大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の五十
「助動詞」 〈「む」のいろいろな意味〉

さあ、おいしいところに入っていきます。助動詞「む」のいろいろなバリエーションの訳、本当によく出ますよ。記述で出すと、かなり難しいでしょう。だいたい選択肢問題です。

短文で理解して丸暗記しても、おそらく使いものにならないでしょう。どれもこれも文脈の中で訳していく表現ですからね。受験生、最後の最後は演習量の勝負!と、「古文のツボ」で試験直前の受験生に訴えてきましたが、以下の内容を見ればその理由がわかるはずです。いずれも悩ましいヤツらですが、だからこそガンガン文脈を読んで悩んでいきましょう。

 

【「こそ~め」適当】★★★

会話文、手紙文(つまり、顔見知りの関係)、相手に何か勧(すす)めているような文脈、相手(聞き手・読み手)の動作について使われていたら「こそ(係助詞)~め(「む」已然形)」は適当(~のがよい・~しないか・~したらどうだ)で訳しましょう。

 

(会話文・手紙文)

「~こそ (相手の動作) 

      =適当(~のがよい・~しないか・~したらどうだ

 

例 (光源氏が病気になって、ある人がすぐれた優れた修験者を紹介する文脈)

「とくこそ試みさせ給は

(はやくお試しなさるのがよい。)

※会話文で、相手の動作(「試みる」)について「こそ~め」と用いられていることを確認しましょう。場合によっては当然(~はずだ)で訳した方がいい場合もあります。

 

※「こそ~め」は必ず適当で訳せ、ということではありません。ほとんどの「こそ~め」はただの推量・意志でしょう。あくまで文脈の中で訳していく表現です。

ただし、わざわざ傍線部訳が求められ、「こそ~め」とあったら適当を疑ってみたほうがよいでしょう。大学受験生、戦略的にものごとを考えねば、ですね。

 

【「連用形+てむ・なむ」強い推量・強い意志・可能推量・適当】★★★★★ 

強意の助動詞「つ」「ぬ」で、「む」を強めた表現。助動詞「む」をさらに強めた助動詞に「べし」があります。つまり、「連用形+てむ・なむ」って、助動詞「べし」と似たような意味になるんですね。

 

連用形 + (「つ」未然形)+   

        (「ぬ」未然形)

         

    1.強い推量(きっと~だろう・~にちがいない

    2.強い意志(きっと~しよう・~してしまおう

    3.可能推量(~できるだろう

    4.適当(~するのがよい)場合によっては当然(~べきだ

      ※「連用形+てむ・なむ」=「べし」とおさえるとよいでしょう。

 

例 1.髪もいみじく長くなりなむ

(髪もきっとたいそう長くなるだろう。)

 ※四段「成る」連用形に接続。

  2.御船返してむ

(船をもどしてしまおう。)

 ※四段「返す」連用形に接続。

  3.飛び降るとも降りなむ

(飛び降りても降りることができるだろう。)

 ※上二段「降る」連用形に接続。

  4.心づきなきことあらむ折は、なかなかそのよしをも言ひてむ

(気にくわないことがある時は、かえってそのわけを言うのがよい。)

 ※四段「言ふ」連用形に接続。

※難しいのは例3.「降(お)る」のように、未然連用同形の形に接続した場合です。上一段、下一段、上二段、下二段は未然連用同形です。

  ・未然形+「なむ」=他に対する希望を表す終助詞「なむ」(~してほしい)

  ・連用形+「なむ」=助動詞「ぬ」未然形「な」+助動詞「む」

こうなったら文脈から判断するしかありません。実戦ではほんとうによく問われるところです。後々、「『なむ』の識別」のところで徹底的に解説していきます。

 

【「連用形+てむや・なむや」勧誘・反語】★★★

 

連用形+(「つ」未然形)+(推量・終止形)+(終助詞)

(「ぬ」未然形)   

=1.勧誘(~してくれないか・~したらどうだ・~しないか

2.反語(~だろうか、いや~ない・~できようか、いや、できない

 

・会話文、手紙文で人に何かお願い、あるいは勧めている文脈で、相手(聞き手・読み手)の動作について使われていたら勧誘で訳しましょう。判断基準は上記の「こそ~め」の適当と同じです。

 

例1.「御弟子にせさせ給ひなむや

(〈あなたの〉お弟子にして下さらないか。)

※「弟子にする」のは相手(聞き手)の動作。

 

・反語で訳す場合もよくあります。会話文、手紙文だったら勧誘・反語どちらともいえませんが、地の文で使われていたら、おそらく反語でしょう。だって、作者が読者に「~してくれないか」というのはありえませんからね。

 

例2. いかならむ世にも、かばかりあせはてむとはおぼしてむや

(どんな世でも、これほど荒廃してしまおうとはお思いになったであろうか、

                        いやお思いにならなかったろう。)

 

以上、どれでも臨機応変、文脈に応じて自由に訳せるようにしておきましょう。勝負の決め手は「場数」です。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/25 16:25】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(1) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十九
「助動詞」 〈「む」の基本的な意味〉

基本はカンタン、推量(~だろう)と意志(~しよう・~するつもりだ)です。婉曲(~ような)仮定(~としたら、その~)は訳しても訳さなくてもどうでもいいヤツですから、気にするにはおよびません。さらにくわしく見ていきましょうか。

基本的には次のようなちがいがあります。

 

・自身の未来の動作 … 意志(~しよう・~するつもりだ)

・他者の未来の動作 … 推量(~だろう)

 

「私は早く帰ろう(意志)」、「彼は早く帰るだろう(推量)」という表現はありますが、「彼は早く帰ろう」という表現はおかしいですね。ということは、意志は基本的に自身の動作に用いられる、ということです。

婉曲・仮定はどうでもいいです。「む(連体形)+体言(名詞)」の形で用いられます。一応、例をあげておきましょう。

 

例 行かこと難(かた)し。

   婉曲 (行くようなことは難しい。)

   仮定 (行くとしたら、そのことは難しい。)

   訳さない (行くことは難しい)

 

※普通は訳さないんじゃないでしょうか。たまに、仮定で訳した方がいいかな、という場合もありますが、まあ、気にしなくていいです。

 

以上、「む」の基本的な意味はカンタンなのですが、他の助動詞と複合して多用な意味が派生します。これはめちゃくちゃ出ます。次回、それをたどってみましょう。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/23 11:09】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(2) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十八
「助動詞」 〈ず・じ〉

今回はさもない助動詞ですから、助動詞の活用表をかたわらにおいて、おせんべでもかじりながら読んでください。

【「ず」】

意味は打消、「~ない」と訳すだけ、な~んにも難しいことはないですね。「ず」は活用が問題になる助動詞、活用をしっかり言えるようにしてください。

完了・強意の「ぬ」との識別が問われますが、助動詞「ぬ」は連用形接続ですから、接続が決定的にちがいます。

ただし、未然・連用同形の動詞、上一段・下一段・上二段・下二段は接続をみてもわかりませんから、さらにその下から判断してください。

 

例 過ぎ

例 過ぎぬる

 

ガ行上二段活用動詞「過ぐ」、未然形と連用形は同じ形ですから、上を見ても判断できませんね。だったら下を見る。「時」と体言(名詞)がきてますから、連体形がくるはずですね。連体形に「ぬ」がくるのは打消「ず」、連体形に「ぬる」がくるのは完了「ぬ」、ね、難しくないでしょ?

難しくないといっても、死んでも両者を取り違えることは読解をする上では許されません。ある動詞に「ぬ」「ね」などがくっついて「やった」と読むのか、「やらない」と読むのか、文脈は180度反転してしまいます。たかだかひらがな一字二字で、文脈を読み違えてしまいますからね。アブナイ、アブナイ…。

それと、打消「ず」の「ざり系列」と言われる「ざら・ざり・○・ざる・ざれ・ざれ」はもともと「ず+あり」からできていますから、ラ変型活用語ですからね。先々、撥音便のところで問題になりますから、しっかりおさえておいてください。

 

【じ】

「じ」は推量・意志の助動詞「む」の正反対。

 

む=推量(~だろう)・意志(~しよう)

   ↑

   ↓

じ=打消推量(~ないだろう)・打消意志(~しないつもりだ・~するまい)

 

活用はないし、楽勝!

注意するべきは、呼応(陳述)の副詞「よも」との呼応です。

よも(副詞)~(打消推量) = まさか~ないだろう

副詞の虫食い問題の王様です。呼応(陳述)の副詞は打消と呼応するものが多いでしょ?

・え(副詞)~打消 = 不可能 ~できない

・さらに~打消 = まったく~ない

・をさをさ~打消 = 少しも・めったに~ない

とやっているものだから、「よも~打消」とやりがちです。虫食い問題の典型的なひっかけパターンです。「よも」は打消推量「じ」としか呼応しません。

ちなみに、青山学院大学、学習院大学など、大好きなところですよ。

呼応の副詞についてはいずれまとめましょう。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/22 14:53】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(1) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十七
「助動詞」 〈す・さす・しむ〉

【「す」「さす」「しむ」の意味の見分け方】★★★

四段・ナ変・ラ変の未然形には「す」が、それ以外の未然形には「さす」が接続します。意味はまったく同じ、接続がちがうだけです。「シナラ・す」と覚えましょう。

ちなみに、「しむ」は何だろうが未然形に接続します。「す・さす」より時代が古いだけです。漢文の使役「使・令・教・遣」(シレーキョーケンと覚えるといいです)は必ず「しム」ですから、漢文がある人はよくよく注意しましょう。漢文の白文読みの王様です。

「す・さす・しむ」ともに意味、用法は同じ。使役の構文も尊敬の用法もまったく同じ。「しむ」だからといって特別な意味はありません。

 

1.使役

(使役対象) 動詞 す・さす・しむ = 使役対象動詞させる

       して

※「使役」とは、自分自身でやらないで、ナニモノかをこき使って「やらせる」表現です。である以上、必ず「やらせる」ナニモノか、使役する対象が存在するはずです。使役の対象は格助詞「に」「して」で示します(漢文なら「使役対象 ヲシテ 動詞未然形 シム」と、必ず「ヲシテ」で示します)。

ただし、文脈上、あるいは常識的にわかりきっているものはガンガン省略されるので、読解する際には注意が必要です。

 

例 妻(め)の女(おうな)預けて養は

(妻であるおばあさん預けて(かぐや姫を)育てさせる。)

※四段動詞「養ふ」未然形「養は」、「シナラ」の未然形だから「す」が接続しています。使役対象「妻の女」が格助詞「に」で明示されていますね。

 

2.尊敬

・尊敬、謙譲の敬語動詞に付いて、尊敬、謙譲にかかわらず敬意を強める働きをします。「給は」「のたまは」「聞こえさす」等、意味は変わらない、ただし敬意が強まります。 →「『古文の基礎』 其の三十一」を参照してください。

・「給ふ」「おはします」の形で最高敬語(二重敬語)を表現する。

→「『古文の基礎』 其の三十」を参照してください。

※つまり、上記の内容から言えることは、「す」「さす」「しむ」が尊敬で用いられる場合は必ず敬語動詞とセットになる、ということです。「す」「さす」「しむ」単独で尊敬の意で用いられることはありません。よって、敬語動詞をともなわない単独の用法は使役に決まります。(「す」「さす」「しむ」の前後を見て敬語動詞がなかったら使役に決まるということです。)必ず使役対象がいるはずです。いなければ省略されています。

 

「す」「さす「しむ」 単独用法は使役に決まり!

 

上記の例文、「~養はす。」とありますね。「す」の前にも後にも(後はないけど)敬語がありませんね。パッと見て一発、使役とわかります。

 

例 まかでなむとし給ふを、暇(いとま)さらに許さ給はず。

((桐壷の更衣は宮中から)退出しよう(強意「ぬ」+意志「む」)となさるが、

(帝は)お暇をまったく許しにならない。)

※四段動詞「許す」未然形「許さ」、「シナラ」の未然形だから「す」が接続しています。「せ」(尊敬)「給ふ」(尊敬)、尊敬を重ねて、最高の尊敬表現を作ります。最高の尊敬表現なので、動作をしているのは最高のお方、主語は「皇族」と決まります(例外はいくらでもありますが…)。

※会話文・手紙文では一般的に敬意が強まる傾向にあるため、「せ給ふ」「させ給ふ」とあっても必ずしも最高敬語とはかぎりません。普通の尊敬表現「給ふ」の感覚で使われたりします。つまり、「地の文、最高敬語、主語は帝(皇族)」はアリですが、「会話文、最高敬語、主語は皇族とはかぎらない」としかいえません。

※たとえ主語が帝(皇族)で「せ給ふ」「させ給ふ」の形をとっていても、使役対象がいる(想定される)場合は「せ」「させ」は使役です。例えば、

帝、雑用せ(サ変未然形) させ給ふ。

という表現の場合、最高敬語と考えると「帝が雑用をなさる」となり、常識的にはありえません。使役の対象をおぎなって、「帝、(召使いに)雑用せさせ給ふ」とし、「せ」は使役と考えるのが普通でしょう。実戦レベルではよく問われます。ちなみに、立教大学で出していますね。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/21 08:21】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(1) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十六
「助動詞」 〈る・らる〉

【「る」「らる」の意味の見分け方】★★★

四段・ナ変・ラ変の未然形には「る」が、それ以外の未然形には「らる」が接続します。意味はまったく同じ、接続がちがうだけです。「シナラ・る」と覚えておきましょう。

ちなみに、「自発」「可能」には命令形がありません。

 

1.受身

(動作主)  動作 る・らる = (動作主)  動作される

※「動作主」とは「動作をする人」。「母ちゃんにしかられる」の場合、「母ちゃん」は「しかる」動作をする人でしょ?

 

例 しうと(舅=嫁の父)ほめらるる婿(むこ)

(舅ほめられる婿。)

※下二段動詞「ほむ」未然形「ほめ」、「ほめる」じゃありませんよ、「ほむ」ですよ。「シナラ」以外の未然形だから「らる」が接続し、連体形「らるる」。「ほむ(ほめる)」動作をしているのは「しうと」でしょ?これが受身の構文。ただし、「動作主」はガンガン省略されるので、読解する時は文脈に注意しましょう。

 

2.可能

る・らる + 打消(ず・じ・まじ・で・等) = 不可能(~できない

※可能とはいっても平安時代は打消・反語(「~だろうか、いや~ない」と反語表現も打消をふくんでいるでしょ)をともなって、不可能「~できない」の意で用いられました。中世からは打消・反語をともなわず、単独で「~できる」の意でも用いられるようになっていきます。

 

例 まどろま給は

(眠ることがおできにならない。)

※四段動詞「まどろむ」未然形「まどろま」、「シナラ」の未然形だから「る」が接続します。連用形「れ」。打消の助動詞「ず」をともなって不可能になっています。これが平安時代の用法です。

 

3.自発

自発的な動作(思わずやる動作) + る・らる

心情表現の動作 + る・らる

思わずつい自然に)~する

せずにはいられない

※動作って、おおざっぱに「意志的動作」か「自発的動作」かに分けられます。「あくびする」「くしゃみする」「泣く」などは思わずやっちゃう「自発的動作」です。ウソ泣きする場合は「意志的動作」でしょうが…。「ご飯食べる」「日記を書く」などは「意志的動作」でしょ?ハッと気がついたらご飯食べてたって、ありえんでしょ?

「心情」だって「自発的動作」の一つです。「オレはプラス思考の人間さ!」なんて言ったって、「悲しい」時には「思わず」ポロッと泣けてきます。「悲しくなんかないやい!」と強がったところで、涙はあとからあとからあふれてきます。「心情」って、我々の意志ではコントロールできない「自発的」なものなんですね。

ただし、「自発的」か「意志的」かはケースバイケースですよ。「走る」は「意志的動作(遅れる~、急がなくっちゃ、とかの場合)」でしょうが、「火事だ!」、わっ、「思わず走る」だったら「自発的」でしょう。

 

例 人知れずうち泣かぬ。

(ひそかについ泣いてしまった。)

※四段動詞「泣く」未然形「泣か」、「シナラ」の未然形だから「る」が接続、連用形「れ」。「ぬ」は完了の助動詞で連用形接続。「泣く」というのは「思わずやる」自発的な動作でしょ?

 

4.尊敬

どれにもあてはまらない = 尊敬(~なさる~になる

※1~3のどれにも当てはまらない場合は、しょうがないから尊敬と考えましょう。尊敬って、とくに判断根拠のないミソッカスなんですね。

ちなみに、尊敬の補助動詞「給ふ」などに比べると、尊敬「る」「らる」は敬意が低いです。

 

例 かの大納言、いづれの舟にか乗らべき。

(あの大納言はどの船に乗りになるつもりだろうか。)

※四段動詞「乗る」未然形「乗ら」、「シナラ」の未然形だから「る」が接続しています。「べし」は、ここでは意志、終止形接続だから、終止形「る」。

ひとつひとつ判断してみましょうか?

1.か?「舟に乗られる」って、受身の構文!と考えたあなたはどうかしていますよ。重たくてしょうがないでしょ?

2.か?打消なし、反語とも考えられない。

3.か?「乗る」は「意志的動作」でしょ?ハッと気がついたら「思わず」乗っていたって、ありえんでしょう。

4.以上、どれにもあてはまらないから、しょうがなく「尊敬」、やっぱり主語は「大納言」貴いお方、これが正しい判断です。

反対、主語が「大納言」貴いお方だから「尊敬」、はダメ!だって、貴いお方が主語で「受身」「可能」「自発」だってあり得るんだから。必ず「1234」とステップを踏んで判断しましょう。

 

まあ、どちらともいえないな、という場合もよくあります。でも心配いりません。キミたちがわざわざ問われる場合は、上記の判断根拠で判断できるものに限られるでしょう。

ちなみに、立教大学とかよく出しますよね。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/19 19:47】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(2) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。