大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の二十
「係り結び 2」

 

【結びの省略】

 

「と + 係助詞。」

… 「言ふ」「聞く」の省略。伝聞(~ということだ・~そうだ)を表す。

 

(引用の格助詞)。       「言ふ(連体形)」の省略。(~ということだ・~そうだ)

と        なむ。                  〃

と         や。                  〃

と         かや。                〃

 

・その男、逃げにけりとなむ。(その男は逃げたそうだ。)

 

 

★★★「~にや。」「~にか。」

     … 「あらむ」の省略。断定の疑問を表し、「~であろうか」。

 

体言・連体形 + 「(断定「なり」連用形)」+ 「(係助詞)」。

あら(補助動詞「あり」未然形)」+「(推量の助動詞「む」連体形)」の省略。

                               … ~であろうか(断定の疑問) 

 

・何人の住む家にか。(どのような人が住む家であろうか。)

 

※表現のヴァリエーションとして

 

・推量「む」が過去推量「けむ」になり「にや(か)ありけむ」(~たのであろうか)

・推量「む」が現在推量「らむ」になり「にや(か)あるらむ」(今ごろ~しているのであろうか)

・補助動詞「あり」が丁寧の補助動詞「侍り・候ふ」になり

           「にや(か)侍らむ」「にや(か)候はむ」(~でしょうか)

・補助動詞「あり」が尊敬の補助動詞「おはす・おはします」になり

           「にや(か)おはさむ」「にや(か)おはしまさむ」(~でいらっしゃるのだろうか)

 

などがあります。あとはこれらの組み合わせ方の問題。この結びが省略された「にや。」「にか。」の「に」の説明が「に」の識別で最も問われます。今年のセンター試験でも出題されましたね。今の段階では、省略を補って訳せればよし、詳細は「断定の助動詞」で述べましょう。

 


※その他、文脈上わかりきっているものは、結びがガンガン省略されます。特にも、係助詞「なむ」の結びの省略は、「なむ」の識別のひっかけの王様です。

 

・いと恥づかしうなむ。…係助詞「なむ」。「ある」「侍る」の省略。

(とても恥ずかしいです。)

 

「恥づかしく(上記は連用形のウ音便)」と、形容詞の本活用連用形のあとの「なむ」は係助詞「なむ」に決まり!とはいえ、この段階では難しいでしょう。文法の最終レベル「なむ」の識別で詳述しましょう。コレ、本当にひっかかりますよ。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/27 18:56】 | 古文の基礎 1-20 | トラックバック(1) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の二十一 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の十九>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十五
「識別」 〈三大識別「なり」「なむ」「に」〉&nbsp;【なむ】の識別】★★★★★&nbsp;1 ~なむ~連体形。 &hellip;係助詞「なむ」。基本的には文中で用いられ、文末は連体形で結ぶ。ただの強調で訳す必要はな
【2007/06/21 22:07】 | 添削担当者のブログ
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。