大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の百二十九
〈チームキムタツ関東支部忘年会に参加させていただきました。〉
昨日、12月11日(土)、
灘高校木村達哉先生を中心にした英語教師塾「チームキムタツ」、
その関東支部の研修会、忘年会に参加させていただきました。

北海道や佐賀、鹿児島と、全国から英語の先生方が参加なさって、
国語で参加。
先生方の取り組み、とても勉強になりました。
木村先生も参加なさって、灘高校での英語の授業を実況中継、
さすがに、灘高校、ハイレベルでした。

先生方の実践を拝聴、どうもありがとうございました。

北海道帯広緑陽高校の佐藤先生、いろいろ現場のお話を聞かせてくださって、ありがとうございました。
足立学園の清田先生、国語の取り組みで、またいっしょに語り合いたいですね。
ベネッセのみなさま、アルクのみなさま、
運営、おつかれさまでした。
八王子東の石崎先生、駒場東邦の佐藤先生、幹事おつかれさまでした。

それにしても、
英語科の研修会にお邪魔して、網野善彦先生の「アジール」について語り合おうとは思ってもいませんでした。
現在、NHKでタモリの「ぶらタモリ」が放映されていますが、
東京に潜伏する「アースダイバー」たち、その一人として、血がさわいだでしたよ。わたくしのダイビングスポットは、中央区の佃島ですが、アルクのみなさま、今度いっしょにダイビングしましょう。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/12/12 12:02】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<【第八回 実戦古典文法小テスト 解説】 | ホーム | 古文のツボ 和歌集中講義 其の三>>
コメント
センター国語研究11

正解が4なのに
なぜ4はダメみたいなことが書かれているのでしょうか!?

一片 ⇔ 数
光は数えられないので正解は「山」また、白雲もヒントになっている(例 富士山の写真)

この解き方でよろしいですか?

先生に質問
和角仁のグリデン文法・解釈・下線部解法 どう思われますか!?

先生にお願い
漢文の「実戦演習」も
近々ブログでやってもらいたいです!!
【2010/12/14 16:56】 URL | くま #- [ 編集 ]
くまさんへ

2007年本試験漢文問5ですね。
押韻から、
1、「淡」
4、「山」
で、
くまさんのアプローチでよろしいかと思います。
むしろ、わたくしがインネンをつけているのは、
なまじ、深く考えすぎた生徒さんほど、ひっかかる、それはないだろうよ、ということです。
バツの選択肢の作り方が、あまりに雑なんですね。
漢詩のなかに「天柱」とあるので、「光の筋」と読んで、1、の(b)「数本の淡い光」にひっかかりたくなるはずなのです。
作題する者は、「最初に答えありき」の立場から虫食っていきますから、解答者の立場、視点を忘れがち、ひとりよがりの作題は厳に慎まなくてはいけません。そこのところが、「イカンよ」と指摘したものです。
そもそも「七言絶句」で虫食い、一句目で韻の「踏み落とし」って、その時点で、出題者としては「負け」、韻の虫食い出すなら、律詩出しなさい、百歩ゆずって絶句出すなら、一句目もきちんと踏んでいる課題文選べよな、ということで、このような「上から目線」の作題は、断固として許しがたい、つばぺっぺ、って感じですね。出題者がの前にいたら、当然のことながら、「まじめにやれ!」っていって張り倒します。
グリデンちゃん、なつかしいですなう。
市販の参考書は「売れるため」にいちばん広い客層にあわせています。つまり、偏差値50台ですね。あなたがどのレベルにあって、どこの大学を受験するかにもよるでしょうが、「基礎の確認」にはいいと思いますよ。頭の中に「タナ」を作って、情報を整理する、という意味で、体系的に参考書でまとめる、というのは重要な作業です。ただし、それは「受験勉強」ではない、「確認作業」だということをお忘れなく。受験勉強は読解、演習量をあげることです。
漢文の要望、
わかりました。が、「漢文のツボ」でも書いたとおり、ヨコガキで漢文やるのは、ちょっとブルーはいっちゃいますね。なにか、工夫してみましょう。
それでは、体調管理にきをつけて、追い込みがんばってください。
【2010/12/14 19:36】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
谷村さま
先日はおつかれさまでした。
いつも拝見しているブログに自分の名前が出てきてちょっとびっくりしました。
「記述問題と見るや捨てて逃げ出す」生徒たちと追いかけっこをしている日々です。
またぜひお話をうかがいたいです。よろしくお願いします!

ついしん
「ブラタモリ」わたしも大好きです。今度はそのお話もぜひっ!!
【2010/12/16 14:34】 URL | せいた #- [ 編集 ]
せいたさま

コメントありがとうございます。
忘年会、楽しかったですね。
最近、東大志望の生徒さんたちが、
ブログにコメント寄せてくださっているのですが、
チームの先生方のどなたかの生徒さんたちかな、と勝手に想像しておりますが・・・
先生もご意見などありましたら、教えてください。
来年、八月はじめの土日月、中央区の佃で大祭がありますので、よろしかったら遊びにいらしてくださいね。NHKの朝ドラ『瞳』の舞台になったお祭り、東京でいちばん美しい八角形のお神輿が見られます。わたしは担ぐほうですので、御案内はできませんが、「江戸」の成り立ちがよくわかります。今も徳川様の末裔が見にいらっしゃいますよ。
ではでは。
【2010/12/18 14:43】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。