大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十五
「助動詞」 〈意味をおさえよう!〉

いよいよ文法の山場に入ります。

「接続」「活用」を覚えた人は「意味」に入ってよし、まだの人は覚えてから「意味」に入ってください。ゼッタイその方が早いですから。

で、何度も言うとおり、「出るヤツは徹底的に、こまかいヤツはあとまわし」でしたね。

核心部は、


   ・「まし」の意味

   ・推定「なり・めり」にともなう撥音便

   ・断定「なり」


で、最終的には、「三大識別問題」といわれる「なり」「なむ」「に」の識別で点数をかせげるようにすることをめざします。

そしたら「助詞」に入りますが、助動詞の山場さえ越したなら、助詞は楽勝ですから、だまされたと思って助動詞、しっかりやってください。

とはいえ、最初から「完璧」をめざすとヤになってしまいますから、「いい加減に何回も」でいいと思います。チョロっとヒマができたら、このブログをのぞいてくださいませ。


あわせて、単語集をやり始めてください。マドンナでもゴロゴでも何でもよいと思います。まあ、マドンナがいちばんお手軽かもしれません。ポイントは


最低限をしっかりやる!


です。「最大限をいい加減にやる」よりはるかに点数かせげます。「いい加減に何回も」は上記とおなじ、マドンナ先生も、たしか書いてましたよね。

 
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/18 19:28】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十四
「助動詞」 〈接続を覚えよう!〉

次に接続、いってみましょう。手持ちの「助動詞の一覧表」をかたわらに置いてください。

接続を覚えることの重要性はもう述べてきました。ここはイッパツ、ゴロでも歌でもいいので覚えてしまいましょう。ここで歌うわけにもいかんので、オヤジなギャグで解説していきましょう。

ちなみに、もう接続を覚えてしまっている人は読まなくてけっこう。恥ずかしいだけですから…

 

【未然形接続】

ジンマシン むずむずする、なおして!

「じ」「まし」「む」「ず」「むず」「す(=さす・しむ)」「る(=らる)」「まほし」

です。「す・さす・しむ」はまったく同じとみなします。「る・らる」もまったく同じとみなします。

さらに欲を言うと、「る・らる」と「す・さす」の接続の違いまでおさえるとよいです。四段・ナ変・ラ変の未然形には「る」「す」が接続し、それ以外の未然形には「らる」「さす」が接続します。「シナラ、る」「シナラ、す」と覚えておきましょう。

 

【連用形接続】

聞けり、塗ったり、煙たし

「き」「けり」「ぬ」「つ」「たり」「けむ」「たし」

聞いた、(そして)塗ってみたら、煙たかった、ってカンジかな?

ちなみに、「き」の接続、カ変とサ変には特殊な接続しますから注意が必要です。「き」のところで解説しましょう。

 

【終止形接続】

べららんめ~、まじなり!

「べし」「らし」「らむ」「めり」「まじ」「なり(伝聞・推定)」

です。ちと、ツライか?

下町の江戸っ子になったつもりで、ちょっと巻き舌で話してみるとよいでしょう。「べらんめ~、こちとら、マジなんでぃ、えっ、おうおう」なんてね。

終止形接続で注意すべきは、「ラ変(ラ変型活用語)には連体形に接続する」ということです。なぜかって?へ理屈言いましょうか。

そもそも「助動詞」とは、漢文チックに読むと「動(詞)を助ける詞(ことば)」と読みます。基本的には動詞を下から助けて、いろいろな意味を補助します。(そりゃ、形容詞などにも接続しますが、おいといて、)動詞というのは「動作・存在」をあらわし、必ず「ウ段」で言い切るのでしたね。だから、終止形接続の助動詞たちは、普段は「ウ段」にくっつきます。「書くべし」「読むまじ」「笑ふめり」。

ところが、唯一の例外、「ウ段」で終わらない動詞があります。それが「ラ変」。「あり・をり・はべり・いまそかり」などです。「ありべし」ムム…、なんかおかしい、と昔の人は思ったのでしょう。そこで意地でも「ウ段」にくっつけていったのです。「ラ変」で「ウ段」になるのは連体形でしょ?「あるべし」、ホラ、くっついた。

先々、最重要五つ星、「撥音便の無表記」のところで受験生がいっせいにひっかかる所ですから、くれぐれも「終止形接続の助動詞はすべて、ラ変には連体形に接続する」、忘れないように!

 

【特殊な接続】

・サミシイ「

「リ(「り」)カ(完了)ちゃん サミシイ」なんてね。完了・存続「り」は「サ変の未然形」「四段の已然形」にしか接続しません。ワガママなやつですが、だからこそ、常に接続が問題になる助動詞ですね。

・断定は体言・連体形なり

助動詞はさっきも言ったように、基本的には動詞にくっつくのです。体言(名詞)なんかには接続しません。ところが、例外的に体言(名詞)に接続するのが断定「なり」なんですね。

 

【ミソッカス】

・「ごとし」は一応、「体言  ごとし」「連体形  ごとし」でいいんじゃないですか。古文ではどうでもいいヤツなのですが、漢文ある人、漢文の比況形「如・若」はムチャクチャ出るやつですからおさえておきましょう。

・断定「たり」は体言(名詞)にしか接続しませんが、ほんとうにどうでもいいヤツですね。

 

以上、自分で言うのもなんですが、 く… く… くだらん!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/17 22:28】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(1) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十三
「助動詞」 〈活用を覚えよう!〉

では、活用からいきましょうか。どの文法書でも「助動詞」のところの最初にあげているはずです。手持ちの「助動詞の一覧表」かたわらに置いて、はじめましょうか。

 

【動詞型】


四段型 … む・らむ・けむ

※「む」「らむ」「けむ」、活用はすべて同じ。「む」に「ら」をくっつけるだけ、「け」をくっつけるだけです。

 

下二段型 … る・らる・す・さす・しむ・つ

※「る」「らる」と「す」「さす」、活用はすべて同じ。それぞれ「る」「す」の活用を覚えればおしまい。

 

ナ変型 … ぬ

※「型」というか、ナ変とまったく同じ。

 

ラ変型 … けり・り・たり(完了)・めり・なり(伝聞・推定)

※完了「り」はラ変とまったく同じ。完了「たり」はそれに「た」をくっつけるだけ。「なり」「めり」も活用はまったく同じ。

 

サ変型 … むず

※「む」→「むとす」→「むず」と変化したものだから、もともとサ変動詞「す」だったんですね。

 


【形容詞型】


ク活用 … べし・たし・ごとし

シク活用 … まじ・まほし

※「ごとし」はおいといて、「べし」「まじ」と「まほし」「たし」と、形容詞型活用の助動詞は形容詞と同じ。ただし、命令形はなし、これでおしまい。

 


【形容動詞型】


ナリ活用 … なり(断定)

タリ活用 … たり(断定)

※「型」というか、形容動詞とまったく同じ活用。断定「たり」はどうでもよいから、断定「なり」の活用しっかり!伝聞・推定「なり」とのちがいに注意!

 

【無変化型】 … らし・じ

※変化しないのだから活用を覚える必要はありません。係助詞をうけるから仕方なく連体形、已然形をおいているだけです。

 

【特殊型】 … き・まし・ず

※助動詞だから特別に活用を覚えなければならないのは、この三つだけです。でも、「まし」は活用をつっこんでもしょうがないでしょ?意味が問われる助動詞です。ほら、メリハリつけてやるっていいましたよね。

」「」は活用がつっこまれる助動詞です。ということは、この二つだけ徹底的に覚えれば…って3分あれば十分でしょ?

 

以上、助動詞の活用はこれでおしまい。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/16 15:50】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(1) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十二
「助動詞」 〈接続と活用を覚えよう!〉

ここで確認!

なぜブログで古文の文法・敬語の解説をしているのか?

現代文・小論文の講座ではないのか?

『受験生の心がまえ』でもさんざん述べてきましたが、助動詞に入る前にもう一度確認しておきましょう。

現代文で点数をかせぐためには、いくら相対的に配点が低くても、古文でゼッタイ点数を落とせないからです。


古文・漢文 時間かけずに点かせげ! 現代文 時間そそいで点かせげ!


これが限られた時間内で最大限の点をかせぐ鉄則でしたね。

そこで、文法、敬語をブログで連載しているのです。


こまかいヤツはあとまわし 出るヤツだけを徹底的に!


が編集方針でした。メリハリをつけてやれば、古典文法なんて難しいことなどありません。ベタ~っと平板にやるから(重要なもの、どうでもよいもの、ごっちゃにしてやる)から、いつまでたっても全体像が見えてこないのです。全体が見えないから部分も見えないという悪循環におちいってしまうのです。

「自己目的化」の害についてもさんざん述べました。それは文法にも言えることです。「文法を勉強すること自体」が目的になってはいけません。読解するため、さらに現代文も含めて、国語全体で点をかせぐためにこそ、文法をやっているのだということを忘れないで下さいね。

さて、いよいよ山場にさしかかります。助動詞に入っていきますよ。

一覧表とにらめっこして暗記しようとするより、


助動詞は、「接続」「活用」「意味」に分割しておさえたほうが早い!


「意味」については私が責任をもって解説していきます。こちらに任せてください。そのかわり「接続」「活用」は皆さんが責任をもって覚えてください。

とはいえ、「活用」はもう言えるはずですよ。だって助動詞のほとんどが用言(動詞・形容詞・形容動詞)のパターンで活用するだけですから。

助動詞だからといって特別に活用をおさえなければならないのは、「き」「まし」「ず」の三つだけ。

特にも活用が問題になるのは「き」「ず」ですから、この二つを徹底的に…、つったって、3分あれば十分ですよね。

ここにいたって用言の活用があやふやな人は、もう一度「用言の活用」を復習したほうが圧倒的に早いです。

ちなみに、「なぜ接続とか暗記しなくちゃいけないの?」といった疑問もあるかもしれません。その答えは、前回やった敬語「給ふ」の問題をやってみると一目瞭然でしょ?
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/15 16:27】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の四十一
「敬語」 〈敬語の確認!〉

前回の確認テストの解答解説をしていきましょう。四十点以下の人はもう一度、敬語を復習してください。国語の最難関、早稲田大学を目指す人は当然満点!といきたいところです。

 

【敬語 確認テスト 解答解説】

                               /五十点

問一、次の敬語表現にあたるものをのちの語群よりすべて選べ(複数解答可、同じものを何度用いてもよい)。

           (三点×六=十八点 完全解答、一つでも多い、少ないものは×)

1.「与ふ」尊敬    ( a・c・h    )

2.「与ふ」謙譲    (         )

3.「受く」謙譲    (         )

4.「行く・来」謙譲  ( i        )

5.「出づ」謙譲    ( e・f      )

6.「(皇后に)言ふ」謙譲   (         )

【語群】

a たうぶ   b 参らす   c 給ふ   d たまはる   e まかづ

f まかる   g 奏す   h たまはす   i まうづ   j 啓す

※「たまはす」「たまはる」ひっかかりませんでしたか?「参る」「参らす」ひっかかりませんでしたか?「奏す」「啓す」ひっかかりませんでしたか?

 

問二、次の文中の「給ふ」について、謙譲はa、尊敬はb、としなさい(設問の都合によりカギカッコ「 」は省略)。               

          (二点×四=八点)

1.~とこそ思ひ給ふれ。 (  )

2.~と思ひ給へず。   (  )

3.~とぞ思ひ給へる。  (  )

4.~と思う給へらる。  ( a 

※1.係助詞「こそ」を受けて下二段謙譲「給ふ」已然形「給ふれ」。

2.助動詞「ず」は未然形接続。下二段謙譲「給ふ」の未然形「給へ」。

3.係助詞「ぞ」を受けて完了の助動詞「り」の連体形「る」。助動詞「り」はサ変の未然形、四段の已然形(サミ・シイ)に接続。よって四段尊敬「給ふ」已然形「給へ」。ちなみに、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「る」だったら連体形は「るる」になるはずですね。

4.「思う」は、ハ行四段の連用形「思ひ」がウ音便をおこしているだけです。受身・尊敬・自発・可能の助動詞「らる」が下二段謙譲「給ふ」の未然形に接続しています。ちなみに、四段ナ変ラ変の未然形には「る」が、それ以外の未然形には「らる」が接続します。上記は下二段なので「らる」が接続しているんですね。

どうです?できましたか?

助動詞はまだ解説していないので、3.4.でひっかかった人はそれでもよし、これからやる助動詞、なんで接続や活用を暗記しなければならないか、わかりましたね?

 

問三、次の空欄に「給ふ」を適当に活用させて補いなさい(例文は会話文)。

          (三点×三=九点)

「(私がいつまでもこの世に生きていられる身ではない)と思ひ( 給へ )て、(出家を覚悟するが、少将が私を愛しい)と思ひ( 給ひ )て、(いろいろ世話してくださることばかりが、出家のさまたげである)となむ思う( 給ふる )」

※一番目、三番目は「会話文において自己の認識を表す動作『思ふ』について用いられている」ことを確認してください。下二段謙譲(へりくだり)の「給ふ」を使うべき文脈ですね。三番目は係助詞「なむ」をうけて連体形です。

二番目は他者(少将)の動作ですから、当然、四段尊敬「給ふ」です。他者の動作に「へりくだり」は使われませんからね!

どうです?下二段謙譲「給ふ」の定義をこれでもかというぐらい解説してきた理由がわかりますね?こういうことになるからです。早稲田大学を受験しようと考えている人はくれぐれも肝に銘じてください。

 

問四、次の語を活用させ、適当に並べかえなさい。  (三点×二=六点 完全解答)

1.(少将は姫君にお手紙を)給ふ 奉る 書く → ( 書き奉り給ふ )

2.「(私自身の罪だと)給ふ 思ふ 知る」 → ( 思ひ給へ知る )

※1.二方面への敬語「謙譲・尊敬」は必ず「謙譲+尊敬」でしたね。「尊敬+謙譲」の順になることはありません。上智大学で出していますね。

2.「会話文で自身の認識を表す動作『給ふ』について用いられている」ことを確認してください。下二段謙譲(へりくだり)「給ふ」を使うべき文脈です。ただし、その認識の動作「思ふ」が「思ひ知る(身にしみて思う)」という複合動詞になっています。

ちなみに、「知り思ふ」という複合動詞は、現代語で考えたって、常識的に存在しませんよ。

で、複合動詞をへりくだる場合、下二段謙譲「給ふ」は間に割って入るのでしたね。

ちなみに、四段尊敬「給ふ」は複合動詞にそのまま接続し「思ひ知り給ふ」となります。やはり、上智大学で出しています。

 

問五、次の傍線部を口語訳しなさい。             (三点×三=九点)

1.大臣(おとど)、御車に奉りつるのちに、 ( お乗りになる・乗りなさる )

2.大御酒(おほみき)参りいたくゑ(酔)ひけり。  ( 召し上がり・お飲みになり・飲みなさり )

3.「その銭、われにた(給)べ」    ( 下さい・お与えください )

※1.「乗り物に『奉る』」は「乗る」の尊敬。

2.「飲み物『参る』」は「飲む」の尊敬。

3.「たぶ」「たうぶ」は本動詞、補助動詞ともに「給ふ」とまったく同じ。何も難しいことはありません。た・だ・し、活用して「かな」で書かれるととたんにひっかかりますからね。

どれもこれも記述で問われるものです。配点が高く、わかっている人いない人とで白黒はっきり分かれます。点差が開く!ということは死んでも点数を落とせないということです。東京大学など、国立大学でけっこう出しています。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/14 18:49】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。