大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
古文のツボ 和歌集中講義 其の三
【入試直前 和歌小テスト 解答解説】
〈和歌ってわかるん♪〉


問四
次の和歌の修辞を説明せよ。
1.霞立ち木の芽もはるの雪降れば
花なき里も花ぞ散りける   (古今集)
【解答】
掛詞…「春」と「張る」とが掛詞。
序詞…「霞立ち木の芽も」が「張る」の序詞。
【解説】
上の文脈から文節を分けると、「霞/立ち/木の芽も/張る(ふくらむ)」と文節を分けたい。下の文脈にしたがえば「春の/雪/降れば」と、二重の文節関係から「春・張る」の掛詞。
もう一つ。「霞立ち木の芽も」という前フリがあって初めて「張る(ふくらむ)」が出てくる。春霞も立って、春になると、木の芽もプックリふくらんで、ということで「張る」が出てくる。つまり、この前フリがないと、ただの「春の雪」、掛詞にはならない。よって、
「霞立ち木の芽も」というのは、掛詞のかたわれ「張る」をひっぱり出す働きをしている「序詞」と考えるべき。
で、
「春・張る」の掛詞は、
・二重文節関係を用いた掛詞。
・序詞を用いた掛詞。
と、二重に掛けるテクニックを使っています。
序詞はいちばん、メンドクサイところだよ。
↓ ↓ ↓
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の三


口語訳…
春霞も立って木の芽もふくらむ春の雪が降ると、桜がない里でも雪の花が散るようだよ。

2.袖ひちてむすびし水のこほれるを
春立つけふの風やとくらむ   (古今集)
【解答】
掛詞…「結ぶ」と「掬(むす)ぶ」とが掛詞。
   「張る」と「春」とが掛詞。
   「裁つ」と「立つ」とが掛詞。
縁語…「袖」「結び」「張る」「裁つ」「解く」が「衣」つながりの縁語。
【解説】
「袖(そで)」、ひもや帯を「結ぶ」、衣のシワ取り「張る」、布を「裁つ」、裁断して衣を作り、結んだひもや帯は「解く」、と、すべて「衣」につながる、縁続きの詞。ただ、当時の生活状況の中でイメージが連鎖するのであって、今日の我々の生活からは、なかなかイメージしがたい。だから、和歌の修辞は「場数」ふまねば、なんだね。一回、二回やって、ハイわかりました、ってものではない。そのなかでも、コレは「古今集」を選んだ当人、紀貫之の「いかにも古今チック」なゴテゴテにお飾りつけた和歌でした。わからないのは当然、でも「縁語で掛詞」ってテクニックを説明するのにちょうどいい和歌なんだな。
↓ ↓ ↓
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の四


「袖」…「結ぶ」…「張る」…「裁つ」…「解く」…「衣つながり」の縁語
「掬ぶ」 「春」  「立つ」     ←縁語を用いた掛詞

口語訳…
夏のころには袖をぬらしながら両手ですくっていた水が、冬になって凍っていたのを、春が立つ(立春の)今日の風が解かしているだろうか。
※「ひつ」…ぬれる
※「掬ぶ」…両手ですくう


問五
次の和歌の〈 〉内を口語訳せよ。和歌中で用いられている掛詞を漢字を用いて説明せよ。

〈雪深み〉み山の道は晴れずとも
なほふみ通へ跡絶えずして   (源氏物語)
【解答】
口語訳〈雪が深いので 〉
掛詞( 「踏み」 と 「文」 )
【解説】
「名詞+を+形容詞語幹+み=原因理由を表す構文」
↓ ↓ ↓
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の十五


和歌でのみ使われる重要構文、上記は「雪を深み」の「を」が省略された形。ク活用形容詞「深し」語幹「ふか」、と、ク活用の語幹に注意してください。課題文中の和歌、この表現があったら、必ず問題にします。問題にしない出題者はいません。
物語の文脈があればもう少し「文・踏み」掛詞もわかりやすいでしょうが、和歌単独でもなんとなくはわかる。「雪が深いので、深山(みやま)=山奥の道は雪の晴れ間ない、それども…」という文脈だから、「雪を踏み分けて通ってきてほしい、それが無理なら、せめて文を通わせてくださいよ…」と、文脈から掛詞、というテクニック。また、和歌の修辞は場数だって言いましたが、「まだふみも見ず天橋立」とか、学校でやっていると思うのですが、そのような、以前にやった演習がものをいうことになりますね。

口語訳…
明石の君が姫君と別れる、その姫君を託した乳母に詠んだ歌。
雪が深いので私の住む山奥への道は雪が晴れることなくても、それでもやはり雪を踏み分けて通ってきてください、足跡が絶えることのないように…それが無理ならせめて文を通わせてくださいね、途絶えないように。


問六
次にあげる和歌の掛詞を漢字を用いて説明せよ。

1.(男の来訪が途絶えて、恨みがましい気持ちを詠んだ女の歌)
人心あきのしるしの悲しきに
かれ行くほどのけしきなりけり   (堤中納言物語)
【解答】
( 「秋」 と 「飽き」 ) ( 「枯れ」 と 「離れ」 )
【解説】
「男女の別れ」の文脈をうけて「秋/飽き」「枯れ/離れ」の掛詞。超頻出。「飽き」「離る」それぞれきちんと漢字で書けるようにしておきましょう。
口語訳…
季節は秋、あの方の心も私に飽きてしまったような前兆が悲しく思われるが、草木が枯れるように、あの方も私から離れていく様子だなあ…。


2.(中国に旅立ついとしい息子を詠んだ母親の歌)
よどみなく涙の川は流るれど
おもひぞ胸を焼くと焦がるる   (成尋阿闍梨母集)
【解答】
  ( 「思ひ」の「ひ」 と 「火」 )
【解説】
「火」と「焼く」「焦がるる」が「火つながり」の縁語。
縁語により「思ひ」の「ひ」に「火」を掛ける。縁語を用いた掛詞。
上記、「袖ひちて」の和歌でみて、「縁語」って、必ず「掛詞」がからむ修辞だって、大丈夫でしょうか。
「縁語になってるから、縁語のどれか、掛けてるだろう…」という判断ですね。
和歌の修辞が問われ、「説明として正しいもの」「まちがっているもの」と、選択肢五つに和歌の修辞ズラ~ッと並べられると、受験生パニックでしょ?
イ、掛詞の説明
ロ、序詞の説明
ハ、枕詞の説明
ニ、縁語の説明
ホ、比喩の説明
とか、並べられたときですよ。上智なら「a/b問題」ですか。そのとき、けっこう「縁語なら掛けてる」っていう判断、もの言うモンですよ。
口語訳…
淀むことなく涙の川は流れるけれど、息子を思う「火」のような母の思いは胸を焼くばかりで、息子を思い焦がれることだよ。


問七
次の和歌で用いられている序詞を正確に抜き出せ。
住の江の岸による波夜さへや夢のかよひ路人めよくらむ   (古今集)
【解答】
序詞…「住の江の岸による波」
【解説】
「寄る波」の「よる」と同じ音の関係で、「住の江の岸によるなみ」が「夜」の前フリ、前置き。「同音関係から導き出す序詞」というもの。
口語訳…
人目につく昼ならともかく、人目につかない夜まで、あなたは夢の通い路で一目をよけているのだろうか。(だから夢にも現われてくれないのね…)
「枕詞」は覚えればオシマイ、だからラクチン。
「序詞」は自分で判断しなければならない、だからムズカシイ。
キホン、和歌の「感動の中心」、どんな気持、情景を詠んだものなのか考えてみましょう。感動の中心と関係ない、ある語句の前フリをしていたら「序詞」と考えるとよいです。
上記の和歌、「夢の通い路でも人目を気にするなんて、おバカさんね…」という女心を詠んだもの、「住之江」とか「波」とかに感動して詠んだ歌ではないこと、わかりますか?

以上、「和歌の修辞」をザックリとテスト。
センター試験直前に、ぜし、確認しておきたい。
また、センター試験、立教や上智、たまに近世、江戸期の散文出しますが、実は、「和歌の修辞」って、近世散文(江戸時代の普通の文章)でこそ、その威力を発揮したりして。ココで「和歌修辞」きっちりやっておけば、ほぼまちがいなく、「和歌」は出題されるし、ラッキー!たとえ「修辞」そのものが問われなくても、精神的にラクになります。万が一、近世江戸期でも出されたら、おそらく「時間かけずに点かせぐ」、イモヅル式で点数かせげますぜ!
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/12/10 17:05】 | 古文のツボ 和歌集中講義 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<しり上がり通信 其の百二十九 | ホーム | 古文のツボ 和歌集中講義 其の二>>
コメント
修辞について
修辞として
本歌取り/引き歌
は覚えなくて良いのでしょうか!?
【2010/12/11 12:19】 URL | くま #- [ 編集 ]
「このような和歌の修辞をなんというか?」
「本歌取り」
という問いがないわけではないでしょうが、
ほぼ、見たことがありません。
学校の定期考査なら、ありうると思いますが。
「和歌の修辞」としては大切だと思いますが、
「実戦」を想定した場合、どうでもいいかな、
という感じはしますね。
疑問などございましたら、また、コメントくださいませ。
【2010/12/11 13:47】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。