大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【第五回 実戦古典文法小テスト 解答解説】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~★
大学受験実戦古典文法小テスト
めざせ!古文の五つ星!!
【第五回】
★★★★★
第十号(2010/11/20)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★
ほんとうに、おまたせしました。
ゴミン┏○゛ペコ
ナサイ┏○゛ペコ
「2-way method 英文解釈/小論文」の立ち上げに向け、
その昔、「三バカトリオ」といわれていた、マブなダチ公と打ち合わせ、
しておりました。
せっかく苦労して英語で意見文の読解したなら、
そのままオシマイはもったいない、
ついでに小論文の練習もしちゃいなさいよ、
という講座、
いざ話し合ってみると、わたくしが想像していたよりもはるかに「使える」講座になりそうな予感…。
みなさまのお役に立つナイスな講座、作っていきます。
だから、
はやく古文なんかあげちゃいましょうぜ!

ノーガキはいいからって?
それでは、解説、レッツゴー(英語科にちょっと感化されている)!
---------------------------------------------------------------------★
【今回の試験範囲】
参考書
「古文の基礎」「古文のツボ」 http://wsfp.blog71.fc2.com/blog-category-22.html
今回の範囲は「古文の基礎 其の四十一~其の五十」です。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
配信は、毎週、金曜日に「問題」、
翌日土曜日に「解答」、
翌日の日曜日に「解説」たっぷり、お送りします。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
---------------------------------------------------------------------★
【第五回 実戦古典文法小テスト 解答解説】
(3×10=30点)

1.(3点)
次の〈 〉内を活用させて記せ。
・われを呼ぶにや、とこそおぼえ〈き〉。
(   )
【解答】
( しか )
【解説】
あまりにベタの「お約束」。
助動詞によって、「何がきかれるか」は決まっています。過去の「き」は、常に活用が問題になります。「係り結び」とセットにするのが、おやくそく。
係助詞「こそ」を受けて、已然形「しか」でした。
立教とか、明治とかかな。
早稲田大学なら、「適当に活用させて並べかえよ」で、ハードル三つ以上、
1.文脈、人物関係がわかっている。
2.単語の意味がわかっている。
3.係り結び、「き」の活用がわかっている。
と、あくまでハードルの「一要素」として、入ってくるかな。

2.(完全解答 3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・月のあかきに、〈つゆいもねられず〉。
(        )
【解答】
(少しも眠ることができない)
【解説】
・呼応の副詞「つゆ~打消(少しも~ない)」。
・「寝も寝(いもぬ)」「寝を寝(いをぬ)」¬=「寝(ぬ)」と同じ。
・「る」「らる」、下に打消、反語を伴って不可能(~できない)。
東京大学二次記述とかのベタな口語訳。「いもぬ」とか、「寝る」だからね。わざと「かな」にしたのは、早稲田の出し方。「芋を煮る?」とか、ひっかかたら、早稲田の思うツボですぜ。
ちなみに、「反語」って「~だろうか、いや、~ない」と、その意味の中に打消もってるの、大丈夫?反語は打消しの表現の一種なのです。

3.(完全解答 3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・常に〈心づかひせらるる〉もつらし。
(        )
【解答】
(自然と・思わず気遣いされる・~せずにはいられない)
【解説】
・「る」「らる」、心情の表現にくっついたら、ほぼ自発。
「泣く」「笑ふ」とか、感情の表現でしょ?
てか、
「自発」って、「自然発生」の略じゃない?動詞の性質考えて、文脈考えて、「自然発生的」な動詞にくっついていたら、それは自発で解釈しようぜ、ということです。
「思わず」泣いちゃうんでしょ?
「思わず」笑っちゃうんでしょ?
「走る」は意図的な動作。でも、足もとからニョロッとヘビが…、
「ワッ」と「思わず」走っちゃう、だったら自発的動作でしょ?

4.(完全解答 3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・日の暮るるに、宮、〈格子下ろさせ給ふ〉。
(        )
【解答】
(格子を下ろさせなさる)
【解説】
「宮」は皇族、「中宮さま」としましょうか。
格子(かうし)は上げ下げする「窓」であり、「カベ」であり、と。
・朝…格子を上げる
・夜…格子を下ろす
で、「日が暮れたので、中宮様は、(女房などに)格子を下ろさせなさる。」
というか、普通、中宮様からわざわざ言われなくても、やるでしょうが。
・皇族(主語)+動詞(さ)せ給ふ =最高敬語にきまり!
と、ダボはぜみたいに飛びつく受験生、ひっかけようというもの。
・最高敬語…皇族が(格子の上げ下ろしなど)雑用なさる。
と、「最高敬語」ととると、主語、皇族。皇族が「雑用なさる」ことになってしまいます。
古文常識として、「ありえん」のです。
当然、ペーペーを「使役」して「雑用をさせなさる」はず。ペーペーがやっているのは当然、書かなくてもわかるでしょ、「使役対象(使われる人)」は省略します。

5.(3点)
次の〈 〉内に補う語は?
・仏、さることよものたまは〈 〉。
イ、ぬ
ロ、じ
ハ、ね
ニ、ず
(   )
【解答】
( ロ )
【解説】
・よも(副詞)~じ(打消推量)…まさか~ないだろう
と、お約束の呼応の副詞の虫食い問題、で、「副詞」を虫食わないで、「じ」を虫食ったのがミソ。副詞「よも」は打消推量「じ」としか呼応しません。
・え~打消(~できない)
・さらに~打消(全く~ない)
・をさをさ~打消(めったに~ない)
って「単語集丸暗記」してるもんだから、「よも~打消」といきたくなるところが、ひっかけどころ。
当然、「よも」を虫食ってもいいけど。学習院大学、中央大学とかかな。
ちなみに、某カリスマ古文女性講師の『単語集』、「よも~打消」って書いてあるので、お手元にある人は直しておきましょう。
ホントにそんな表現、あるのかな…?

6.(完全解答 3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・(先生が女子生徒に注意する)「日もくれなむ。〈とくこそ帰らめ〉。」
(        )
【解答】
(早く帰るのがよい・帰るべきだ)
【解説】
・「こそ~め(「む」已然形)」…会話文、手紙文で用いられ、「こそ(相手の動作)め」と、話している「相手」、手紙を書いている「相手」の動作について用いられていたら、適当(~するのがよい)、当然(~べきだ)、勧誘(~しないか)、で訳す。「こそ~め。=適当」はダメだよ。ただの推量、意志でもさんざん使われるから。あくまで、「相手の動作」であることが前提条件です。
記述の王様。本文中にあったら、ほぼ、まちがいなく問題にするでしょう。配点が高いから、ガッツリ、点差開くよ。反対に選択肢問題になったらガッカリ、だって配点低くて、みんなできるから。

7.(3点)
次の〈 〉内の説明として正しいものは?
・(先生が女子生徒に注意する)「日もくれ〈なむ〉。とくこそ帰らめ。」
イ、終助詞「なむ」
ロ、係助詞「なむ」
ハ、助動詞「ぬ」+助動詞「む」
ニ、助動詞「ず」+助動詞「む」
(   )
【解答】
( ハ )
【解説】
「もう日も暮れてしまうだろう。早く帰るのがよい。早く帰るべきだ」
と、学校の先生なら注意します。
「なむ」の識別。
「暮る」=下二段…未然、連用同形に接続しているのがミソ。
上一段、下一段、上二段、下二段、と、未然連用同形、文脈から考えなさい、
というやつ。
・未然形+終助詞「なむ」…~してほしい。
・連用形+助動詞「ぬ」未然形+助動詞「む」…助動詞「べし」感覚で訳す。
上記例文、「未然形+なむ」で解釈したら、あまりにアヤシすぎます。

8.(完全解答 3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・「(風邪をひいたのなら)はや、〈ねなむ〉。」
(        )
【解答】
( 寝るのがよい・寝るべきだ)
【解説】
「すぐに寝るのがよい」
と、「寝なむ」。
・「寝(ぬ)」=下二段…やはり、未然、連用同形がミソ。
1.未然形+終助詞「なむ」…寝てほしい。
2.連用形+助動詞「ぬ」未然形+助動詞「む」…寝るのがよい。
と、「1」もありだろうけどね。
いつまでも起きていて、お茶の間でゴホゴホ、家族のみんなが迷惑…とかもありでしょう。
でも、常識的には「2」ですかね。
・連用形+「ぬ」未然形「な」(「つ」未然形「て」+「む」)…助動詞「べし」感覚。
1.適当、勧誘…~するのがよい、~しないか
2.当然…~するべきだ
3.強い推量…きっと~だろう
4.強い意志…かならず~しよう
で、「適当」で訳すときの判断基準は、「こそ~め」と同じ。
会話文、手紙文で、相手の動作について用いられていること。
例文の「寝」がそうでしょ?

9.(完全解答 3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・(男が女に言う)「われと〈あひなむや〉。」
(        )
【解答】
(私と結婚しないか・~してくれないか・~したらどうだ)
【解説】
・連用形+「ぬ」未然形「な」、「つ」未然形「て」+「む」+「や」
1.適当、勧誘…~するのがよい、~しないか、~したらどうだ
2.反語…~だろうか、いや、~ない。~できようか、いや、できない。
適当、勧誘をとるときの判断基準は常に同じ。
会話文、手紙文で、相手の動作について用いられる。
例文の「逢ふ」がそうでしょ。

10.(完全解答 3点)
次の〈 〉内を口語訳せよ。
・(受験生、合格発表で泣いている)「われのうかるなど、〈思ひてむや〉。」
(       )
【解答】
(自分が合格するなんて、思っただろうか、いや、思ってもいなかった)
【解説】
「自分が合格するなんて、思ってもみなかった!」
と、泣いているんじゃないですかね。
「思ふ」のは自分自身の動作、よって、「適当、勧誘ではありえない」、だから「反語」で解釈しましょう、ということ。
ちなみに、「適当、勧誘」は「手紙文」「会話文」でしか使われない、って言ってきましたな。ということは、「地の文」で「~てむや」「~なむや」とあったら、ほぼまちがいなく「反語」ですよ。また、「会話文」だから「適当勧誘」に決まるわけでもない。
・会話文、手紙文の「~なむや」「~てむや」…適当勧誘かもしれないし、反語かもしれない。
・地の文の「~なむや」「~てむや」…反語にキマリ!
つまり、「こそ~め」だろうが、「~てむ、なむ」だろうが、「~てむや、なむや」だろうが、「適当、勧誘」で訳すときには、常に「相手の動作」であることを確認するのがポイントなのです。
さらに、ちなみに、助動詞「む」を反語で訳すときは、「可能」で「~できようか、いや、できない。」と訳すとうまく訳せることが多いです。ゼッタイ、じゃないけど。国立二次記述を受ける人は知っておくといいですね。

---------------------------------------------------------------------★
【添削担当者(谷村)からのアドバイス】

おつかれさまでした。
いくつできましたか?
部分点なしの完全解答でキビシク採点してくださいね。

★★★★★30点満点
この問題で、一問もひっかからなかったら、国立二次、ガッツリ、点かせげますよ。ということは、要約系の高配点の問題もゲット!古文でかせいだ時間を評論にそそいで、現代文もゲット、きっと国語が二次試験の得点源になってくれます。

★★★★27点
惜しい!
けど、傷は小さい。「こそ~め」「てむ・なむ」「てむや・なむや」の適当、勧誘がきちんとできていれば心配なし。

★★★24点
あきらかに「穴」あり。
でも、ふさぐのに時間はかからないはず。「古文の基礎」でしっかりポイントおさえましょう。

★★21点
古文はそこそこやった、でも「実戦」というのがわかっていないかな?
実戦では、ボーダライン上にゴソッと受験生が集まるでしょ?
で、「記述口語訳」で点落としてたら、さて、生き残れるかな?
「何がどう問われる?」
わからないままに、「なんとなく」文法の勉強してるんじゃないですか?
「古文の基礎」4時間ぐらいでザッとたどってみて下さい。

★18点
古文が「時間かかって、点落とす」だから、現代文「時間がないから、点かせげない」。
で、
帰国子女生の方とか、英語ガッツリ点かせげます、というなら、さほど心配する必要ない。国語はボーダーライン割っても、英語に比べれば傷は浅いでしょうからね。
英語がボーダーライン上の人、国語でボーダー割ってどうする?
「でも、日本史(世界史)は得意!」
日本史、世界史の配点が英語、国語と「タメ」ならいいですが…。あとは「配点」との相談になります。
覚悟きめて、「古文の基礎」「古文のツボ」やって!急げ!


無星15点以下
高1・2生なら、「学校文法」卒業して、「実戦文法」にシフトすべし。
受験生、ゼッタイ国語が足引っ張ります。
「でも、小説文は得意だから…」
「小論文はいける…」
とか、寝とぼけたこと、考えていないことを祈るばかりです。
それはもう、大学受験じゃない、「宗教」の世界なのです。
で、おそらく、模試を受験していない、受験していても、復習していない、
でしょ?
「ガビーン!」
って思ってくれたなら幸い。
「古文の基礎」…四時間
「古文のツボ」…二時間
と、時間決めてやって。そしたら、第一志望過去問ガンガンやって年内に終わらせて。それと並行して問題集など、ガンガンに演習量稼いで。
立教、明治、センター8割ぐらいなら、まだ間に合うかも。
早稲田、センター9割なら、死ぬほど演習量こなして。早く早く!

---------------------------------------------------------------------★
【次回の試験範囲】

参考書
「古文の基礎」「古文のツボ」 http://wsfp.blog71.fc2.com/blog-category-22.html

次回の範囲は「古文の基礎 其の五十一~其の六十」です。

---------------------------------------------------------------------★
【あとがき】
┏○゛ペコ配信が遅れて申し訳ありませんでした┏○゛ペコ

おつかれさまでした。
今回も国立二次の記述系でした。
「適当、勧誘」の訳、ダイジョウブ?
ドンピシャ、出るかも?
寒くなってきたので、
体調管理にくれぐれも注意して。
世間様はクリスマスだ、ニューイヤーだ、
と、かまびすしくなりますが、
みなさんにはもっともっとステキなイベントが、
その先に待ってますぜ!
「第一志望校ボーダーライン」
ココだけを見つめて、
ワシワシ、演習量を「しり上げる」のみ!

添削担当者(谷村)
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
メールマガジン「大学受験実戦古典文法小テスト」

★発行責任者:フットプリンツ 添削担当者(谷村)
★公式サイト:http://www.foot-prints.jp/
★公式ブログ:http://wsfp.blog71.fc2.com/
★問い合わせ:foot-prints@vesta.ocn.ne.jp
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001200350.html
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/11/24 16:35】 | フットプリンツのメルマガ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<【第六回 実戦古典文法小テスト 解答解説】 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『受験生の心がまえ』 其の十七>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。