大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
フットプリンツの優秀答案の紹介 第十四回 小論文
コレがフットプリンツのネット添削!!
とにかく、速い!!!
日本全国から、世界から、
アッという間に答案を「やりとり」!
pdf・jpg・gif なんでもOK。
スキャナさえあれば、

手書きの答案をスキャンして提出→
 メールで送信→
  プリントアウトして手書きで添削→
   スキャンして画像データで返却。



フットプリンツの優秀答案の紹介
第十四回 小論文

danpei
優秀答案小論文十四02.JPG 優秀答案小論文十四01.JPG
joe

※クリックすると拡大表示されます。

センター国語9割めざす受験生!
早稲田慶応受験者!
必見!!
全国トップレベルの受験生のアタマの中身、ってみることないでしょ?

コレが、早稲田大学テッパン!センター国語9割必至!の受験生の答案なのです。

さて、
全国の大学受験生のみなさま、
現代文でも、小論文でも、
「記号論」って習いましたか?
ひと昔前の小ジャレたアカデミズムなのですが、
で、
知らないから、どうということでもないのですが、
早稲田大学を受験する以上、
「知っておいた方がいい」
のです。
なぜなら、
「コード」「コンテクスト」
って、早稲田は注釈をつけないから。
80年代、90年代の文化論、言語論、
早稲田大学の先生方が「ネタ」として出したい、
・写真論
・映画論
・演劇論
・文学批評
と、これらの背景に、
「文化記号論」みたいなのが流れている、
だから、
受講生のノーミソの中に、
「コード」「コンテクスト」を媒介とした「コミュニケーション」って大枠、
作っておくと、
試験本番、ドンピシャ、その「アミ」にネタがしっかかるという寸法。
で、
現代文で読んで、解説聞いて、って受験生はたくさんいると思います。
でも、
それを小論文で論じた受験生、全国に、いないのでは?
大学受験生に
「コードによるコミュニケーション」か、
「コンテクストによるコミュニケーション」か、
って、狂気の沙汰ですぜ。
でも、
その「峠」をワシワシ、越えていく受験生がいる!
たぶん、
大学のセンセイに見せたら、ビックリすると思います。
だって、
大学でやる「ナントカ コミュニケーション論」みたいなの、
その期末のレポートみたいなの、
大学受験生が書いているわけですからね。

で、
受験生って、大学に受かるかどうかばかり気にするでしょ?
大学に「入れてもらう」感じですね。

でも、上掲の小論文を書いた受験生、
慶応大学だろうが、早稲田大学だろうが、
「ぜひ、うちの大学に」
って言うはずです。
「大学側で入ってほしい受験生」というレベル。
わたくしは、幸いにも、その「しあわせ」をあじわいましたが、
大学の先生だって、教えたら伸びてゆく学生、
指導したいはずなんです。

フットプリンツの講座は、
受講生と添削担当者は「対等」であり、「並列」する関係。
で、添削というコミュニケーションを通じて、
「大学のほうで来て下さい」
って人材を育てる。
だから、受講生が合格するなどというのは、「必然」なのです。
だって、そもそも、
大学受験のはるか向こう側に「いっている人たち」だから。

打撃の理論

「向こう側」を打ち抜く!


スポーツをやったことがある人なら、直感的にわかるはずですよ。
たとえば、
ボクシングでKO取りに行くなら、「顔」を打つのではなく、「アタマのうしろへ」打ち抜く。
テニスのスマッシュ、
ゴルフのスイング、
バレーのアタック、
って、すべてに共通するのは、
「目先」の対象を打撃しても、「へなちょこ」な打撃にしかならない、
目先のボールばかりにとらわれると、ゲームにならないのは、
お子様のサッカーみてればわかるじゃない?

「打ち抜く」ことの大切さは、みなわかっている、
でも、
三振するのが怖いから、とりあえず来たタマにあわせて、手打ちでコツンと、
で、まんまと、ゲッツーとられたりするんじゃないの?
それが「実戦」。
「踏み込ん」で「打ち抜く」のが怖い、
だから、ボールの表面だけ見て「とりあえず」当てに行く、
それで、ゲームを落としているということに、
少なくともスポーツをやってきた人なら、
さらに少なくとも、真剣勝負をやってきた人なら、
気がつかなくてはいけません。

大学に合格したい?
だったら「ほにゃほにゃの必勝文法」とか、
そんな表面的マニュアル本なんざ、ハナかんで捨てな!
んなのに頼っている限り、
キミの合格は「ありえない」!
なぜなら、それは「表面」でしかないから。

ホントに合格したいなら、

肉を切らせて、骨を断つ!
相手に殴られてもいいから、
ふところに踏み込んでいって、
「向こう側」を打ち抜きな!

「やったつもり」ではなく、
ほんとうに、勝ちたいならね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英語学習で悩める全国の受験生よ 博多に集え!!

添削担当者の知る限り、日本でイチバンあつい英語教師!!

キミの答えはココにある!
  →→→脱線グリッシュ(田中 十督日記)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大学受験の数学で悩める者は
学ちゃんに訊け!!
添削担当者が知るかぎり、最高の数学講師!!
佐藤学の数学はコチラ
→→→数学専門塾「スタッフ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここからがわからない 古文・漢文

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

好評発売中!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


受講生 一人一人に目がとどく!!
   受講生限定=50名

受講生を限定、プロの講師が少数精鋭で徹底的に添削をしていきます。
現代文・古文・漢文・小論文 オール・イン・ワン!
会員にかぎり、古文、漢文、すべてフットプリンツが請け負います。

今年度の受験生、最後の募集始めました!

早期スタートが合格の秘訣!!新規高1・2生募集中!                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method 
   現代文/小論文」


みなさま、さらなる応援、
m(_ _)m よろしくお願いいたします!m(_ _)m
人気blogランキング ただいま83位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/12/04 15:28】 | 優秀答案の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<【第七回 実戦古典文法小テスト 解答解説】 | ホーム | フットプリンツの優秀答案の紹介 第十四回 現代文>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。