんでくるからです。
→→→古文のツボ 其の八

さらにちなみになのですが、注5ね。今回は設問にしないで注釈になっていますが、「浦島が子の箱開けしくやしさ、」これは和歌の修辞にもとづくものである、このような修辞をなんと言うか?ってだしてもいいじゃないですか。「和歌の修辞」は平安でも問題になるが、特にも「近世散文において問題になる」ってさんざん言ってきたでしょ?「和歌」および「和歌の修辞」を軽視している受験生、合格するかどうかはともかく、国語で高得点をとることは難しいでしょうね。
→→→古文のツボ 其の三

だから、「過去問しっかり!」って言ってきた意味がわかりますね。「文学史出してる!」「和歌の修辞きいてる!」だったら、しっかり対策!試験会場で「えっ!」っていっているようでは、ね?

さて、あまりにオイシイ文脈なので、前置きが長くなってしまいました。

問1.
(ア)「あから目」の問題、シブイけど、古文ではよく文脈に出てきますよ。
(イ)「岩木にしもあらねば」男の求愛になびく女、とか、やはりよく出てくる表現。
(ウ)「ただならず=妊娠」もよく出てくる表現、てか、直下の文脈に答えがあります。

問2.
婉曲「む」とか、きいてもしょうがないけどね。
c「む」に注意!
「かまへて亡骸を損なはでをさめてん。」
の「適当・勧誘(~してくれないか)」の表現。「適当・勧誘」の表現はいろいろありますが、常に「会話文、手紙文で相手の動作について用いられる」ということ、確認。

会話文・手紙文で、
・「こそ(相手の動作)め(「む」已然形)」…~するのがよい。
・「(相手の動作)連用形+てむ(なむ)」…~するのがよい。
・「(相手の動作)連用形+てむや(なむや)」…~したらどうだ。~してくれないか。

と、「定型」でおさえてはダメ!あくまで「文脈」の中でおさえるべし。

問3.
お約束、「にほひ」の問題かと思いきや、どっこい、それでは答えが消せないように作ってあります。直前の娘の会話文の要約、「~口惜しき」=「思ひ入れたる顔のにほひ」です。

問4.
選択肢がビミョーなつくりになっていますが、同じく、娘さんの会話文の主旨をおさえればすむハナシです。
「我をば煙となし給ふな。それなん心にかかる」
がそのまま「もぞ~連体形」の不安、心配の内容じゃないすか?

問5.
ハイ!出ました。和歌で「うつろふ」の問題、とはいえ、何が「うつろふ」のか、文脈の要約が問われていますね。

・和歌つっこんで文脈の要約を問う。

典型的な早稲田、上智、センターの問題。
だから、和歌は…ってもういいか。
5の選択肢がビミョーでしょうが、この文脈要約するのに「病気」いわないでどうするの?ってことでしょう。
ちなみに、くれぐれも「うつろふ=心変わり」はしっかりね。

問6.
消去法でケチケチ、消していく。5の選択肢、今回はバツですが、「親自身が死にゆく子とかわりたい」というのは、古文ではよく出てくる文脈です。

さて、いろいろ重要事項に触れてきましたが、今年のセンター、出るカモよ!!

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/12/14 16:56】 | センター国語徹底研究!! | トラックバック(0) | コメント(0)
<<人生の「おしたし」 其の二十四 | ホーム | センター国語徹底研究!! 其の十八>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。