大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の二
「和歌ってわかんない 2」 〈枕詞〉

受験生、最後の最後は和歌の勝負だ、と口をすっぱくしていってもなかなかピンとこない人が多いようです。なぜ和歌が重要かというと、和歌の解釈を求めることで、人物関係や心情把握など、つまりは本文全体の要約を問うことができるからです。やはり先に述べたとおり、センターなどがその典型です。しかも、センターは贈答歌(歌を詠みかけられたら必ず返歌を詠み返す、物語や日記など、二つで1セットという展開をすることが多い。和歌はコミュニケーション、特にも男女の恋愛の重要なメディアだった)で本文全体の要約をきいたりするのでナンギです。とりあえず、和歌の修辞(言葉のお飾り)の代表選手、「枕詞」からやっていきましょう。

〈枕詞〉…決まって五音、特定の語にかかる。

〈代表的枕詞〉

   あしひきの→山

   あづさゆみ→押す・引く・張る・射る

           (弓は押して引いて張って矢を射る)

   あまざかる→ひな(田舎の意)

   あらたまの→年・月・春

   あをによし→奈良

   うつせみの→命

   からころも→着る

   くさまくら→旅

   しろたへの→衣(ころも)

   たまきはる→命

   たまほこの→道

   たらちねの→母

   ちはやぶる→神

   ぬばたまの→黒・夜・髪(色の黒いものがくる)

   ひさかたの→空・天(あめ・あま)・光・月(空に関する語がくる)

以上、入試に必要最低限なものだけあげたので覚えてしまいましょう。虫食い問題で問われます。「(   )旅にしあれば…」あるいは「草枕( )にしあれば…」どちらをきいてもよいでしょう。その昔、早稲田の(確か)一文で「たまくしげ→ふた・箱」を出したことがありますが、それはちょっとシブすぎかもしれません。が、上記のようなメジャーどころは点差がついてしまうので落とせません。

ちなみに、和歌の修辞は何も和歌に限ったことではありません。近世江戸期、特にも国学者たちは散文(普通の文章)の中でやたらに和歌の修辞を使ってくるので、ゆめおろそかにはできません。和歌の修辞は、実は江戸期の散文が出題された時に要注意なのです。

なかなか覚えられない人は普段の生活の中で使ってみるとよいでしょう。たとえば「たらちねのママ」とか。カレシ、カノジョを呼ぶときには「若草の→夫(つま)・妻(つま)」という美しい枕詞がよいでしょう。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2006/12/15 15:50】 | 古文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の三 | ホーム | 大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の一 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。