大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『受験生の心がまえ』 其の十二
「しり上がり」で行こう!!

何度か述べてきましたが、
大学受験生、「やってもやっても伸びません」という生徒さんに共通しているのは、
「右肩上がりの直線」
のイメージで「なんとなく勉強」してしまっていることです。
10時間やれば1点伸びるだろう…、
100時間やれば10点伸びるだろう…、
みたいなイメージです。
右肩上がり直線
一年の時間の流れ、演習の質が「均質」なのです。
メリハリがない、
つまり「優先順位」もわからずに「なんとなく」やっている演習の典型です。


それに対して、
しり上がり
ボーダーライン突破していく受験生は、
「しり上がりの曲線」
を描いて伸びていきます。
やればやるほど、「穴」が見えてくる、
「穴」を「点(ポイント)」としておさえるから、埋めるのが容易、
で、
優先順位が見えている、重点的に「穴」を埋めていくから、
やればやるほど「穴」の数は減っていく、
減っていくから、残された「穴」はより鮮明になっていく、
だから優先順位を見極めて、
と、
どんどん「演習の質」が上がっていきます。
四月のころの自分じゃ、考えられないくらいの演習量をこなしていきます。
「演習の質」が上がるから、「演習量の量」が上がる。
「演習の量」が上がるから、「演習の質」が上がる。
両者は相互補完の関係、車輪の両輪のように増幅し、
「ハッ」
気がついたら「合格していた!」

スポーツ心理学などで「ゾーン」と呼ばれている状態ですね。
マラソン選手のランナーズハイ、みたいに、
極度の精神的集中状態で、まわりの音、風景、世界が消失して、
「ただ自分がいるだけ」
みたいな状況ですね。
「違う世界にいっちゃってる…」みたいな。
これが文字どおり
「イケてる受験生」
みたいですよ。

「残り、三ヶ月きっちゃった!」
あせる!
でも、「時間は均質ではない」、
違う世界に入っていけたら、これからがいよいよ勝負!
まだまだ伸びますぜ!!
特にも、未体験ゾーンに踏み込んでいく現役受験生は「ノビシロ」がある、
まだまだ伸びますよ。
「あせるから、やる!」
「不安だから、やる!」

最高の精神安定剤は、

第一志望校のボーダーを見極めた演習!
寒くなるほどに、ヒートアップして行こう!
合言葉は、常に、常に、「しり上がり」ね。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/10/16 22:06】 | 受験生の心がまえ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座『古典文法入門篇』 其の二十八 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『受験生の心がまえ』 其の十一>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。