大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の百二十五
<ゴー!ゴー! ぼくらの芹江選手!!>
来たる8月9日(月)、
東京水道橋は後楽園ホールで、亀戸の伴流ボクシングジムの芹江(せりえ)選手が、
スーパーバンタム級日本タイトルの防衛戦を戦います。

芹江選手は現在、WBA6位、WBC12位、世界ランカーにまで駆け上がっております。
いよいよ「世界」か…。

華麗な防御と強烈な打撃は「表裏一体!」
伴流BG芹江選手日本タイトル戦勝利の図!!(黒トランクス)
Wクリックで拡大して見ましょう。

↓  ↓  ↓




「しり上がり通信」でも何度か述べてきたとおり、「フットプリンツ」のカリキュラムの根底には「伴流」の教えが流れています。

常に全体を見わたして、部分に取り組む!!

フットプリンツの土台となっているコンセプトです。
「現代文/小論文」の同時並行演習、おそらく、愚直にやっているのはフットプリンツだけでしょう。
メンドクサイ!
シンドイ!
それなのに…なぜに?
それは、「しり上がり」の曲線を描いて駆け上がっていくため。
「現代文がわからないから、現代文だけ予備校で演習…」
って大学受験生、全国にたくさんおりますね?

「そもそも論」から「全体」を見わたしていきましょう。
「得点力をアップさせたい!」
それはスポーツだろうが、受験勉強だろうが同じこと。
で、
皆さんの学校、放課後、
シュート練習ばっかりやっているサッカー部って、あるでしょうか?
打撃練習ばっかりやっている野球部って、あるでしょうか?
ある…とすれば、
そのチーム、ほぼまちがいなく「弱いチーム」でしょ?
「だって、点数とりゃ、勝てるじゃん」
って、それがお子様の論理であることは、誰が考えてもわかるはず。
得点力を上げたい、ならば、ディフェンス、守備、防御の練習も「同時並行」してやるはずです。
先日のW杯、日本の活躍にはめざましいものがありました。
今まで得点力のなさをさんざん批判されてきた日本サッカーがウソのようでした。
つらつら、振り返るに、全員で徹底的に体を張って「防御」にいった、
その結果として「得点」できたと思いませんか。
ディフェンダーがしっかり守れば、
ミッドフィルダーは中盤でボールを支配できる、
そうすればフォワードは前を向いて攻めあがっていける、
と、
「攻撃/防御」は常に表裏一体です。
イチロー選手が典型ですが、
「打撃が優れているから、守備で捕球地点を先読みできる」
「守備が優れているから、どこに打てばヒットの確率が高いか判断できる」
ね?
それなのに、それなのに、
なぜ大学受験では「現代文しかないから現代文だけ」というリクツがまかりとおるのか?
あまりに「近視眼的」なのです。
まして、受験で小論文があるから、12月になって、「やっぱ小論文やんなくっちゃ」なんて言い出すのか?
目先のボールばかり追いかけているお子様のサッカーなのです。
ゲームにならない。
でも、ひとり、受験生のみの責任ではない。
塾予備校、「早稲田評論対策」「慶応小論文対策」って、「わざわざ」分けている。
国だって、「国語」と「国語表現」って、細分化したりして。
「部分しか」見ていない、見せていない。

晴れた日曜日、河川敷のグラウンドで少年野球をやっている。
見ていると、とても勉強になります。
「反面教師」として。
バッターが空振りすると、
「もっとワキしめろよ!ワキ!」
なんて怒鳴っている監督、コーチがいる。
「部分だけ見て、部分を指導する」典型ですね。
まちがってはいないでしょうが、練習でやれてこなかったものが、試合でできるわけない。
ワキが甘いのは「部分」であって、その現象に至る根本原因を掘り下げないまま、ただ目に見える「現象」、あるいは空振りという結果に対してワイワイ言ってる指導者ね。
自分が指導するトレーニングメニュー「全体」から「自ら」ふり返らなければならないのに、
「何やってんだ!バカヤロー!」
とか、怒鳴りつけている。
それは、アナタだって。

フットプリンツの指導の特色は、アタマの中身を「すべて」紙に書き出すところにあります。
「ノーミソに汗をかけ!」
と受講生には指導しております。
「記述解答」の結果だけ、つまり、「結果としての現象」、「部分だけ」手直ししてもしょうがないからです。
ぶっちゃけ、「解答」なんかできても、できなくても、どっちでもいい。
解答を導き出す過程のどこに問題点があるのか、それを探すために、「思考の全体」に添削担当者が分け入っていきます。
ガンに放射線療法が有効だからといって、病巣をつきとめないまま、体全体に放射線を照射するお医者はいない。
でも、塾予備校の講義、一般的通信添削、って、それと同じことをしていないかな?

いつでもどこでも誰にでもあてはまる方法論は、

常に「特定のわたし」にはあてはまらない。


だから、個人の思考に分け入っていく添削が必要なのではないかと、思うわけです。
「現代文」がなぜできないか、どこに問題があるのか、どうすればいいのか、って、「小論文」をみればイッパツ、浮き彫りになります。
ポンとボールを置いてみてください。
「このボールの中心軸を示しなさい」って言われたら、さて、どうします?
ボールを回転させれば、イッパツ、中心軸が現われます。
「こたえ」は運動の中にしかない。
なんとなく予習して、講義受けて、「成績のびません」って、
そりゃ、「ノーミソに汗かいていないから」です。
「運動」していない。
だから、フットプリンツの指導法は「現代文」だろうが、「小論文」だろうが、関係ない、
徹底的に「読んで書く!」、
受講生も添削担当者も「読んで書く!」、
その「運動」の中にしか「こたえ」はないからなのです。
で、
「結局、受験で小論文なんか使わなかったよ」
でも、その力が現代文の「得点力」になっているはずなのです。

と、コレが伴流ボクシングジムの「教え」なんですが、
わかるかな~?
わからない人は、8月9日の芹江君の試合、見て参考にしてくださいね。(深夜に放映するんじゃないかな)

ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/07/24 04:09】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
しり上がり通信 其の百二十四
<添削担当者(谷村) チームキムタツ関東支部懇親会にまたまた参加する!>
昨日、
チームキムタツ
(灘高校木村達哉先生を中心とした英語教師塾)
関東支部懇親会(in新宿)に参加させていただきました。
チームキムタツの先生方、
書店の参考書売り場にならんでいる『ユメタン』を作られた方々です。
今では全国700名を超える、
英語指導のプロ集団、
なぜか国語科のわたくしがポチッと参加させていただいております。
このたび、ベネッセお茶の水ゼミナールさんをお借りし、
「母と子の読み書き教室」を本格的に開講するむね、
あわせて「母と子の読み書き教室」について、
プレゼンさせていただきました。
錚々(そうそう)たるメンバーを前に、緊張!
参加メンバーの多さに腰を抜かした次第です。

チームキムタツの先生方、
貴重なお時間をいただき、
どうもありがとうございました!
他教科の先生方と「読解について」とか、
本質的な議論するのは、ほんとうにスリリングで有益、
添削担当者(谷村)も勉強させていただきました。

チームキムタツの先生方で、
「母と子の読み書き教室」をご支援してくださる方がいる、
ベネッセお茶の水ゼミナールの昔の仲間が、教え子が、
「母と子の読み書き教室」を応援してくれる、
ほんとうに己は果報者よ…と、
ありがたく思う次第です。

五月、いよいよ全国の小学生の「お母(父)さん」にむけて、
「母と子の読み書き教室」本格始動いたします。

みなさま、よろしくご指導、ご鞭撻のほど、
あらためまして、
よろしくお願い申し上げます。┏○゛ペコ

追伸
チームキムタツ関東支部岩手県人会も発足いたしました。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/05/02 09:45】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
しり上がり通信 其の百二十三
<添削担当者(谷村) チームキムタツ関東支部懇親会に参加する!>
本日、
東京 江東区立第一亀戸小学校にて、
「母と子の読み書き教室」開催!
一亀小「母と子の読み書き教室」

詳細はミクシィにて。
 ↓ ↓ ↓
ミクシィ『フットプリンツの日記』


校長先生、ご参加いただいたPTAのみなさま、
どうもありがとうございました。
その後、明日の亀戸六東町会さんでの「母と子の読み書き教室」の打合せをして、
いざ、新宿へ!!
灘高校木村達哉先生を中心とした英語教師塾、チームキムタツの関東支部の先生方に合流。
国語科にもかかわらず、英語科の先生方の懇親会に参加させていただきました。
同席したお隣の某高校の先生、
わたくしと同じ岩手県出身とお聞きし、
さっそく二人で
「チームキムタツ関東支部岩手県人会」
を発足させました。
同郷はいい!
今日、第一亀戸小学校さんで開催した「母と子の読み書き教室」、
日本初のこころみだと思うのですが、
ホットなところで先生方に報告させていただきました。
普段、教育現場の最前線にいらっしゃる先生方、
貴重なご意見をいただきました。
というか、
深く深く、共感してくださった先生もいらっしゃって、
あらためて、
「母と子の読み書き教室」実践してみてよかったな、
と、
思いを新たにしました。
チームキムタツ関東支部の先生方、
お仲間に加えていただき、どうもありがとうございました!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/02/21 01:06】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
しり上がり通信 其の百二十二
<「添削担当者」 「添削担当隊」になる!>

本日をもちまして、
「添削担当者」めでたく「添削担当隊」になります!
拙のブログでも紹介させていただいた、
早稲田大学・慶応大学・上智大学(法学部)総ナメ、
グランドスラム達成したフットプリンツの卒業生に、
添削をお手伝いしてもらうことになりました。

指導者とは、指導する者に乗り超えられるのが「役目」、
って、
何度か書いてきましたが、
まさしく、「添削担当者」を超えていった生徒さん。
まもなく冬季オリンピックが始まりますが、コレ見るとよくわかります。
「指導者を超えていないのに、オリンピックに出られるわけが…ない!」
でしょ?

添削担当者を超えていった添削担当者、まもなくご登場ねがいましょう。
英語は全国トップクラスの実力ですから、何かと受験生の相談にものってくれるのでは?
添削担当者(古)の英語レベルは、子供英検2級でしたからね。トホホ…
そういえば、
岩手の安比高原スキー場、添削担当者のホームゲレンデでしたが、
三沢の航空基地の米兵がよくくる、
で、
そこのハードなコースばかり滑っていたのですが、
ゴンドラに乗り合わせた通信兵の娘さん(ボーダー)に、
「ブラック ダイモン?」
ってきかれて、
「トーダイ 赤門?」
「ソウル 南大門?」
って、聞き返したバカタレがわたくしです。
「BlackDiamond?」
つまり、
「ココは危険なコースなのか?」
ときいていたわけです。
北米では、初心者立ち入り禁止のコースを「ブラックダイヤモンド」言いますね。
「アホか?」
と思ったことでしょうに…
と、
フットプリンツも国際化せねばなりませぬ!
グローバルに啓かれていかなくてはなりませぬ!!
そんなわけから、┏○゛ペコ「三顧の礼」をもって、フットプリンツの卒業生にお手伝い願いました。
「教え子と仕事する」
というのは、添削担当者(古)、積年の「夢」、
またひとつ、実現しそうです。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/02/10 17:51】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
しり上がり通信 其の百二十一
<添削担当者 合格祈願へ参る!>
昨日、ところの亀戸天神さまへ合格祈願に行ってまいりました。
振り袖姿の娘さんもいたりして、
なにか先行き、
明るさが垣間見えるのでした。

亀戸天神

ブログ読者の受験生のみなさんの合格を、
しっかり祈願してきました。
残された日は短いですが、
ラストスパート、
合格への坂道を「しり上がり」に駆け上がりましょう!

合格祈願
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2010/01/05 21:46】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。