大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座『古典文法入門篇』 其の二十八
<助詞をいっきに片づけちゃおう!>
「助動詞は大丈夫なんですが、助詞が終わりません…」

って、助詞で悩むだけ、ムダ!
優先順位を見極めて、出るヤツだけ徹底的にやれば、助詞なんかアッという間に終わりますよ。
受験生のみなさん、「文法学者」になるわけじゃないんだから、「文法のための文法」はヤメにしましょう。
悩むなら、一点!副助詞「だに」「すら」「さへ」です。
漢文の句法でもそのまま使えるし、現代文、小論文でも応用が利くロジックです。
さて、はじめましょうか。


格助詞

同格の格助詞「の」しっかり!

配点ショボイけど、よく出ますね。
格助詞「に」「にて」は、「『に』の識別」で悩ましいけど、それは「『に』の識別」で悩みましょう。って、ポイントおさえれば、どってことないですよ。

格助詞=同格「の」おさえておしまい。
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の六十六
「助詞」 〈同格の格助詞「の」〉


接続助詞
「順接⇔逆接」
「仮定条件⇔確定条件」
コントラストつけて、セットでおさえましょう。
実戦としては、「仮定条件」しっかりとれるようにね。
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の六十七
「助詞」 〈主な接続助詞〉

設問になる、ならない、関係なく、「逆接」はしっかりとれるように。文脈解釈上、どうしても必要なのです。特にも、「とも」が逆接であること、受験生は見落としがちです。

接続助詞とは関係ないけれど、形容詞、形容詞型活用助動詞「べし」「まじ」、打消「ず」の「仮定条件」は、単独で設問になるし。
また、「仮定条件」はいろいろな重要構文を作っていくので、ぜし、おさえるべし。

仮定条件
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の六十八
「助詞」 〈「未然形+ば」以外の仮定条件〉



副助詞
ほんとうに、マジで、ウルトラ「出る!」

副助詞「だに」「すら」「さへ」の習得
  =国語全体のヤマ場!
しかも配点高い。
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の六十九
「助詞」 〈副助詞「だに」「すら」「さへ」 1〉

↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十
「助詞」 〈副助詞「だに」「すら」「さへ」 2〉

↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十一
「助詞」 〈副助詞「だに」「すら」「さへ」 3〉


【「現代文」への応用】
副詞の虫食い問題ね。学習院とかスキですね。早稲田も出す。
「まして」「さらに」虫食いとかね。
これら、「だに」「すら」「さへ」について、「構文の機能」がわかってないと使えないよ、と言っているのはそのあたりなんです。応用がきかない。

【「小論文」への応用】
たとえば、慶応大学法学部などの論述。
「頭括型(アタマで結論いっちゃうパターン)」
「双括型(アタマとシッポで結論いうパターン)」)
とかで「論証」にメリハリつけるとき、

・導入(課題文の要約)
 ↓
・問題提示(テーマ)
 ↓
・結論(問題点に対する答え)
 ↓
・論証(結論の根拠)
 「第一に~」
 「第二に~」
 「さらに(まして)第三に~」
…イチバンおいしいネタ、決定的根拠をもってきて、強調。

・結論(要約、再説)


とかのパターンで使うと、めちゃめちゃパンチ力があります。国立後期とかで小論文がある人、小論文イッパツ勝負系で、「さらに」「まして」という副詞の使い方、身につけておくとよいですね。

【「漢文」への応用】
ってか、
「古文の類推構文」は、そっくりそのまま「漢文の抑揚構文」だし、
「古文の添加の構文」は、そっくりそのまま「漢文の累加構文」だし、
応用どころか、そのまんま、全く同じ。
表現がちがうだけで、そこに働いている論理(ロジック)は全く同じ。
↓ ↓ ↓
漢文のツボ 其の九
〈 その他の句法 〉



だ・か・ら、副助詞「だに」「すら」「さへ」
「イミ丸暗記して、おしまい」
って、マジで使えない。ムダ!とはいわないけど、
早稲田、上智など、難関私大の古文の虫食い問題で(実際出している)、ムシくわれたらどうするの?むしろ私のほうが聞きたい。
・文脈がわかっている。
・「だに」「すら」「さへ」の意味がわかっている。
・さらにその機能がわかっている。

と、
早稲田大学の問題、「ハードル三つ」って言ってきたじゃない?
「訳せる」というのは、それらの要素の一つでしかないのです。
「単語集丸暗記系」じゃ、ホント、しょ~もないよ。


終助詞
終助詞は希望・願望おさえてオシマイ

反語「ものかは」(~だろうか、いや、~ない)
記述で口語訳、というのもお約束ですが。

詠嘆「かな」とか、どうでもいいじゃない。
文脈見れば、詠嘆しているのはわかるよ。

希望・願望の終助詞は、記述の王様。
ということは、そこそこ配点が高い。
おいしすぎるぜ!!

希望願望の終助詞=頻出!高配点!!

古文の中で、イチバン、記述で出るんじゃない。
特にも、東京大学など、国立二次ね。
でも、「覚えればオシマイ」ってヤツは、ラクチンなんだな。
それすらやらないで、国語で高得点、
つったって、そりゃムリってもんですぜ。
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十二
「助詞」 〈終助詞

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/10/22 16:21】 | 古典文法入門 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『受験生の心がまえ』 其の十四 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『受験生の心がまえ』 其の十三>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。