大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の十五
「用言の活用」 〈形容詞・形容動詞の語幹構文〉

形容詞・形容動詞は語幹の独立性が強く、語幹をもとにいろいろな表現が作られていきます。古文を読解していくうえでおさえておかなければなりません。

語幹構文の解説の前に、形容詞・形容動詞の「語幹」と「活用語尾」をもう一度復習しておきましょうか。

「語幹」とは、活用しても形が変わらない部分、「活用語尾(以下、語尾と省略)」とは、活用にともない形が変わっていく部分。

ク活用形容詞「早し」なら、「語幹=はや」「語尾=く・から・く・かり・し…」。

シク活用形容詞「なつかし」なら、「語幹=なつかし」。以前に解説したとおり、シク活用形容詞は語幹と語尾を明確に分けることができません。でも、「語幹構文」としてひとくくりにした方が皆さんがラクチンだと思いますので、終止形と同じ「なつかし」を「語幹」として解説していきます。つまり、「ク活用形容詞の場合は語幹、シク活用形容詞の場合は終止形」として解説すると、構文が二つになって面倒でしょ?というだけのことです。

ナリ活用形容動詞「あはれなり」なら、「語幹=あはれ」、「語尾=なら・なり・に・なり…」。

さて、解説していきましょう。

 

★【形容詞・形容動詞の語幹を用いた感動、詠嘆の構文】


・「あな(感動詞)」+形容詞・形容動詞の語幹

感動、詠嘆(ああ~だなあ。なんと~ことよ。)


・あな、をさな   (ああ、子供っぽいことだなあ)

・あな、いみじ   (なんと、ひどいことだ)

・あな、あはれ   (ああ、悲しいことだなあ)


 

★【形容詞・形容動詞の語幹を用いた連体修飾の構文】


形容詞、形容動詞の語幹+「」+体言(名詞)

        =連体修飾(連体形の感覚で訳す)


・憎(にく)の男=憎き男   (憎い男)

・をかしの御髪(みぐし)=をかしき御髪   (すばらしい髪)

・とみの事=とみなる事   (急な用事)

 


★★★★【形容詞の語幹を用いた原因、理由の構文】…和歌のみで用いられる。


体言(名詞)+「」+形容詞の語幹+「(接尾語)」

        =原因、理由(名詞++形容詞+ので、)


・瀬を早み岩にせかるる滝川~   (瀬が早いので~)

・野をなつかしみ~   (野が離れがたいので~)


上智大学でよく出していますね。センター試験も早稲田大学も和歌大好き!…ということは出る確率、大なりですね。和歌でしか用いられない構文ですから。

ちなみに、和歌は定型、字数制限がありますから、よく省略がおこります。


      ・山高み … 山(を)高み   (山が高いので)

      ・逢ふこともなみだに浮かぶ我が身には~  

      (かぐや姫、あなたと逢うこともないので、悲しみのに浮かんでいる我が身には~)

       ※「涙」の「なみ」に「無み」が掛けられている。


と、だんだん難しくなるでしょ?いちばん難しいのは、ク活用形容詞語幹が「かな」で書かれた場合です。上記の例だと「瀬をはやみ」と「かな」で書かれると、途端に難しくなります。まして「なみだ」なんて掛詞になった日には、たまったものではありません。でも、そこをあやまたずうがってくるのが早稲田大学。早稲田大学の古文の難しさは「かな」だと、再三、口をすっぱくして言っておきましょう。

この構文、ク活用語幹の訳出のポイントは、

 

和歌で訳を聞かれて、訳せない「み」があったら、「し」をくっつけてみて、ク活用形容詞ではないか、確認してみる

 

です。上記の例なら「はやみ?→早し!」「なみ?→無し!」といった具合です。

かしこい受験生は戦略的にものごとを考えねば、ですよ。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/20 09:22】 | 古文の基礎 1-20 | トラックバック(2) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の十四
「用言の活用」 〈形容動詞〉

「形容動詞」とは、「様子、状態(あんなだ、こんなだ)を表現し、必ず「なり」「たり」で言い切る語」です。「もの」「こと」の「形容」をする、という点では「形容詞」と同じです。ただ、「動詞っぽく」活用するので、形容動詞。

形容動詞には「ナリ活用」と「タリ活用」の二種類がありますが、とにかく「ナリ活用」をしっかりおさえましょう。

「~に」がもともとの形、それにラ変動詞「あり」をくっつけて活用語にしました。

   「~にあら」 → 「~なら」

   「~にあり」 → 「~なり」

   「~にある」 → 「~なる」

   「~にあれ」 → 「~なれ」

よって、

 

形容動詞も、連用形「~に」をのぞけば、ラ変型活用語

 

なのです

 

【ナリ活用】

未然形  連用形  終止形  連体形  已然形  命令形

なら    なり    なり    なる    なれ    なれ

       に

 

【タリ活用】

未然形  連用形  終止形  連体形  已然形  命令形

たら    たり    たり    たる    たれ    たれ

       と

 

「タリ活用」は「堂々たり」のように、漢語にくっついて用いられます。そんなに出てくる活用じゃないので、まずは「ナリ活用」しっかり!です。

ちなみに、断定の助動詞「なり」が全く同じ活用をします。

両者は、文法の最終段階で最重要となってくる、三大識別問題「『なり』の識別」「『なむ』の識別」「『に』の識別」の「なり」「に」に決定的にかかわってきますから、くれぐれも活用しっかり!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/19 06:48】 | 古文の基礎 1-20 | トラックバック(1) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の十三
「用言の活用」 〈形容詞 2〉

【ク活用とシク活用】

語幹と活用語尾について。用言を活用させたときに、「幹(みき)」のようにどっしり動かない部分を「語幹」、活用にともない形をかえていく部分を語のシッポ、「活用語尾」といいます。

「良し」を活用させてみると、

 

(よ)く     (よ)く     (よ)

(よ)から   (よ)かり     ○

 

と、語幹「よ」、活用語尾「く」「から」「く」「かり」「し」と、語幹と語尾を分けることができます。同じノリで「うつくし」を活用させてみると、

 

(うつくし)く     (うつくし)く     (うつくし)

(うつくし)から   (うつくし)かり     ○

 

と、語幹「うつくし」、活用語尾「く」「から」「く」「かり」「活用語尾なし!(活用語である以上ありえない)」と明確に語幹と活用語尾を分けることができません。そこで、「よし」のような活用を「ク活用」、「うつくし」のような活用を「シク活用」といって区別しています。似ているけれども、終止形が決定的に違うんですね。

まあ、さほど重要というわけではないのですが、一応、活用が違うということだけはアタマのスミに置いておきましょう。形容詞の活用は「ク活用」をしっかりおさえ、「シク活用」は、それに「し」をくっつけるだけです。ただし、終止形だけは特殊、それでいいでしょう。「ク活用」「シク活用」の見分け方は、「は(係助詞)」「て(接続助詞)」にくっつけて「く」でくっつくのは「ク活用」、「しく」でくっつくのは「シク活用」といったところです。

語幹について、ク活用は上記、「良し」の「よ」を語幹としますが、文法説明上、シク活用については上記、「うつくし」の「うつくし」を語幹としていきます。シク活用については終止形と語幹が同じ形、として解説していきます。べつに重要でもなんでもないのですが、重要構文を解説するにあたり、約束事として最初に決めておきましょう。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/18 03:01】 | 古文の基礎 1-20 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の十二
「用言の活用」 〈形容詞 1〉

動詞をひととおりさらって、活用形の説明をしてきました。次に形容詞に入ります。

「形容詞」とは、「様子、状態(あんなだ、こんなだ)を表現し、必ず「し」で言い切る語」です。何か形容詞を思い浮かべてみてください。必ず「~し」で終止しているはずです。「いみじ」など、「じ」で終止するものも同じです。活用は「本活用」と「補助活用(カリ活用)」の二つがあります。

 

【形容詞の活用】

未然形  連用形  終止形  連体形  已然形  命令形

 (く)     く      し     き    けれ    ○    …本活用

 から    かり     ○    かる    ○    かれ   …補助活用

 

「本活用」とは、形容詞本来の活用です。下に助動詞がくるとき以外は、原則、本活用を使います。

「補助活用」とは、助動詞に接続させるために生まれた補助的な活用です。「形容詞」とは「ものごとの形容をする」、つまり、「もの」「こと」、体言(名詞)と相性がいいのです。それに対して「助動詞」は「動詞のお助け」ですから、動詞と相性がいい、よって、形容詞と助動詞はくっつきにくい。

   ・良く(連用形)+けり(連用形接続の助動詞)

とくっつけてみるとわかりますね。そんな形は存在しません。そこで、間に補助的に動詞「あり」を補います。すると、

   ・良く(連用形)+あり(ラ変動詞連用形)+けり(連用形接続の助動詞)

ホラ、くっついたでしょ?「良くありけり」→「良かりけり」、こうして補助活用が生まれました。他も同じ。「良くあらず」→「良からず」。「良くあるべし」→「良かるべし」。「良くあれ」→「良かれ」。と、補助活用ができました。

「あり(ラ変)」に接続する終止形接続の助動詞は存在しません。終止形接続の助動詞は全てラ変には連体形に接続します(上記の「良かるべし」)。よって補助活用の終止形は○。已然形接続の助動詞も存在しません。サ変の未然形、四段の已然形に接続する「り」はありますが…。だから已然形も○。

ここできちんとおさえておかなければならないのは、補助活用の定義です。

 

形容詞の補助活用…下に助動詞をともない、ラ変型に活用する。

 

例外もありますが、それは後に助動詞のところで述べましょう。のちのち終止形接続の助動詞、特にも「撥(はつ)音便の無表記(良かなり→良かんなり)」のところで受験生、いっせいに「わからんわからん」と言い出すので、ここでしっかり補助活用の定義をおさえてください。くどいようですが形容詞補助活用は「ラ変型活用語」ですよ!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/16 18:38】 | 古文の基礎 1-20 | トラックバック(2) | コメント(1)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の十一
「用言の活用」 〈活用の確認〉

前回、活用形の基本的な意味をたどりました。では、実際に動詞を活用させてみましょう。動詞の活用を確認する手段として知っておくとよいです。

 

未然形…未然形接続の助動詞「ず」につなげてみる。

連用形…連用形接続の助動詞「たり」、連用形接続の接続助詞「て」につなげてみる。

終止形…「~。」で言い切る。

連体形…体言(名詞)「こと」や「とき」につなげてみる。

已然形…已然形接続の接続助詞「ども」につなげてみる。

命令形…「~!」と命令してみる。

 

どれを使ってもよし。自分が活用させやすいパターンを作っておくとよいでしょう。以下はあくまで一例です。

 

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

   ○たり  ~  ○とき  ○ども  ~

 

たとえば、以前、練習問題でやった「立つ」だったら、

 

立た 立ちたり 立つ 立つとき 立てども 立て…四段活用

立て 立てたり 立つ 立つるとき 立つれども 立てよ…下二段活用

 

などという具合に活用を確認してみるといいですね。

早稲田大学商学部のように「次の語を活用させ適当にならべかえなさい」と、古文作文のような問題を出すところでは、特にも注意が必要です。「寝(ぬ)」はナ行下二段活用ですから、「寝(ね)るとき」ではなくて「寝(ぬ)るとき」、「経(ふ)」はハ行下二段活用ですから、「経(へ)るとき」ではなくて「経(ふ)るとき」、など、シンプルだけれど、受験生が簡単にひっかかるところですよ。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/15 18:15】 | 古文の基礎 1-20 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。