大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の二十五
「敬語」 〈敬意の方向 3〉

〈本動詞/補助動詞〉

動詞の定義を確認しておきましょう。動詞とは「動作・存在」を表現する語でしたね。

コミュニケーション(モノのやりとり・コトバのやりとり)で多用される動詞は敬語表現をもっています。

  ・「与ふ」 → 尊敬「給ふ」 謙譲「奉る」

  ・「言ふ」 → 尊敬「のたまふ」 謙譲「申す・聞こゆ」

ところが、すべての動詞が敬語表現をもっているわけではありません。ほとんどの動詞は敬語表現をもっていないのです。

  ・「書く」 → 尊敬なし 謙譲なし

そこで、尊敬の代表選手「給ふ」、謙譲の代表選手「奉る」などが動詞にペタッとくっついて「尊敬」「謙譲」あるいは「丁寧」の敬意のみを補助してやります。

  ・書き給ふ

  ・書き奉る

  ・書き侍り

この表現で「動作」を表現しているのは「書く」ですね。「給ふ」「奉る」「侍り」は動作も存在も表現していません。敬意のみ補助する、このような敬語動詞を「補助動詞」とよんでいます。それに対して、動作・存在を表現する、本来の動詞として使われる敬語動詞を「本動詞」とよんで区別しています。

 

【本動詞/補助動詞】

・(動詞なし)敬語動詞   → 本動詞

動詞 + 敬語動詞   → 補助動詞

 

敬語動詞が出てきて上に動詞がなかったら本動詞、動詞にくっついていたら補助動詞と、基本的には、考えましょう。断定の表現(~である)、状態の表現(~している)など、例外はいくらでもありますが…。それは後のハナシにしましょう。

 

尊敬の補助動詞 = ~なさる・お~になる・~していらっしゃる

謙譲の補助動詞 = お~申し上げる

丁寧の補助動詞 = ~です・ます

 

これでだいたい敬語表現は訳せるはずです。

 

 

例 〈かぐや姫は〉おほやけ(帝)に 御文   奉り     給ふ

(かぐや姫は帝にお手紙を      差し上げ  なさる)

 

「奉る」=本動詞(上に動詞がない)

「与ふ」謙譲・差し上げる

作者(地の文)から帝(動作の受け手)への敬意

 

「給ふ」=補助動詞(上に動詞がある)

尊敬の補助動詞・~なさる

作者(地の文)からかぐや姫(「奉る」動作をする人)への敬意。

 

尊敬表現、動作をする人への敬意。謙譲表現、動作の受け手への敬意。とはいえ、補助動詞自体は動作の表現ではないので、上にある動詞の「する人」「される人」を考えてください。

ちなみに、二方面(する人、される人)に敬意を表す場合は必ず「謙譲+尊敬」でしたね。確認してください。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/01 15:00】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の二十四
「敬語」 〈敬意の方向 2〉

「敬意の方向」をおさえたところで、現代語で敬語の練習をしてみましょう。みなさんが物語の作者の立場に立って、次の文を現代語で言いかえてみてください。

 

「太郎が次郎に話す。」

 

・太郎に敬意を表すと? → (                   )

・次郎に敬意を表すと? → (                   )

・読者に敬意を表すと? → (                   )

・太郎と次郎に敬意を表すと? → (                   )

 

できましたか?

 

〈太郎に敬意〉

「太郎」は動作する人ですから、尊敬表現にします。「敬語」とはすなわち「敬語動詞」、動詞をいじっていきます。「話す」は尊敬表現「おっしゃる」、

・太郎が次郎におっしゃる

あるいは尊敬の補助動詞を用いて、

・太郎が次郎に話しなさる

・太郎が次郎にになる

でもよし。

 

〈次郎に敬意〉

「次郎」は動作の受け手(動作される人)ですから、謙譲表現にします。「話す」は謙譲表現「申し上げる」、

・太郎が次郎に申し上げる

あるいは謙譲の補助動詞を用いて、

・太郎が次郎に話し申し上げる

でもよし。

 

〈読者に敬意〉

話し手から聞き手、書く人から読む人へ敬意を表すときは丁寧表現、

・太郎が次郎に話します

 

〈太郎と次郎に敬意〉

「太郎」は動作する人、尊敬表現を用います。「次郎」は動作の受け手、謙譲表現を用います。で、問題はここからです。尊敬と謙譲はどういう順番になりますか。

(ダメ!)・太郎が次郎におっしゃり申し上げる。

「おっしゃり(尊敬)」「申し上げる(謙譲)」という順番になることは古文、現代語を通じてありません。正解は、

・太郎が次郎に申し上げなさる

・太郎が次郎に話し申し上げなさる

と、必ず「謙譲 + 尊敬」の順番になります。

 


【二方面への敬語】

 

二方面(動作する人、される人)へ敬意を表す = 謙譲尊敬

 

「尊敬+謙譲」の順になることはゼッタイありません。敬語動詞がどのような順番をとるか、上智大学で出題しています。早稲田大学商学部、「次の語を活用させ適当に並べかえなさい」といった古文作文で出題する可能性、大ですね。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/01 12:49】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の二十三
「敬語」 〈敬意の方向 1〉

「用言の活用」「係り結び」をひととおり終えたところで、敬語の講義に入ります。「敬語」とは、すなわち「敬語動詞」、動詞ですから、ここにいたって動詞の活用がわからないようでは困りますよ。

まずはじめに、「敬意の方向」から確認しましょう。なぜ「敬意の方向」をおさえなければならないのか?

考えてみてください。我々が読む古文、特に平安の古文、どのような人が書いたものでしょう?当時、文字をかけた人、和歌を詠めた人、って、そう、貴族階級の人たちなんですね。そのような人たちが身のまわりのことを日記、随筆、物語にしていったものを我々は「古文」として読んでいるわけです。つまり、古文は階級社会(上下関係)の中で書かれているということです。当然、人物関係はその上下関係を色濃く反映していきますね。

古文を読んでわかりづらいのは、いろいろありましょうが、やはり人物関係なのです。また、「主語の問題」「会話主の問題」によくなります。敬語はそれらを判断するうえで、決定的な役割をはたします。敬語がわかるから人物関係が全てわかる、わけではありませんが、敬語がわからないことには人物関係もわからんでしょう。人物関係の把握、そのいちばんキソになっていくのが「敬意の方向(誰から誰への敬意か)」なのです。

 

【敬意の方向】

 

尊敬(~なさる・お~になる)

語り手(作者・話し手) → 動作をする人

 

謙譲(お~申し上げる)

語り手(作者・話し手) → 動作の受け手・動作をされる人

 

丁寧(~です・~ます)

語り手(作者・話し手) → 読者・聞き手

 

〈誰からの敬意か?〉

これはカンタン。その文をもともと考えた人からの敬意です。「地の文(作者自身が書いている文。本文のいちばん下地となる文)」なら作者からの敬意。「会話文(だいたい「カギカッコ」をつけてくれます)」なら話してからの敬意。「手紙文」なら手紙を書いている人からの敬意。

 

〈誰への敬意か?〉

まず、「尊敬・謙譲」と「丁寧」とは別な敬語法だと考えてください。「尊敬・謙譲」は話題に出てくる人物(マンガでいえばフキダシの中の人物)に対する敬意を表します。

「丁寧」は話題中の人物には関係ありません(フキダシの中の人物には関係ない)。自分の話を読む人、聞く人への敬意を表します。

 

〈尊敬〉

動作をする人への敬意を表します。

 

〈謙譲〉

気をつけなければならないのは謙譲です。敬意の方向がきかれる場合も、だいたい謙譲がきかれるはずです。ここで注意すべきは


謙譲表現は低める表現ではない、高める表現だ!


ということです。ただし、「動作の受け手(動作される人)」を高めます。

(ダメ!)動作する人を低めることによって相対的に受け手を高める

なんて解説、よくやっていますが、こんなものを信じてはいけません。回りくどいだけです。「謙譲表現は受け手を高める」これでおしまいです。

 

〈丁寧〉

これはコミュニケーション(言葉のやりとり)関係の中で使われる敬語です。書く人から読む人(マンガや小説なら読者)への敬意、話す人から聞く人への敬意です。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/30 19:31】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(3)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の二十二
「係り結び 4」

★★★【「もぞ~連体形。」「もこそ~已然形。」の悪い予測を表す表現】

 

  もぞ~連体形。

  もこそ~已然形。

 =悪い予測(~するといけない・~すると困る・~したら大変だ)

 

・門(かど)よく鎖(さ)してよ。雨もぞ降る(四段活用「降る」の連体形)。

(門をしっかり閉めてしまいなさい。雨が降ったらいけないから。)

 

・烏(からす)などもこそ見つくれ(下二段活用「見つく」の已然形)。

(烏が見つけたら大変だ。)

 

「もぞ」「もこそ」がただの強調で使われる場合もよくあります。その場合は特に訳す必要はないでしょう。

近年、古文はベタな問題が出題される傾向にあるので、どこの大学でも出る可能性、大ですね。選択肢問題なら当然ゲット、記述になったときは、点差が開くので死んでも点数落とせませんよ。なにしろ記述は配点が高いですからね。

早稲田大学、上智大学では当然、ヒネリが入ってくると考えてください。ベタな口語訳を出したところで、このレベルの受験生の間で点差が開くはずがないでしょ?早稲田大学、上智大学で出題するなら、どう出すと思いますか…?かしこい受験生はそこまで考えなくてはいけません。

そう、もし出すなら、虫食い問題にします。いかにも上智大学とかやりそうでしょ?試しに問題にしてみましょうか。

 

問 空欄部を補うのにもっともふさわしい語句をのちの選択肢より選べ。

・門よくさしてよ。雨(   )降る。

 1 さへ   2 なむ   3 もぞ   4 だに

 

なんて、副助詞を選択肢に入れてやると、なかなかシブイ問いになるでしょ?つまり、文脈が読めていて、なおかつ文法事項も正確におさえていないと解けません。

以前、『受験生の心がまえ』で「やったレベル」、「知っているレベル」、「点数にできるレベル」は雲泥の差があるのだ!という話をしました。わかりますか?「点数にできるレベル」というのは、上記の問い、文脈がもっと難解になっても楽々クリアできる人のことをいうのです。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/29 17:09】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の二十一
「係り結び 3」

「係り結び」とはいうものの、きちんと結ばないではないか!という場合もあります。

 

 

★【結びの流れ】

係助詞「ぞ」「なむ」「こそ」の結びとなるはずの語が、接続助詞(「て」「ば」「ども」等)を伴った場合、接続助詞の接続にしたがい、係助詞の結びが流れてしまう場合があります。この場合、「連体形(已然形)で結べ!」という係助詞の約束は関係なくなってしまいます。


   ・花こそ咲きけれ。さるに人は来ず。

       ↓

  ・花こそ咲きける、人は来ず。(花が咲いたのに、人は来ない。)

  

「けり(過去の助動詞)」は、接続助詞「に」が連体形接続であるため「ける(連体形)」となり、係助詞「こそ」の「已然形で結べ!」という制約はなくなってしまいます。チラッとしか見ていませんが、今年の入試、早稲田大学政経学部で出題していたんじゃないですか?ん~、シブイ!

 

 

★★★【「こそ~已然形」の強調逆接構文】

「こそ~已然形。」の形で文が終われば単なる強調ですが、「こそ~已然形、~」の形で下の文に続いていくと逆接(~が、~ものの、~のに、~けれど、)していきます。


   ・中垣こそあれ、一つ家のようなれば、(中垣はあるものの、一軒の家のようなものなので、)

 

傍線部訳の選択肢問題、傍線部にこの表現があったなら、選択肢はまっ先に逆接で洗ってみてください。だいたい二者択一にしぼれるでしょう。

ちなみに逆接で洗っていったら、それだけで正解が出てくるという問題を上智大学でも早稲田大学でも出題しています。意外でしょ?しかし、ほとんどの受験生がこのような使い方をしていません。トホホ…。

和歌の場合、句読点は打たないので

「こそ~已然形。(句切れ)」…ただの強調

なのか

「こそ~已然形、~」…下に続いて逆接

なのか自分で判断しなければいけません。前後があいいれない、矛盾する関係だったら逆接で解釈し、そうでもなければただの強調、訳す必要はありません。どうです、ムズカシイでしょ?以前、『古文のツボ』でもさんざん述べましたが、受験生、最後の最後は「和歌の勝負」、と今から肝に銘じておきましょう。詳細は和歌の項で述べましょう。

 
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/04/28 13:55】 | 古文の基礎 21-40 | トラックバック(1) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。