大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【第三回 実戦古典文法小テスト 解答解説】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

   大学受験実戦古典文法小テスト
めざせ!古文の五つ星!!
     【第三回 解答解説】
       ★★★★★
              第六号(2010/11/6)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

こんばんは。
今回の敬語の問題、いかがでしたか?
満点とれたら、かなり古文、いけますゾ。
もし、「穴」を発見したら、ブログ参考書、「古文の基礎」で、
ペタペタ、ふさいでおいてくださいね。
それでは、解説。

---------------------------------------------------------------------★

【今回の試験範囲】

参考書
「古文の基礎」「古文のツボ」 http://wsfp.blog71.fc2.com/blog-category-22.html

今回の範囲は「古文の基礎 其の二十一~其の三十」です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

配信は、毎週、金曜日に「問題」、
「解答解説」は翌日の土曜日にお送りします。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

---------------------------------------------------------------------★

【第三回 実戦古典文法小テスト 解答解説】
(3×10=30点)

1.(3点)
次の〈 〉内に補っても同意となる語を選べ。
・梅の花色こそ見えね〈 〉香やはかくるる
イ、ば    ロ、とも
ハ、ども   ニ、まし
 (   )
【解答】
( ハ )
【解説】
「こそ~已然形。」と言い切れば、ただの強調、訳す必要はありません。
「こそ~已然形、~。」と、下文に続けば、強調しながら逆接(~ものの、~が、~のに、)、強調逆接構文といわれるもの。
「こそ~ね(打消「ず」已然形)」が下文に続いているので、逆接。逆接を表す接続助詞で、已然形に接続できるのは「ども(~けれど、)」のみ。「色こそ見えねども、~」としても文意は変わらない(音数は変わるけど)。
ちなみに、「とも」も逆接ですが、逆接仮定条件(たとえ~としても、)をあらわし、終止形接続です。
さらにちなみに、例文は和歌の一部ですが、和歌は句読点を打たないので、「こそ~已然形。(句切れ)」ただの強調なのか、「こそ~已然形、~」と下に続いて逆接なのか、前後の句の内容をよく吟味すること。現代文で「しかし」逆接の虫食い問題を解く要領です。前後があい入れない関係なら、逆接で解釈。
「梅の花の色はみえない⇔香りは隠れない」と、「あい入れない関係」になるの、わかりますか?
強調逆接、実戦では、マジで出ています。傍線部訳、「こそ~已然形、~」と下文に続いている、五者択一、逆接で解釈しているのは二つ、と、選択肢を消す小ネタとしてよく出ていますよ。使っている受験生、少ないけど。
逆接でイッパツ答えが出てくるよ!って問題、早稲田でも上智でも出してますぜ。
おいしすぎます。

2.(3点)
次の文を口語訳せよ。
・烏(からす)などもこそ見つくれ。
 (              )
【解答】
(烏がみつけたらいけない。大変だ。困る)
【解説】
記述で口語訳の王様。
選択肢問題になったら、楽勝。
「もぞ~連体形。」
「もこそ~已然形。」
悪い予測、懸念(けねん)をあらわし、「~するといけない。大変だ。困る。(ので・から)」
国立二次の記述だろうね。
バレバレだけど、記述になると配点高い。
ゼッタイ、点数落としちゃダメです。

3.(3点)
動作をする人〈A〉、動作をされる人〈B〉、両者に敬意を表す、正しい表現はどれ?
イ、〈A〉が〈B〉に給はす。   ロ、〈A〉が〈B〉に参らせ給ふ。
ハ、〈A〉が〈B〉に奉り侍り。  ニ、〈A〉が〈B〉にのたまはせ給ふ。
(   )
【解答】
( ロ )
【解説】
動作をする人に敬意(尊敬)、動作をされる人に敬意(謙譲)、その両者に敬意をあらわす「二方面への敬語」といわれるもの。
「謙譲+尊敬」
の順番でしか用いられない。「尊敬+謙譲」という表現は存在しない。それは現代語も同じです。
早稲田の古文作文「活用させて並べかえよ」、上智の四者択一問題「正しい表現を選べ」、と頻出。でも、けっこう、受験生、知らなかったりして。
・参らす(「与ふ」謙譲・差し上げる)
・給ふ(尊敬補助動詞)
あるいは、
・参る(「行く・来」謙譲・参上する)
・せ給ふ(最高敬語・二重敬語)
ととったって同じ、必ず「謙譲+尊敬」なのです。
ちなみに、「参らせ給ふ」の解釈って、敬語の中でいちばんメンドーです。早稲田の法学部で出してますが。文脈わかって、人物関係わかって、敬語わかって、初めて正解!と、早稲田のハードルは常に三つ以上なのです。

4.(3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・〈御酒(みき)まゐる〉かはらけに花の散る。
(        )
【解答】
( 御酒を召し上がる、お飲みになる )
【解説】
「奉る」「参る」の尊敬用法、やはり記述の王様。
国立二次記述とかね。
早稲田、上智なら虫食いにして、選択肢に敬語動詞ズラッと並べてもいい。
・食べ物、飲み物「参る」
の文脈で、「飲む、食ふ」尊敬「召し上がる」です。
「もの参る」で「お食事を召し上がる」というのも慣用表現、
出るよ!

5.(3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・神の前に〈神酒(みき)まいゐらせて〉、祈る。
(       )
【解答】
( 神酒を差し上げて )
【解説】
「参る」と「参らす」でひっかけるのもお約束。
・参らす…「与ふ」謙譲・差し上げる
「す」が使役になって「参上させる」とか、
「参る」「参らす」は、ムズカシイ。
丸暗記じゃ、ホント、ショ~ムナイよ。多様な文脈で訳す練習しないと、使いこなせない。
受験生、最後の最後は「演習量勝負!」っていっているのは、このあたりなんだな。

6.(3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・いと寒ければ、御衣(おんぞ)を重ねて〈奉る〉。
 (      )
【解答】
( お召しになる・着なさる)
【解説】
「参る」「奉る」の尊敬用法は、マジ、出る!
記述の王様。
ということで、ダメ押しに出してみました。
・着物「奉る」
で、「着る」尊敬「お召しになる」です。
これら尊敬の用法、文脈をよくよく注意してね。

7.(3点)
話を聞いている人に敬意を表す表現を二つ選べ。
イ、「~」と啓す。      ロ、「~」とおほせらる。
ハ、「~」とのたまはす。   ニ、「~」と聞こえさす。
 (   )(   )
【解答】
( イ )( ニ )
【解説】
・啓す…皇后、中宮、皇太子に「言ふ」の謙譲・申し上げる
絶対敬語「奏す・啓す」は謙譲表現。
最高敬語「(さ)せ給ふ」「(さ)せおはします」は尊敬表現。
どちらも皇族にまつわる敬語表現ですが、決定的に違う。大丈夫?
・~」と(など)聞こゆ・聞こえさす
の形は、「言ふ」謙譲「申し上げる」、
「聞こゆ」さらに謙譲の敬意を強めて「聞こえさす」です。
「聞こゆ」「聞こえさす」、決して難しくはないのですが、敬語の問題、敬意の方向とか問題になると、必ず顔を出します。

8.(3点)
話し手自身がへりくだる表現を次の中から選べ。
イ、「~と思ひたまへ。」    ロ、「~とこそ思ひたまへれ。」
ハ、「~と思ひたまへらる。」  ニ、「~とぞ思ひたまへる。」
 (   )
【解答】
( ハ )
【解説】
自発「らる」に接続し、「たまへ」は連用形。連用形に「たまへ」だから、下二段、謙譲の補助動詞。「~ます」と訳す。
謙譲とはいっても、話し手(書き手)自身の動作を低める「へりくだり」の「たまふ」、訳は丁寧と同じになりますが、「~ます」と訳します。
・下二段謙譲補助動詞「給ふ」
会話文、手紙文でのみ用いられる。
「思ふ・覚ゆ・見る・聞く・知る」といった、知覚、認識を表す動詞にしかつかない。
・「動詞+給は、給ひ、給ふ」は四段尊敬補助動詞にキマリ!
・「動詞+給ふる、給ふれ」は下二段謙譲補助動詞にキマリ!
※「給ふ」の「四段尊敬/下二段謙譲」の識別は、「動詞+給へ」だけ迷う。接続から判断。
だから、実戦では「動詞+給へ」でしか問題にならないでしょう。
早稲田なら、虫食い、「『給ふ』を適当に活用させて補え」でしょうね。上記の細かい定義、おさえてないと太刀打ちできないですよ。その上、文脈わかっていて、人物関係わかっていて…と、コレが早稲田の問題ね。
イ、尊敬補助動詞「給ふ」命令形。
ロ、尊敬補助動詞「給ふ」已然形+完了「り」、係助詞「こそ」受けて已然形「れ」。
ニ、尊敬補助動詞「給ふ」已然形+完了「り」、係助詞「そ」受けて連体形「る」。

9.(3点)
話し手自身がへりくだる表現、〈 〉内の語を適当に活用させよ。
・「~とこそ思ひ〈 たまふ 〉。」
 (     )
【解答】
( たまへ )
【解説】
ということで、ちょっとカンタンな早稲田の問題。
「話し手自身がへりくだる」文脈だから、下二段謙譲補助動詞、
係助詞「こそ」受けて已然形でした。

10.(3点)
帝に申し上げる会話文、最も適当なものを選べ。
イ、「~」と仰せらる。   ロ、「~」とのたまはせ給ふ。
ハ、「~」と啓す。     ニ、「~」と奏す。
 (   )
【解答】
( ニ )
【解説】
絶対敬語は謙譲表現ね。
・奏す…帝、上皇に「申し上げる、奏上する」
・啓す…中宮、皇后、皇太子に「申し上げる」
絶対敬語は、使われる対象が「絶対的」に決まっているから、絶対敬語。謙譲表現です。「(さ)せ給ふ(おはします)」は最高敬語、尊敬表現です。
・最高敬語…主語が皇族にキマリ!(例外も多々あり)
・絶対敬語…話す相手(聞く人)が皇族にキマリ!
と、お約束のひっかけだけど、主語問題でひっかからないようにね!
「『奏す』絶対敬語、主語『帝』じゃん!」
って、ひっかけますよ。
「奏す」絶対敬語、聞いている人が「帝」ね、
主語が誰かは文脈次第です。
わかっちゃいるけど、ひっかかる、ってヤツ。

---------------------------------------------------------------------★

【添削担当者(谷村)からのアドバイス】

おつかれさまでした。
いくつできましたか?
部分点なしの完全解答でキビシク採点してくださいね。

★★★★★30点満点
この問題で、一問もひっかからなかったら、かなり古文できますね。ということは、現代文も点になるはず。あとはガンガン、「しり上がり」で演習量をあげていけば、センター9割、間違いなし、です。

★★★★27点
惜しい!
何でひっかかったかな?「穴」があったとしても、ホント、「点」としてある。だから、ふざぐのも時間かからないはずです。ザッと「古文の基礎」、おさらいしてみてください。

★★★24点
あきらかに「穴」あり。特にも「敬語」に「穴」開けないように。課題文読解の人物関係把握において、敬語は決定的な判断根拠になります。人物がわからないと、文脈がわからない、だから、センター問5・6を落としてしまう可能性、ありなのです。しっかりね。

★★21点
「学校で敬語やったし…」と、学校文法で終わっていないかな。「やった」と「わかる」と「点にできる」とは、雲泥の開きがあります。ちょっとヒネリが入ると対応できない、ということは、早稲田レベルの問題になると歯が立たないはず。センター古文、たくさんの人物が出てきます。敬語がわからないと、ほぼ、人物関係がわからない。目をつぶって野球するようなものですよ。敬語しっかり!

★18点
敬語、ほぼわかっていないですな?人物関係がわからないから、「古文、時間かけて点落とす」、だから結果として、「現代文、時間ないから点かせげない」、トータル、国語がボーダーをわってしまう。「敬語」なんて、国語のほんの「一部分」、と思ってないかな?でも、「部分」と「全体」は上記のとおり、相互に連関しあっています。古文がわからない、っていうと、「単語集の暗記」にはしりがちですが、それは「勉強」ではありません。頭の中の「整理」なのです。「古文の基礎」★マークの多い順にやってみてください。

無星15点以下
高1・2生なら、「学校文法」卒業して、「実戦文法」にシフトすべし。
受験生なら、特にも、センター国語8割以上、中堅私大いじょうをめざすなら、敬語、しっかり!「古文の基礎」、★のナビにしたがって、覚悟決めてやってください。敬語、2時間ぐらいでかたづきますよ。

---------------------------------------------------------------------★

【次回の試験範囲】

参考書
「古文の基礎」「古文のツボ」 http://wsfp.blog71.fc2.com/blog-category-22.html

次回の範囲は「古文の基礎 其の三十一~其の四十」です。

---------------------------------------------------------------------★

【あとがき】

第三回のテスト、いかがでしたか?
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日、添削担当者(谷村)、亀戸の伴流ボクシングジムの芹江(せりえ)選手と、トコロの後援者にごあいさつまわりに行ってきました。
先日、日本スーパーバンタム級タイトルマッチの三度目の防衛をはたした報告です。
左足靭帯損傷のなかでのファイト、すばらしかったです。
ということで、いよいよ世界戦の準備に入ります。
ブログでも書かせていただきましたが、「己の限界を超える」というのは、一生のうち、そう何度も経験することではないでしょう。
また、そこに挑戦できるのが、若者の特権でもあります。

さて、模試の結果がよい人、思うにまかせない人、様々かと思うのですが、泣いても笑っても、残り3ヶ月、己の限界に挑戦してみてください。
「神さまは、見てはる!」
ホント、今回の防衛戦をリングサイドで応援していて、つくづく、思いました。
トレーニングの積み重ねは、決して結果を裏切らない!
と、勉強させていただきました。
世界戦になったら、みなさまも芹江くん、応援してくださいませ。
よろしくお願いいたします。
┏○゛ペコ┏○゛ペコ

                          添削担当者(谷村)
///////////////////////////////////////////////////////////////////////

メールマガジン「大学受験実戦古典文法小テスト」

★発行責任者:フットプリンツ 添削担当者(谷村)
★公式サイト:http://www.foot-prints.jp/
★公式ブログ:http://wsfp.blog71.fc2.com/
★問い合わせ:foot-prints@vesta.ocn.ne.jp
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001200350.html

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/11/15 15:50】 | フットプリンツのメルマガ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<【第四回 実戦古典文法小テスト 解説】 | ホーム | 【第二回 実戦古典文法小テスト 解答解説】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。