大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
合格者の声 〈ワレラ カク 戦ヘリ!〉

慶應義塾大学環境情報学部 合格

私立茗溪学園高等学校   H・Mさん


 「あと1週間しかないのですが、慶應大学SFCに行きたいんです!」こんなにも無謀な挑戦を谷村先生にご相談したのは、入試まで残り7日に迫った時のことでした。入学試験の直前から小論文の勉強を始めることに、精神的に大変焦っていたのですが、谷村先生は「やるからにはお互い本気で頑張りましょう」と快諾して下さいました。
 実は、私は昨年度も先生の講座を受講していたので、小論文の基礎は理解していたものの、果たして短時間で1年間分のブランクを埋めることが可能だろうかと不安になっていました。さらに、SFCの小論文は、よく書店で目にする『小論文の書き方紹介本』で紹介されているような典型的な型に当てはめただけでは到底太刀打ちできない問題が出題されるため、そういった問題の特性にも不安を感じていました。しかし、先生は、電話やメールで頻繁に連絡を取って下さり、その際に私の興味のある分野や進路等を分析し、それらを踏えた上で私らしさが活かせるような解答方法を教えて下さいました。そのお陰で、たった1週間という短時間でも、自分らしさを最大限にアピールできるような小論文を書き上げる力を養うことができ、結果的に志望大学に合格することができました。こういった、個性が活きた小論文の書き方が身に付く点が谷村先生の講座の特徴ではないかと思います。そして、このような特徴があるからこそ、短時間で、あらゆる問題を合格レベルまで持っていける安定した力が付くのだと思います。
 最後に、先生に小論文を指導していただいた際「小論文はその人自身を映し出す。」という言葉を頂きました。これは、本当にその通りだと思います。受験生にとっては、【大学受験】という目の前に立ちはだかる大きな壁を乗り越えることが最優先課題であり、その為に日々努力をしていると思います。しかし、大学側(特にSFCの場合)はその先を求めているように思います。それゆえ、大学受験時には、受験勉強と並行して、自分の興味のあることについても勉強していくことが重要です。このことは、限られた時間の中で、莫大な量の勉強をこなさなければならない受験生にとっては大変困難なことかもしれませんが、結果的には小論文やその他の様々な受験科目の勉強とも繋がっていきます。特に、SFC受験者にはおすすめしたいです。皆さんのご健闘をお祈りします。



<添削担当者のコメント>
合格おめでとう!!
書いていただいた体験記を読むにつけ、今までの道のりが思いおこされるのです。
ほんとうに「SFCの小論文」の本質をついたご意見。
小手先のテクニックなどでSFCにたちうちできるわけがない。
論文とは何か、その「全体」がココに正確に要約されています。
合格するのは必然でしたね。
添削担当者がこの生徒さんから学ばせていただいたことがあります。
「小論文」の実力がついていくにつれ、「人間そのもの」が変わっていく、ということです。
「考え方」そのものが変わっていくと、受験に対する態度、言葉づかいすべてにわたって変化していくということです。

「要領よく有名大学に合格しちゃおう!」(こども)

「自分がほんとうに勉強したいことをやるためには、SFCじゃなきゃダメなんだ!」(おとな)

「要領よく合格」は偶然をたのむより他ないのですが、「しっかりした動機づけに基づく合格」は必然です。
そして、まさしくその「必然性」が、SFCというちょっと特殊な学部が受験生に求めているものなのです。その「本質」が見えていますね。
「イニシエーション(成人儀礼)としての大学受験」というものを、あらためて添削担当者に見せつけてくれました。
大学受験から、さらに将来に目を転じてみると、大学に入って、社会に出て、まだまだ伸びていくはずです。
「小論文指導」にはそのようなダイナミズムがある。
あらためて、添削担当者も初心にかえりました。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/03/13 19:07】 | 合格者の声 | トラックバック(0) | コメント(0)
合格者の声 〈ワレラ カク 戦ヘリ!〉


南山大学法学部 合格

愛知県 高卒認定試験  T・Hくん

受験に小論文が必要であったので、その対策をどうしようかと色々探し回りました。その結果、様々な候補が出てきたわけなのですが、そのどれもが決め手に欠けていました。そのため、「とりあえず、話でも聞いてみよう」という流れになり、最終的に一番感じが良いところに決めました。それが、フットプリンツ(通信添削であるが、実際には谷村先生による家庭教師に近い)でした。

最初の予想通り、谷村先生はソフトで人柄の良い先生でした。
例えば、こんなエピソードがありました。試験のために東京へ行った時に、わざわざ先生がボクのホテルまで来てくださり、古文の資料と先生のレクチャー、さらに激励をいただきました。(契約外のことでした)
また、不安になった時は、いつでも気軽に電話やメールで相談にのってくれました。時にその電話が白熱し長電話になることも…。
先生の「生徒第一主義」「仕事のための仕事はするな、生徒のために仕事しろ」というモットーを実感したしだいです。

講座についても、語りたいと思います。最初はなんとなくとった講座でしたが、率直に言いまして良い講座だなと感じます。というのも、問題ごとのテーマ(論理・構造・話題など)を読解で感じて論述で使うことで、そのテーマをしっかりと学べるように作られているからです。個人的には発展編(論理展開中心)がお気に入りです。
次に、解答根拠を書かせることも利点です。大抵の場合、理由があるから答えを導き出しますが、あらためてその理由を言語化させることによって頭が整理されていき、きちんとした知識として身につけやすいのです。

あらためて考えると、わがままな生徒で、先生には苦労をかけっぱなしでした。にもかかわらず、先生は最後まで見捨てずに、サポートしてくれました。先生には足を向けて寝られない状況です。皆さんも決め手に欠いたら先生に電話してみると良いと思います。

〈添削担当者のコメント〉

合格おめでとう!ほぼ一年、二人三脚で走ってきたような感じがします。「2ウェイ メソッド 現代文/小論文」の講座は、しり上がりにハードになっていきますが、全十六題をやり終えた最初の生徒さんです。鍛え上げた読解力と論述力は大学受験といった枠組みを飛び越えて、一生ものの力になっていくと思います。「ツライ」けれど「楽しい」、「ツラ楽しい」一年でしたね。

ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/03/16 17:57】 | 合格者の声 | トラックバック(1) | コメント(0)
合格者の声 〈ワレラ カク 戦ヘリ!〉


早稲田大学教育学部

上智大学外国語学部 合格


神奈川県  N・Nくん 


 私は、現役の頃特に現代文に苦手意識があり、高2の4月から現代文の授業を予備校で受けたり、自分で現代文の参考書を5冊もやりましたが、どうも成績はのびず、模試ではいつも国語の偏差値が30台から41,2ぐらいの成績しか取れず、当然ながら浪人することになりました。
 浪人生になってある塾に通い、谷村先生に出会い何かが変わりました。そこでは、谷村先生は古文の担当をなさっていましたが、古文だけではなく、現代文や受験のアドバイスもしてくださり、とても助かりました。その中で特に助かったのが、現代文の正確な読み方、攻撃的読解、そしてなぜ私が現代文ができないのかなどのアドバイスをしてくださったことです。そして何よりも、いろいろな先生に出会った私の経験上、谷村先生は他の予備校講師の誰よりも生徒を中心に考えている先生だと思いました。質問に行くと、嫌な顔ひとつせず、私が理解できるまで熱心に指導してくださいました。谷村先生に出会い、受験指導してくださったことを心から感謝しています。


〈添削担当者のコメント〉


 やはり、現場に立って直接指導するのは楽しいものです。
 毎回、熱心に質問してくれましたね。その質問が、
「単語集を覚えれば成績がのびますか」
「とにかく文法やれば成績がのびますか」
といった、受験生なら誰でもいだいている、お約束の質問でした。
「やったからといって成績はのびないけれども、やらないことには成績はのびない」
「文法・単語・敬語はただの道具。さっさと道具をそろえて、ゲーム(読解)をやろう」
などと答えたように思います。
本当に素直な性格だったのですね。わたくしが指導したことはきちんと修正していったのでしょう。毎週、質問のレベルが上がっていったように思います。しまいには、わたくしが困るぐらいの質問をしてきました。それが迷惑どころか、着実な成長がうかがわれて楽しくもありました。
 優先順位をおさえて正しいステップを踏んでいけば、しり上がりに成績はのびていきます。まさしく彼は身をもって証明してくれたわけです。合格は当然の帰結というわけです。






ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/03/14 03:00】 | 合格者の声 | トラックバック(0) | コメント(2)
合格者の声 〈ワレラ カク 戦ヘリ!〉


首都大学東京都市教養学部経営学科
(前期日程) 合格

 

新潟県立新潟南高校   H・Sくん



 僕がフットプリンツを受講し始めたのは十一月の中旬でした。第一志望は首都大ではなかったのですが、首都大の国語には小論文形式の設問が毎年課されており、また後期試験のためにもと思い申し込みを決めました。
 受講し始めると、自分の今までの国語の見方が180度変わりました。それからは、谷村先生に指摘いただいた部分だけでなく、自分でも自分の問題点を見つけられるようになり、苦手であった国語の勉強が楽しくなっていました。さらに、それまで小論文が課されている大学を避けていたのですが、自分にも小論文が書ける!と自信がついてから、大学選択の幅も広がりました。
 このように自分が短期間でこれほど変わることができたのは、谷村先生の丁寧で細かな指導のおかげであったとしみじみと感じています。
 僕のように、センターで失敗しても、地方の普通の県立高校でも、最後まであきらめずに頑張れば、首都圏の国公立大学に合格できます。
 自分の可能性を広げたい人、フットプリンツ受講をおすすめします。


〈添削担当者のコメント〉


 塾、予備校に通った経験はないとのことでしたが、添削をはじめて、かなり書く力があるな、と思いました。学校の学習をきちんとやってきた成果でしょう。
 書く力は十分ありましたから、記述解答の書き方では苦労しませんでしたね。古文、現代文の読解に集中して指導を進めてきました。だから、「点の取れるアピールの仕方」という最終段階まで、しっかりつめることができました。「教える/教わる」という上下関係ではなく、ともに戦いきった仲間、という感慨がこみあげてきます。合格、おめでとう!!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/03/09 21:59】 | 合格者の声 | トラックバック(0) | コメント(0)
合格者の声 〈ワレラ カク 戦ヘリ!〉
山形大学人文学部法経政策学科 合格  

山形県立鶴岡南高校 K・Oくん


僕は今年度、山形大学人文学部を受験しました。二次試験が小論文であることは知っていたのですが、苦手意識もあり、「とにかくセンター試験で点数をとることが先決だ」とセンター試験にむけての教科学習ばかりやっていました。

センター試験が終わり、いよいよ小論文とむかいあわなければならなくなり、焦りました。どうやって勉強すればよいか分からなかったからです。切羽詰まって、指導してくれる学習塾や家庭教師を探しましたがなかなか見つかりませんでした。そんな時、インターネットのホームページでワークショップ・フットプリンツを知り、わらをもつかむ思いで受講を申し込みました。電話で僕の事情を話すと、谷村先生は、時間がないので山大の過去問を中心に学習することを提案して下さいました。

一ヶ月足らずの短い期間でしたが、何度も丁寧に添削して下さり、また、電話やメールでの些細な質問にも親切に答えて下さいました。そのお蔭で山大に合格することができました。本当に感謝しています。

もっと早くワークショップ・フットプリンツのことを知り、基礎から小論文の書き方を学習できれば良かったとも思っています。
 

〈添削担当者のコメント〉

地元の公立高校から地元の国立大学へ!

塾・予備校には通わなくても、学校の勉強さえしっかりやっていれば合格できるのだ、というモデルケースだと思います。本当に素直な知性の持ち主でした。そのため、ピンポイントで指導したことは、必ず次回には修正してきました。普段の勉強で土台になる部分をしっかり作っていさえすれば、小手先のテクニックなど、短期間で習得できるというお手本ではないでしょうか。

読解について二点、「設問の指示を絞り込むこと」「解答ネタを絞り込むこと」、論述について二点「接続関係を明示すること」「指示語で文をつなげていくこと」、以上を集中的に指導しました。短期間ではありましたが、中身の濃い添削指導ができたと思います。当然、合格するものと確信していました。

早稲田大学法学部

早稲田大学文化構想学部

早稲田大学人間科学部 合格

私立桐蔭学園高校  M・Oくん

 私がfootprintsの谷村先生に初めてお会いしたのは受験直前期である十二月終盤の事でした。多浪の末の崖っ縁だったので、私自身相当追い詰められ、心身ともに疲労のピークにあったと思います。受験までわずか一か月、ここから自分が変われるだろうか、と不安を覚えながらも受講を始めました。
 しかし、先生の授業を通じて、自分に欠けていた古典文法の知識を的確に指摘して頂き、現代文の正確な読み方を指導して頂けた事で、「これさえ補えば受かる!」というポイントがはっきりと認識出来る様になり、受験に対する自信が湧いて来る様になりました。またfootprintsの教材は入試頻出の重要事項が非常に簡潔に編まれており、行き詰まりを感じていた国語学習の大きな助けとなり、受験会場での見直しにも効果を発揮しました。先生の、実力に裏付けられた指導もさる事ながら、温和な御人柄に緊張を解きほぐして頂いたおかげで、なかなか開ける事の出来なかった大学への扉を開く事が出来ました。国語学習にピリピリと不安を感じている人は、是非footprintsで合格可能な実力を磨いて下さい。

〈添削担当者のコメント〉
他の業者さんの通信添削を熱心に続けていたので、とにかく実力はありました。あちらこちら抜けている基礎事項を、短期間で集中して補うようにしました。「部分にこだわらず、常に全体を見わたすように」と何度も指導してきましたが、抜群の要約力、合格は当然の結果ですね。なにはともあれ、合格おめでとう!!

ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/03/19 10:30】 | 合格者の声 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。