大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の百二十五
<ゴー!ゴー! ぼくらの芹江選手!!>
来たる8月9日(月)、
東京水道橋は後楽園ホールで、亀戸の伴流ボクシングジムの芹江(せりえ)選手が、
スーパーバンタム級日本タイトルの防衛戦を戦います。

芹江選手は現在、WBA6位、WBC12位、世界ランカーにまで駆け上がっております。
いよいよ「世界」か…。

華麗な防御と強烈な打撃は「表裏一体!」
伴流BG芹江選手日本タイトル戦勝利の図!!(黒トランクス)
Wクリックで拡大して見ましょう。

↓  ↓  ↓




「しり上がり通信」でも何度か述べてきたとおり、「フットプリンツ」のカリキュラムの根底には「伴流」の教えが流れています。

常に全体を見わたして、部分に取り組む!!

フットプリンツの土台となっているコンセプトです。
「現代文/小論文」の同時並行演習、おそらく、愚直にやっているのはフットプリンツだけでしょう。
メンドクサイ!
シンドイ!
それなのに…なぜに?
それは、「しり上がり」の曲線を描いて駆け上がっていくため。
「現代文がわからないから、現代文だけ予備校で演習…」
って大学受験生、全国にたくさんおりますね?

「そもそも論」から「全体」を見わたしていきましょう。
「得点力をアップさせたい!」
それはスポーツだろうが、受験勉強だろうが同じこと。
で、
皆さんの学校、放課後、
シュート練習ばっかりやっているサッカー部って、あるでしょうか?
打撃練習ばっかりやっている野球部って、あるでしょうか?
ある…とすれば、
そのチーム、ほぼまちがいなく「弱いチーム」でしょ?
「だって、点数とりゃ、勝てるじゃん」
って、それがお子様の論理であることは、誰が考えてもわかるはず。
得点力を上げたい、ならば、ディフェンス、守備、防御の練習も「同時並行」してやるはずです。
先日のW杯、日本の活躍にはめざましいものがありました。
今まで得点力のなさをさんざん批判されてきた日本サッカーがウソのようでした。
つらつら、振り返るに、全員で徹底的に体を張って「防御」にいった、
その結果として「得点」できたと思いませんか。
ディフェンダーがしっかり守れば、
ミッドフィルダーは中盤でボールを支配できる、
そうすればフォワードは前を向いて攻めあがっていける、
と、
「攻撃/防御」は常に表裏一体です。
イチロー選手が典型ですが、
「打撃が優れているから、守備で捕球地点を先読みできる」
「守備が優れているから、どこに打てばヒットの確率が高いか判断できる」
ね?
それなのに、それなのに、
なぜ大学受験では「現代文しかないから現代文だけ」というリクツがまかりとおるのか?
あまりに「近視眼的」なのです。
まして、受験で小論文があるから、12月になって、「やっぱ小論文やんなくっちゃ」なんて言い出すのか?
目先のボールばかり追いかけているお子様のサッカーなのです。
ゲームにならない。
でも、ひとり、受験生のみの責任ではない。
塾予備校、「早稲田評論対策」「慶応小論文対策」って、「わざわざ」分けている。
国だって、「国語」と「国語表現」って、細分化したりして。
「部分しか」見ていない、見せていない。

晴れた日曜日、河川敷のグラウンドで少年野球をやっている。
見ていると、とても勉強になります。
「反面教師」として。
バッターが空振りすると、
「もっとワキしめろよ!ワキ!」
なんて怒鳴っている監督、コーチがいる。
「部分だけ見て、部分を指導する」典型ですね。
まちがってはいないでしょうが、練習でやれてこなかったものが、試合でできるわけない。
ワキが甘いのは「部分」であって、その現象に至る根本原因を掘り下げないまま、ただ目に見える「現象」、あるいは空振りという結果に対してワイワイ言ってる指導者ね。
自分が指導するトレーニングメニュー「全体」から「自ら」ふり返らなければならないのに、
「何やってんだ!バカヤロー!」
とか、怒鳴りつけている。
それは、アナタだって。

フットプリンツの指導の特色は、アタマの中身を「すべて」紙に書き出すところにあります。
「ノーミソに汗をかけ!」
と受講生には指導しております。
「記述解答」の結果だけ、つまり、「結果としての現象」、「部分だけ」手直ししてもしょうがないからです。
ぶっちゃけ、「解答」なんかできても、できなくても、どっちでもいい。
解答を導き出す過程のどこに問題点があるのか、それを探すために、「思考の全体」に添削担当者が分け入っていきます。
ガンに放射線療法が有効だからといって、病巣をつきとめないまま、体全体に放射線を照射するお医者はいない。
でも、塾予備校の講義、一般的通信添削、って、それと同じことをしていないかな?

いつでもどこでも誰にでもあてはまる方法論は、

常に「特定のわたし」にはあてはまらない。


だから、個人の思考に分け入っていく添削が必要なのではないかと、思うわけです。
「現代文」がなぜできないか、どこに問題があるのか、どうすればいいのか、って、「小論文」をみればイッパツ、浮き彫りになります。
ポンとボールを置いてみてください。
「このボールの中心軸を示しなさい」って言われたら、さて、どうします?
ボールを回転させれば、イッパツ、中心軸が現われます。
「こたえ」は運動の中にしかない。
なんとなく予習して、講義受けて、「成績のびません」って、
そりゃ、「ノーミソに汗かいていないから」です。
「運動」していない。
だから、フットプリンツの指導法は「現代文」だろうが、「小論文」だろうが、関係ない、
徹底的に「読んで書く!」、
受講生も添削担当者も「読んで書く!」、
その「運動」の中にしか「こたえ」はないからなのです。
で、
「結局、受験で小論文なんか使わなかったよ」
でも、その力が現代文の「得点力」になっているはずなのです。

と、コレが伴流ボクシングジムの「教え」なんですが、
わかるかな~?
わからない人は、8月9日の芹江君の試合、見て参考にしてくださいね。(深夜に放映するんじゃないかな)

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/07/24 04:09】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座『古典文法入門篇』 其の二十三 | ホーム | 大学入試 基礎講座『古典文法入門篇』 其の二十二>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。