大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座『古典文法入門篇』 其の六
<「形容詞」>

動詞の活用、覚えましたか?
そうしたら、形容詞に入っていきましょう。
まずは、教科書的な説明。

【「形容詞」とは?】
・言い切り(終止する形)が「し」で終わる。
・ものごとの様子・状態・性質をあらわす。


「あんなだよ」「こんなだよ」とありさまを表現して、
「~し」で終わるのが形容詞。

【形容詞の活用】

未然 連用 終止 連体 已然 命令

(く) ・ く ・ し ・ き ・ けれ ・ ○


これが「本活用」と言われる、形容詞本来の活用。
形容詞は「ものごと」の様子、状態の表現だ、と定義しましたね。
つまり、「助動詞」とはくっつかない、水と油の関係なのです。
なぜかって?
「助動詞」って、漢文風に読めば
「動詞をお助けすることば」
と読める。

・「形容詞」は「ものごと(名詞)」とセットになりたい。 例「良き人」「花良し」
・「助動詞」は「動詞」とセットになりたい。 例「食ふべし」「食はむ」


とね。
だから、ムリムリくっつけると、
「良くけり」「良くず」
とか、くっつかないでしょ?
だから、間に接着剤の働きをする補助動詞「あり」を入れてくっつけていったのです。
「良くありけり」
「良くあらず」
ホラ、くっついた!
それが縮まって、
「良くありけり」→「良かりけり」
「良くあらず」→「良からず」
と、いわゆる「カリ活用」「補助活用」というのができていったのです。
あくまで助動詞につなげるために作った補助的な活用なのです。
ここで、ビシッとおさえておかなくてはいけないのは、補助活用の定義。

【「形容詞の補助活用」とは?】

・下に助動詞をともなう。

・ラ変型に活用する。

もともとラ変動詞「あり」がくっついたものだから、活用はラ変型に活用するのです。

(く)  く   し   き   けれ  ○    …本活用
から  かり  ○   かる  ○   かれ   …補助活用


ホラ、「助動詞」に接続するために作った活用だから、「終止形」はないのです。
なんで?
形容詞補助活用は「ラ変型」でしょ?
「ラ変の終止形」に接続する助動詞は「この世に存在しない!」、
なぜなら、
終止形接続の助動詞はすべて、「ラ変には連体形に接続する」から!!
だから、動詞の活用、ラ変は特殊だよ、って説明しておいたわけだね。
受験生がみんな「???」ってなるところだから、細かい説明してるんだよ。
例 「良し+べし」→「良かるべし」
  「良し+めり」→「良かるめり」
って、
終止形接続の助動詞
「べし・らし・らむ・めり・まじ・なり(伝聞推定)」

すべて、ラ変には連体形に接続、よって、形容詞補助活用にも連体形に接続するってわけさ。
なんで、こんなにムキになって説明してるかって?
それは、大学受験生、古典文法克服の最大のヤマ場、
助動詞「なり」「めり」にともなう撥音便の無表記、
があるからなのです。
すでにわかっている人は、見てみて。
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の六十二
「助動詞」 〈推定「なり」「めり」 2〉



ちなみに、「已然形」もないではないか、という素朴な疑問もわいてきましょう。
やはり、「已然形接続の助動詞」は存在しないでしょ?一部の例外、
・完了存続「り」…サ変の未然形、四段の已然形のみに接続
をのぞいては。
つまり、「四段の已然形」に接続する助動詞はあるけれど、それ以外の已然形に接続する助動詞はない、とも言えるね。
じゃ、なんで、「かれ」は補助活用なんですか?
って、聞く生徒さんもいらっしゃいますな?
「形容詞」は、「ものごとを形容する」から、命令するカタチは本来、ない。
本活用に命令形がないのはそのためです。
補助動詞「あり」をくっつけて「動詞っぽく」したさいに、ドサクサまぎれに命令形も作ったんだね。
「我が校の生徒諸君! 誇り高くあれ!」→「高かれ」
なんて具合です。



前回の「形容詞」の説明、
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の十二
「用言の活用」 〈形容詞 1〉


で、「ク活用」「シク活用」の説明をしていなかったので、今回、説明してみましょう。
形容詞の活用に二種類あり。

【「ク活用」と「シク活用」】

<ク活用>
(く)  く   し   き   けれ  ○    …本活用
から  かり  ○   かる  ○   かれ   …補助活用

<シク活用>
(しく) しく  し   しき  しけれ ○     …本活用
しから しかり ○   しかる ○   しかれ   …補助活用


キホン、「ク活用」に「し」をくっつければ、「シク活用」になるので、
形容詞の活用については、

・ク活用しっかり覚える!シク活用は「し」をくっつけるだけ!

これでOK!
ただ、終止形だけ違うんだな。
<ク活用>
く  く  し
から かり ○
<シク活用>…「し」をくっつけると、
しく  しく  しし←NG
しから しかり ○

とね。
終止形だけは例外あつかい。
で、
学校で、「ク活用」「シク活用」の識別、ってやったかい?

【「ク活用」と「シク活用」の見分け方】
「て」「は」にくっつけてみる。
形容詞「良し」…「よくは」「よくて」←「く」でくっつくのは「ク活用」
形容詞「美し」…「美しくは」「美しくて」←「しく」でくっつくのは「シク活用」


ってやつ。
たいして識別する意味はないのだけれど、
形容詞は古文解釈、特にも和歌解釈で重要な「形容詞の語幹構文」を作っていきます。
そのとき、
「シク活用の語幹」って、必ずといっていいほど問題になるので、
ここでしっかりおさえたい。
それは、

・「シク活用形容詞の語幹」は終止形と同じ形になる。

この一点だけです。
上記、ク活用形容詞「よし」の語幹は「よ」ですが、
シク活用形容詞「うつくし」の語幹は「うつく」ではなくて、「うつくし」、
ということ。
よろしいですかな?
で、どんだけ重要か、見てみるかい?
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十七
「和歌に関する重要表現」 〈難関大学を目指す人のために!〉


早稲田、上智、センター、ダイスキなところなのです。

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/04/19 18:04】 | 古典文法入門 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<フットプリンツの優秀答案の紹介 第八回 現代文 | ホーム | 大学入試 基礎講座『古典文法入門篇』 其の五>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。