大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の三十五
「敬語」 〈敬語動詞を覚えよう!〉

 

【尊敬】(謙譲と二マタをかけるグループ)


 活用    種類      意味              平常語

まゐる(参る)     四段    本動詞     召し上がる          飲む・食ふ

 

たてまつる(奉る) 四段    本動詞     召し上がる          飲む・食ふ

                                  お召しになる         着る

                                  お乗りになる         乗る

 

※詳細は「『古文の基礎』其の二十七」で述べました。本文に出てきたら確実に設問になります。

 

【尊敬】(その他、本動詞でしか使われないもの)

 

      活用    種類      意味          平常語

ごらんず(御覧ず)    サ変   本動詞     御覧になる       見る

 

きこしめす(聞こし召す) 四段   本動詞     お聞きになる      聞く

                                      召し上がる       飲む・食ふ

                                      お治めになる      治む

 

しろしめす(知ろし召す) 四段   本動詞     お知りになる      知る

                                      お治めになる      治む

 

めす(召す)        四段    本動詞    お呼びになる       呼ぶ

                                      お取り寄せになる    取り寄す

                                      召し上がる        飲む・食ふ

                                      お乗りになる       乗る

                                      お召しになる       着る

 

おほとのごもる(大殿籠る)四段   本動詞    おやすみになる     寝(ぬ)

 

つかはす(遣はす)     四段   本動詞   (人を)おやりになる  (人を)やる

                                      (物を)おやりになる   与ふ

 

あそばす(遊ばす)   四段   本動詞  (詩歌・管弦などを)なさる す(詠むなど)

 

 

以上、

尊敬はこんなところでしょう。プリントアウトしてマーカーでチェック入れて机の前、トイレの壁にでも貼って、一週間ぐらいで覚えてしまいましょう。アタマに入ったらあとはハナ鼻をかんで捨ててください。

一覧表の暗記は電話帳を暗記するようなもの、片っ端から忘れます。でも、それでいいのです。ダ・カ・ラ、古文読解を並行してやる必要があるのです。「何だっけ?」→文脈の助けを借りて思い出す。「何だっけ?」→文脈の助けを借りて思い出す。そのくりかえしで定着していきます。一覧表的(単語集的)知識は「死んだ知識」、使いものになりません。学校、塾予備校での古文読解をおろそかにしてはいけませんよ。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/08 14:11】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の三十四
「敬語」 〈敬語動詞を覚えよう!〉

 

【尊敬】(「言ふ」尊敬グループ)

                活用     種類       意味              平常語

のたまふ(宣ふ) 四段      本動詞     おっしゃる           言ふ

のたまはす     下二段     〃         〃               〃

おほす(仰す)   下二段     〃        おっしゃる・命じなさる   言ふ・命ず

仰せらる      下二段     〃         〃     〃        〃  〃

 

※ 「宣ふ」 < 「宣はす」(敬意強)

   「仰す」 < 「仰せらる」(敬意強)

でしたね。

ちなみに、助動詞「る」「らる」の意味で、「仰せらる」がつっこまれることがありますが、「仰せらる」の「らる」は楽勝!尊敬に決まりです。

 

【尊敬】(「思ふ」尊敬グループ)

活用   種類     意味           平常語

おぼす(思す)         四段   本動詞    お思いになる        思ふ

おもほす(思ほす)      〃     〃        〃             〃

おぼしめす(思し召す)   〃     〃       〃              〃

 

※ 「思ひ給ふ」 < 「思す(思ほす)」(敬意強) < 「思し召す」(敬意最強)

「思し召す」は最高敬語とは言いませんが、ほぼ、準じたあつかいになります。皇族、もしくは摂関レベルの人が主語でしょう。

 

※敬意の強さの違い、および使い方については「『古文の基礎』其の三十一」を参照してください。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/07 18:04】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の三十三
「敬語」 〈敬語動詞を覚えよう!〉

 

【尊敬】(「あり」尊敬グループ)    

                           活用

おはす(御座す)             サ変

 

おはします(御座します)      四段

ます                    

います                  

まします                 〃 

 

いまそ(す)か(が)り       ラ変

  

種類     意味                   平常語

本動詞    いらっしゃる・おいでになる      あり・行く・来

補助動詞   ~ていらっしゃる

 

※個々にみれば「あり」尊敬、「行く・来」尊敬、など、いろいろ違いはあるでしょうが、メンドーですね?なんだろうがかんだろうが、本動詞だろうが補助動詞だろうが、すべて「いらっしゃる」と訳せばすんでしまうグループです。カンタンでしょ?
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/07 17:07】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の三十二
「敬語」 〈敬語動詞を覚えよう!〉

さあ、敬語を仕上げますよ!

同じグループ、対立するグループでグループ分けしながらまとめていきます。一時間もあればおさえるでしょう。一度身につければ、古文読解するたびに敬語の練習ができるわけですから、早く早く身につけたほうがゼッタイお得!!

 

【尊敬】(「与ふ」尊敬グループ)    

たまふ (給ふ・賜ふ)

たぶ (給ぶ・賜ぶ)

たうぶ (給ぶ・賜ぶ)

 

活用     種類     意味             平常語

四段     本動詞    お与えになる・下さる    与ふ

        補助動詞   ~なさる・お~になる

 

たまはす(給はす・賜はす)

 

活用     種類     意味             平常語

下二段   本動詞    お与えになる・下さる      与ふ

 

※「たまふ」「たぶ」「たうぶ」は補助動詞の用法までまったく同じ。意外な感じはしますが、「たぶ」「たうぶ」はびっくりするぐらい出題されます。そんなに難しい感じはしないでしょ?ところが、「かな」で書いて活用すると…。

 

例1.かの衣の質(しち)かへしたべ。

  (あの預けておいた衣をお返しください。)

例2.深き山にすてたうびてよ。

  (深い山に捨ててしまってください。)

 

1.「返す」にくっついて尊敬の補助動詞「給ぶ」命令形。「何か食べたのか?」とか…

2.「捨つ」にくっついて尊敬の補助動詞「給(う)ぶ」の連用形、「てよ」は完了の助動詞「つ」命令形。「旅にでたのか?」とか…

これを読んでいるキミは「あほか」と思って読んでいるでしょうが、ひっかかるんだな、これが…。早稲田大学は「かな」のむずかしさだとサンザン述べてきました。このように、シンプルだけれどひっかかる、ってやつが大好きなんですね。くれぐれも「活用した」カタチに注意してください。五者択一、二者択一までしぼる「小ネタ」として使えますよ!

 

※「たまはす」は「給ふ」の敬意を強めた形。補助動詞の用法はありません。

「たまはす」と「たまはる」(「受く」謙譲・いただく)をよくひっかけますね。わかっちゃいるけどひっかかりますよ。設問にならなくたって、動作は正反対ですから、読み違えると人物関係を読み違えていきます。結局、どこかの設問でひっかかることになってしまいます。要注意!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/07 16:35】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の三十一
「敬語」 〈敬意の強さを読みわけよう!〉


【敬意の強さの違い】

訳は同じ、ただし敬意が強まります。


                 → 敬意が強くなる

「見る」尊敬・見給ふ  → 御覧ず(御覧になる)

「思ふ」尊敬・思ひ給ふ → 思(おぼ)す → 思し召す(お思いになる)

「言ふ」尊敬・のたまふ  → のたまはす(おっしゃる)

「言ふ・命ず」尊敬・仰す → 仰せらる(おっしゃる・命じなさる)

「あり・をり」尊敬・おはす → おはします(いらっしゃる)

「与ふ」尊敬・たまふ  → たまはす(お与えになる・下さる)

「言ふ」謙譲・聞こゆ  → 聞こえさす(申し上げる)

 

 

これらをおさえると次のような使い方ができます。

 

例・「 ~ 」とのたまはす

※「のたまはす」と強い尊敬表現になっているので、自分が読んでいる文脈でいちばん偉い人話しているのだろう。

 

例・「 ~ 」など聞こえさす

※「聞こえさす」と強い謙譲表現になっているので、自分が読んでいる文脈でいちばん偉い人話しているのだろう。いちばん偉い人が聞いているのだろう。

 

作品によりけり、ケース バイ ケースです。とはいえ、人物関係を把握する大きなヒントになります。文法事項は「道具」として自由に使えるようにならないと…でしたね。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/05 17:07】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。