大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【第一回 実戦古文小テスト(読解篇) 解説】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~★
第一回 実戦古文小テスト(読解篇)
めざせ!古文の五つ星!!
【第一回】
★★★★★
第二十号(2010/12/18)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★
遅くなりました。
ごめんなさい。
今回は、出題ミスが続き、
申し訳ありませんでした。
今後は、しっかりみなおして配信いたします。
では、解説、はじめましょう。
---------------------------------------------------------------------★
【今回の試験範囲】
参考書
「古文の基礎」「古文のツボ」 http://wsfp.blog71.fc2.com/blog-category-22.html
今回の範囲は「古文のツボ 全範囲」です。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
配信は、毎週、金曜日に「問題」、
翌日の土曜日に「解答」
翌々日の日曜日に「解説」
お送りします。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
---------------------------------------------------------------------★
【第一回 実戦古文小テスト(読解篇) 解答】
(3点×10=30点)

【問一】次の和歌の〈 〉を補うのに適当な語をひらがなで記せ。仮名遣いは問わない。
枕詞の問題です。
「枕詞」決まって「五音(例外もアリ)」、下にくる語は決まっている、定型の表現です。普通は虫食いの選択肢問題になりますが、今回はノーヒントで虫食いにしました。あまりモメないところで出しましたが、「他にもある」って言わないように。あくまで受験レベルの枕詞です。
早稲田の文学部で「たまくしげ→箱」だったか、シブイの出したことがありますが、おおむね、受験で出る枕詞は百人一首が基準になっているはずです。
主なものを覚えればおしまい。カンタン。
↓ ↓ ↓
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の二

1.(3点)
〈  〉わが黒髪はかはるらむ鏡の影に降れる白雪(古今集)
【解答】
(ぬ(う・む)ばたまの)
【解説】
「ぬ(う・む)ばたまの→黒・夜・闇・髪」色の黒いものがくる。
口語訳…
私の黒髪は白髪に変わっているのだろうか。鏡の姿に降っている白雪だよ。

2.(3点)
家にあれば笥(け)に盛る飯(いひ)を〈  〉旅にしあれば椎(しひ)の葉に盛る(万葉集)
【解答】
(くさまくら)
【解説】
「草枕→旅」
草を結んで枕にして野宿することから。「草枕」だけで、「野宿」を意味する。
口語訳…
家にいるときには器に盛る飯を、旅の空にあるので椎の葉に盛ることだよ。

3.(3点)
〈  〉山の雫(しずくに)妹(いも)待つとわれ立ち濡れぬ山の雫に(万葉集)
【解答】
(あしひ(び)きの)
【解説】
「あしひきの→山・峰(を)」
口語訳…
山の木々から落ちる雫の下で恋人を待って立っていると濡れてしまったよ。山の雫で。

4.(3点)
〈  〉わが黒髪はかはるらむ鏡の影に降れる白雪(古今集)
【解答】
(ぬ(う・む)ばたまの)
スミマセン┏○゛ペコ。設問がかぶってしまいましたね。

5.(3点)
あまざかる〈  〉の長道(ながち)ゆ恋ひ来れば明石の門(と)より大和島見ゆ(万葉集)
【解答】
(ひな)
スミマセン。設問の和歌、「の」を忘れてしまいました┏○゛ペコ。「ひな」がいえてれば、マルしてください。
【解説】
「天離(あまざか)る→鄙(ひな)」
「鄙」は田舎、「あまざかるひな」で、ド田舎の代名詞。今でも「ひなびた温泉宿」なんて定型表現ですね。
口語訳…
田舎の長い道を、都を恋しく思いながらやってくると、明石海峡から大和が見えるよ。

6.(3点)
〈  〉母が飼う蚕(こ)の繭隠(まよごも)りいぶせくもあるか妹(いも)に逢はずして(万葉集)
【解答】
(たらちねの)
【解説】
「垂乳根(たらちね)の→母・親」
口語訳…
母が飼うかいこが繭籠りするように、気が晴れないことだ。恋人に逢うことができないで。

7.(3点)
・あをによし〈  〉の都は咲く花の薫(にほ)ふがごとく今盛りなり(万葉集)
【解答】
(なら)
【解説】
「あをによし→奈良・国内(くぬち)」
口語訳…
奈良の都は、咲く花が色美しく今が盛りだなあ。

【問二】
次の和歌の中から序詞を正確に抜き出せ。
「序詞」は、「七音」以上で、下の語を導くはたらきをする、前フリ表現。
1.意味の関係から導く「序詞」
2.同音の関係から導く「序詞」
3.掛詞を導く「序詞」
の三用法をしっかりおさえる。
「序詞」は「枕詞」と似ているから、まちがいやすい。
・下の語の前フリとなる。
この点では同じ。ただのお飾りなんだけど、訳すときは「枕詞」は訳さない。「序詞」は一応訳す。
で、「序詞」は自分で「ここからここまで序詞」って判断しなくてはいけないからメンドクサイ。実は難しい。和歌は何かしら「感動」を歌にしたもの。和歌の感動の中心と関係ない、ある「語」の前フリになっていたら「序詞」と判断する。
また、近世江戸期、普通の文章の修辞として盛んに「枕詞」「序詞」が用いられていきました。で、センターで江戸期、「序詞」の虫食い出したことあります。出すなら立教、青山、上智とか、早稲田かな。
だから、ここで三つの用例、しっかりおさえて。
↓ ↓ ↓
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の三


8.(完全解答 3点)
立ち別れ因幡(いなば)の山の峰に生(お)ふるまつとし聞かばいま帰り来む(古今集)
【解答】
(因幡の山の峰に生ふる)
【解説】
「因幡の山の峰に生ふる」が「松」の前フリ。掛詞「待つ/松」のかたわれをひっぱり出すはたらきをしています。「掛詞を導く序詞」です。
和歌の感動を考えて。「別れても、君が待っていると聞いたら、すっ飛んで帰ってくるよ。」と、別れの気持を詠んだもの。「因幡の山は美しいなあ」と、景色を詠んだものではない、だから前フリ表現「序詞」と考える。
口語訳…
お別れして因幡の国へ行くが、その山の峰の「松」ではないが、あなたが私を「待つ」と聞いたら、すぐに帰ってきますよ。

9.(完全解答 3点)
瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ(詞花集)
【解答】
(瀬をはやみ岩にせかるる滝川の)
【解説】
「瀬を早み岩にせかるる滝川の」が意味の関係から「割れ」の「序詞」。急流の水は岩にせき止められると、そこで水の流れは「割れる」でしょ。
和歌全体の感動の中心考えて。「別れても、いつか君と一緒になるよ。」と、アツイ思いを詠んだもの。「滝川」とかの景色を詠んだものではないでしょ?
口語訳…
川の瀬の流れが早いので、岩によってせき止められる滝川の流れのように、いったん別れても、最後にはあなたと一緒になろうと思っていますよ。
※「瀬を早み=名詞+を+形容詞語幹+み」…「名詞が形容詞なので」と、和歌だけで用いられる原因理由の構文。

10.(完全解答 3点)
多摩川にさらす手作りさらさらに何そこの児(こ)のここだ愛(かな)しき(万葉集)
【解答】
(多摩川にさらす手作り)
【解説】
「多摩川にさらす手作り」が、同音「さら」の関係から「さらさらに」の前フリになっている、「同音関係から導く序詞」です。同じ音があるから、いちばん判断しやすいはずですが。
和歌の感動の中心考えて。「この子がメチャメチャ愛しいよ」という気持を詠んだ和歌。「多摩川」とか「手作り(手織り布)」とかに感動しているわけではない。
口語訳…
多摩川にさらしている手織り布のように、いっそうますますこの子がとても愛しいことだよ。
※「さらさらに」は「いっそう・ますます」。

---------------------------------------------------------------------★
【添削担当者(谷村)からのアドバイス】

おつかれさまでした。
最後、いくつできましたか?
今回はミスが多くて、ほんとうに申し訳ありませんでした。
反省!!┏○゛ペコ

★★★★★30点満点
いい感じです。難関大学バッチリ!

★★★★27点
「序詞」でひっかかったかな。でも、けっこういい感じです。

★★★24点
和歌、集中的におさらいしてみてください。
出ると点差開きますよ。

★★21点
和歌はいちおうやった、でも、まだツメきれていない、って感じかな。
和歌の修辞、30分ぐらいでおさらい。

★18点
和歌、あまり意識してやってこなかったね。
とりあえず、センターが近づいていますから、急いで和歌をやってください。
今年もきっと出るよ!

無星15点以下
和歌、ほぼやっていないね。
学校の定期考査とかではやったけれど、それほど意識してこなかった、ってパターンかな。
和歌の修辞やったら、センターの過去問やってみて。
和歌がどのような形で設問になっているか確認して。

---------------------------------------------------------------------★
【次回の試験範囲】

参考書
「古文の基礎」「古文のツボ」 http://wsfp.blog71.fc2.com/blog-category-22.html

次回の範囲は同じく「古文のツボ 全範囲」です。

---------------------------------------------------------------------★
【あとがき】
今年もセンター古文、和歌だすべし、だよ。
くれぐれもぬかりのないように。
それから、やはり「和歌」は単独で、ってよりも、
文脈の中で演習せねば、です。
センターの過去問やって、
自分の志望校の過去問やって、
模試の復習やって、
どんな具合で和歌が問題になっているか確認。
和歌に直接、傍線ひかないで、文脈説明、人物説明、要約問題、和歌の贈答をめぐるコミュニケーションとか出すのがおしゃれな作題です。
最近の傾向を見ると、センターも「和歌の修辞の説明として正しいもの(誤っているもの)を選べ」ってベタな問題、出すかもね。
それから、立教、早稲田、上智とか、近世江戸期の課題文のとき、「和歌の修辞」が問題になっていないか、確認してみてください。なぜ、和歌の修辞が大切か、って、じつはこのあたりにあるんだな。出ると、点差が開いていくのです。

それでは、次回はミスのないようこころがけます。

添削担当者(谷村)
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
メールマガジン「大学受験実戦古典文法小テスト」

★発行責任者:フットプリンツ 添削担当者(谷村)
★公式サイト:http://www.foot-prints.jp/
★公式ブログ:http://wsfp.blog71.fc2.com/
★問い合わせ:foot-prints@vesta.ocn.ne.jp
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001200350.html
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/12/22 16:36】 | フットプリンツのメルマガ | トラックバック(0) | コメント(28)
<<【第二回 実戦古文小テスト(読解篇) 解答解説】 | ホーム | 【第八回 実戦古典文法小テスト 解説】>>
コメント
「やう」…内容の始まり合図
「いかにも…打消」
「さだ」

「だに、なほ、いとど、いよいよ」…二回目強調語句(なかなか使えると思っています(笑))

活用できるものはありますか!?

古文楽しいです!!
【2010/12/22 18:15】 URL | まなちゃん #- [ 編集 ]
まなちゃんさんへ
「だに、なほ、いとど、いよいよ」
の二回目強調語句、と、
そのような言い方もあるのかな、
と、
確かに、前後関係、しっかりおさえねばですね。
ただ、「だに」は別格のように思います。
古文の類推「だに」の項、
漢文の抑揚「スラ~況ヤ」の項、
それぞれ確認してください。
イチバン、おいしいところです。
「様(やう)」とか、言えば言えるのかもしれませんが、その辺は臨機応変、あまり図式的に決めつけない方がよいと思いますよ。
いろいろな文脈を読みこなしていくことが重要です。
そのような知識、
「最後にありき」なら問題ないのですが、
「最初にありき」は、チト、危険かも…。
【2010/12/22 18:51】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
更新待ってました(^_^)

「鄙・鄙人」は漢文でも使えますね!

和歌の心情は描写の裏側に隠れているんだぞ(by 彼氏)

年度はわかりませんが
上智・外国語学部の「さごろも物語」の和歌良かったです。

先生はこの文章知ってますか!?
【2010/12/22 21:15】 URL | 玲奈 #- [ 編集 ]
27点でした。

見入る/見出づる
も動作だし主語がわかると思うので先生的には重要単語ですか!?
【2010/12/23 17:09】 URL | ぱん #- [ 編集 ]
余裕で満点でした。


返読文字に
母(なかレ)、足(たル)、為、似(にタリ)、可

も重要だと思います!!
【2010/12/23 18:05】 URL | TRUFFE #- [ 編集 ]
玲奈さんへ
「鄙」の意味は、たしかに漢文でも応用がきくでしょね。
和歌は「三十一文字(みそひともじ)」と言われるように、情報量が圧倒的に少ない。だから、文脈の読解そのものが問われる。また、それまでの演習量が問われる。受験生、最後の最後は演習量の勝負、というのは、そのあたりなのです。
上智の狭衣、さて、読んだかな?上智の平安はいい問題が多いですね。
【2010/12/23 18:20】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
ぱんさんへ
コメントどうもありがとう。
「見入る/見出づ」かな?
というより、セットでおさえるべきは、
「見いる」…外から中をのぞく。
「見出だす」…中から外の方を見る。
じゃない?
男と女、「垣間見」とかの文脈、
境界となるのは、「簾(すだれ)」「簀の子(すのこ)」「妻戸(つまど)」などですね。
ホレ、やっぱり、文脈の中でおさえないと、じゃない?
【2010/12/23 18:27】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
TRUFFEさんへ
コメントどうもありがとう。
否定詞、禁止も含めてすべて返読文字です。
返読しないのは、「肯定、否定」で「肯定するやいなや」という疑問の場合。
「為」はいわゆる多義的文字、よく問われますね。辞書を引いてもよし、どの参考書にも出てるんじゃないかな?
「似ル」は動詞だから、原則、返読します。
「可シ」は「漢文のツボ」の返読文字にあげてなかったかな?ブログ内検索かけてみてください。
【2010/12/23 18:34】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
こんばんは

現代文に限らず、古文・漢文・英語において「対比」は重要なのでぜひ詳しく書いてもらいたいです。


先生からクリスマスプレゼント的なものはありますか(笑)!?
【2010/12/23 19:16】 URL | 単語王 #- [ 編集 ]
単語王さんへ
特にも漢文において、対比は重要ですね。
その意味でも、現代文、二項対立をしっかり読む、
小論文、二項対立をしっかり論じきるというのは大切なのです。
クリスマス、といってもなう…。
過去問徹底研究、公開してみようかな。
と。
【2010/12/23 19:25】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
古文の「年中行事」についてはどうでしょうか!?


私は今年出そうと踏んでいるのですが。
【2010/12/23 23:08】 URL | サザンカ #- [ 編集 ]
上る/下る
も重要単語ですね(^_^)v
【2010/12/24 16:16】 URL | きい #- [ 編集 ]
漢文の「待遇表現」について教えてください!!
【2010/12/24 23:48】 URL | くま #- [ 編集 ]
“風流”について
ブログで詳しく教えてください(-_-;;)
【2010/12/25 15:13】 URL | はるか #- [ 編集 ]
漢文構造
A+之+B+也、+C

これ結構使えます(笑)

終助詞の用法(断定or疑問・反語・詠嘆)、前置詞「於・乎」の用法(場所・時間・対象・目的・起点・比較・受身)、「之」の用法(の→助詞、これ(こレ)→代名詞or助詞、ゆク→動詞)、「者」の読みと用法

これらも重要だと思うのでよろしくお願いします(^∧^)
【2010/12/25 20:16】 URL | REVUE #- [ 編集 ]
初めまして
えんぴつと申します。

古文、漢文についての
数字に関するものの
情報を紹介するのはどうでしょうか!?

例えば、古文なら「三蹟」「三筆」漢文なら「三軍」「再三」みたいな感じです。
【2010/12/25 20:45】 URL | えんぴつ #- [ 編集 ]
きいさんへ
コメントどうもありがとう。
「上る/下る」とか、
センター試験は「時間」「空間」の移動、
人物多数、
という課題文がダイスキですから、
しょっちゅうキーワードになっていますね。
【2010/12/25 23:31】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
サザンカさんへ
コメントどうもありがとう。
「年中行事」については、
常に古文教養として問われうるんじゃないかな。
やはり、読解の中で覚えるべき知識です。
【2010/12/25 23:34】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
くまさんへ
コメントどうもありがとう。
漢文の「待遇表現」って、にわかに思い浮かばないのですが、
「卿」…敬意をこめた二人称
「寡人」…諸侯のへりくだりの一人称
「臣」…臣下の一人称
とかのことかな。
人称の問題なら、センター漢文、ひととおりやれば、すべて出ているはずですよ。
過去問の演習、しっかりやって。
【2010/12/25 23:41】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
はるかさんへ
コメントどうもありがとう。
「風流」について、ですか…。
やはり、こういうの、単語集的にやってもしょうむないような気がします。
江戸人の「粋」とか、
ヤンチャ系の「筋をとおす」
とか、
コンテクストがないとどうしようもないような。
「坂の上の雲」 NHKでやっているから、子規の魂、参考にしてはどうでしょう?
【2010/12/25 23:45】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
REVUEさんへ
終尾詞、前置詞については「漢文のツボ」参照してみて。
疑問/反語の終尾詞で悩むのは時間の無駄のように思いますよ。
「之」は多義字だけど、だからこそ、短文でやってもしょうむないように思います。ガンガン読解すべし。さんざん出てくるからね。
【2010/12/25 23:49】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
えんぴつさんへ
コメントどうもありがとう。
「三~」とか、重要にみえるかい?
どうでもいいわけじゃないけれど、この時期に悩む問題じゃないように思います。
『常用国語便覧』とか、資料集見れば書いてあるじゃない。学校の定期考査とか、好きそうな問題だけどね。
【2010/12/25 23:53】 URL | 添削担当者(谷村) #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/26 20:57】 | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/26 23:37】 | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/27 03:27】 | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/27 05:52】 | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/28 01:11】 | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/28 09:49】 | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。