大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十六
「文学史3」   〈平安物語の成立順序をおさえよう〉
平安文学史をおさえるポイントは、
 
   前
   ↑
源氏と枕がちょうど一〇〇〇年
   ↓
   後
 
でしたね。
源氏の前をしっかりおさえましょう。源氏以後は「その他大勢」で十分です。
 
平安物語・『源氏物語』以前
 
〈 伝奇物語 〉
『竹取物語』(九一〇)
…源氏物語の中で「物語 出(い)で来(き)はじめの祖(おや)」と評しています。現存最古の物語。
 
〈 歌物語 〉
『伊勢物語』(九四七)
…主人公は在原業平(ありわらのなりひら)と考えられています。
『大和物語』(九五一)
『平中(へいちゅう)物語』(九六〇)
 
〈 作り物語 〉
『宇津保(うつほ)物語』(九八四)
『落窪(おちくぼ)物語』(九九〇)
…継子(ままこ)いじめのシンデレラ物語。貴族社会を写実的に描く。
 
  ↓ これらの流れを受け継いで大成
 
『源氏物語』(一〇〇八)
 筆者…紫式部(一条天皇の中宮彰子に仕える)
 内容…全五四帖からなる長編物語。『竹取物語』などの虚構性、『伊勢物語』などの歌物語性、『蜻蛉(かげろ)日記』などの自照(自己の内面を見つめること)性などの影響のもとに完成。江戸時代の国学者、本居宣長(もとおりのりなが)は『源氏物語玉の小櫛(たまのおぐし)』の中で、『源氏物語』を「もののあはれ」(しみじみとした情趣、情愛)を描いた文学として位置づけました。
 
 
平安物語・『源氏物語』以後
 
 『源氏物語』(一〇〇八)
     源氏物語のマネ
『浜松中納言(はままつちゅうなごん)物語』(一〇四五)
『堤中納言(つつみちゅうなごん)物語』(一〇五五)
『夜の寝覚(よるのねざめ)』(一〇五九)
『狭衣(さごろも)物語』(一〇六九)
『とりかへばや物語』(一一六八)
 
と、源氏以前さえしっかりおさえれば大丈夫。「○○物語」と出てきて、聞いたことない、だったら、すべて源氏以後、すなわち一〇〇〇年以後と考えればいいでしょ?
『今昔物語』とかもあるじゃないかって?
大丈夫。説話も軍記物語も源氏以後ですから。
練習してみましょうか。
 
 
練習問題
次の中から(1)源氏物語以前の作品を選びなさい。(2)源氏物語と同じころに成立した作品を選びなさい。
イ 『更科日記』
ロ 『和漢朗詠集』
ハ 『とりかへばや物語』
ニ 『讃岐典侍日記』
ホ 『蜻蛉日記』
解説 
イ、『更級日記』には源氏物語にあこがれた少女時代が描かれている、ということは、源氏以後。
ロ、『和漢朗詠集』撰者、藤原公任は、一〇〇〇年に活躍した清少納言、紫式部と同時代人でしたね。
ハ、わけわからなかったら、源氏以後と考えればよいわけです。
ニ、『枕草子』より後、ということは源氏以後。
ホ、『枕草子』より前、ということは源氏以前。
 
解答
(1)… ホ   (2)… ロ
 
と、こんな感じで源氏と枕を核にして前後関係をあぶりだしてください。
 
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/01/31 23:22】 | 古文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十五
「文学史2」   〈平安日記の作品世界をおさえよう〉
 
  源氏と枕がちょうど一〇〇〇年、日記の成立順序をおさえたら、いよいよ作品世界をおさえましょう。作者名は必ず漢字で書けるようにしておくこと。
作品世界をおさえていると、出題されたときにメチャメチャ有利になります。『蜻蛉日記』『和泉式部日記』『讃岐典侍日記』など、圧倒的に有利になります。というか、難関大学はあらかじめ作品世界をおさえていることを前提にして出題してきますよ。
それぞれの作品で何が問われるのか、解説していきましょう。
 
 
作者・作品世界
 
『土佐日記』…紀貫之
※『古今和歌集』の中心的撰者・『古今集』の序文「仮名序(かなじょ)」執筆。
〈評価〉
最古の日記文学。もっぱら女性が用いていた、「ひらがな=女手(おんなで)」で日記を書くにあたり、女性に仮託(かたく…仮に女性の立場に身を置く)して客観的視点から自身の経験を書いていきます。自分のことなのに、他人事のように書いていきます。
〈内容〉
土佐の国司(今の県知事)の任を終え、船で都まで帰ってくる間のことを記した旅日記。土佐の国で亡くした娘をしのぶ旅でもあった。
※文学史にからめて、『古今和歌集』や「仮名序」をつっこんでもいいですね。土佐で亡くした娘をしのびつつ、和歌を詠む、という展開はおさえておいた方がよいですよ。でも、他人事のように書いていますからね。
 
『蜻蛉(かげろう)日記』…藤原道綱母(みちつなのはは)・藤原倫寧女(ともやすのむすめ)
※夫は藤原兼家(かねいえ)、姪(めい)は菅原孝標女(たかすえのむすめ)。
〈評価〉
最初の女流日記文学。ひたすら自己の内面を見つめる自照(じしょう…自己の内面を観察する)文学。
〈内容〉
夫、兼家の浮気に苦悩する女心、息子、道綱に対する母性愛がつづられる。
※必ずといっていいぐらい、人物関係が問われます。
・「浮気な人」「あてにならない人」「薄情な人」「来ない、あるいは来てもすぐ帰ってしまう人」=夫、兼家。
・「かわいい人」「見捨てておけない人」「幼い人」=息子、道綱。
 
『枕草子』…清少納言
※父は歌人で『後撰和歌集』撰者・清原元輔(もとすけ)。※一条帝の中宮・定子(ていし)に女房として出仕。
〈評価〉
最古の随筆文学。客観的・即興的・知的なおもしろさである「をかし」の文学と評される。
〈内容〉
多岐にわたります。一条帝の中宮定子のサロンでの出来事を中心に、一条帝・定子を絶大に賛美しています。学者の家系ということもあり、女だてらに(男=漢字の知識/女=かなの知識、という時代的背景があった)漢詩・漢文の知識を披露する箇所も見られます。
※清少納言を文学史でつっこむ時は、父、元輔が問われます。『後撰集』って、何番目の勅撰和歌集か言えますか?
 
『和泉式部(いづみしきぶ)日記』…和泉式部
※平安時代を代表する女流歌人。一条帝の中宮・彰子に女房として出仕。恋多き女性として有名。
〈評価〉
日記とはいうものの一人称体ではなく、三人称体で書かれているため、主語を「私は」ではなく「女は」と読んでいきます。日記というより、歌物語として読んでいった方がよいですね。
〈内容〉
恋人の為尊(ためたか)親王(兄)の死後、悲嘆にくれる女に敦道(あつみち)親王(弟)が言い寄ってくる。ゆれる女心。和歌の贈答。やがて二人は結ばれてゆく。情熱的ラブストーリー。
※超頻出。で、本文のほとんどが和歌、なんて、いかにも早稲田大学が好きそうでしょ?だから、和歌の贈答、「和歌は二つでワンセット」って読みを練習しておかないと、パニックになることまちがいなし。和歌の修辞をつっこんでもよいし、解釈を求めてもよいし、本文全体の要約をさせてもよいし、出題者の立場に立つと、ツッコミどころ満載です。だから、出る!当然、文学史を突っ込んだってよいわけです。彼女と同時代人、何人言えるかな?悩んだら前回の記事を見てください。 
『紫式部日記』…紫式部
※『源氏物語』作者。一条帝の中宮・彰子(しょうし)に女房として出仕。
〈内容〉
前半は中宮・彰子のサロンを中心に宮中の生活をつづる。後半は消息文(しょうそこぶみ)とよばれるもので、和泉式部・赤染衛門(あかぞめえもん)・清少納言など、ライバルの女房たちの人物批評を展開しています。特にも清少納言については、「女のくせに漢学の教養をひけらかす高慢な女だ」と、手厳しく批判を加えています。中宮定子⇔中宮彰子と、サロンも違うし、仲が悪かったんですね。
 
『更級日記』…菅原孝標女(たかすえのむすめ)
〈内容〉
少女時代から老境に至るまでの半生を回想してつづった自叙伝。少女時代を地方ですごし、『源氏物語』の世界にあこがれていた事などが書かれています。
・少女時代…物語世界にあこがれ、自分も将来は物語の女性たちのようになるのよ、と夢見がちなオトメ。
・成人…宮仕えに出てもつとまらない、父は出世できずに嘆いてばかり、と、一つ一つ大人社会の現実を知るたびに、少女時代の夢は破れていきます。
・晩年…一心に仏におすがりして、周りの反対をおし切って、お寺にこもったりして。
と、半生をふりかえった自叙伝です。
 
『讃岐典侍(さぬきのすけ)日記』…藤原長子(ちょうし)
〈内容〉
前半は典侍(ないしのすけ)として仕えた(実は愛人でした)堀河天皇の発病から病没するまでの看護の様子を描きます。後半は幼帝・鳥羽天皇の即位にともない再び出仕し、幼帝の世話をしながら折に触れて亡き堀河帝をしのぶという内容です。
※前半は、とにかく病気表現がつっこまれます。
後半は人物関係が問われます。帝が二人出てくるので、最高敬語だけでは簡単に判断できません。
・思い出モード…主語=堀河天皇
・現実モード…主語=鳥羽天皇
と、思い出の世界か、現実の世界か、で主語を見分けなくてはなりません。練習しておかないと難しいですよ。
 
『古今和歌集』『後撰和歌集』については以下を参照。
 
 
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/01/30 16:12】 | 古文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十四
「文学史1」   〈平安日記の順序をおさえよう〉
 
日記・随筆(中古)
 
 成立順序をおさえよう
 
・土佐日記(九三五)     と
・蜻蛉日記(九七四)     かげ(の)
・枕草子(一〇〇一)     まくら
・和泉式部日記(一〇〇七)  いずみ(に)
・紫式部日記(一〇一〇)    むらさき(を)
・更級日記(一〇五九)      さらしな
・讃岐典侍日記(一一〇八)   さ(い)
                   ゴロ…トカゲの枕、泉に紫をさらしなさい。
 
西暦はめやす、あてにはなりません。
『枕草子』がちょうど一〇〇〇年ごろに成立した作品。『源氏物語』『枕草子』『和泉式部日記』を一〇〇〇年ごろの作品として、前後関係でおさえるのが平安文学史をおさえるポイントです。一〇世紀か一一世紀か、といった前後関係がよく問題になります。
また、千年ごろの同時代性が問題になります。
清少納言・紫式部・和泉式部の三人とも一条帝の中宮に女房としてお仕えしました。
清少納言は一条帝の中宮、定子に、
紫式部、和泉式部、赤染衛門(あかぞめえもん)は同じく一条帝の中宮、道長の娘、彰子に
お仕えしました。みんなちょうど一〇〇〇年ごろに活躍した人物です。
四条大納言と呼ばれた藤原公任(きんとう)は、『和漢朗詠集』を選んだスーパー教養人で、和歌でも漢詩でも管絃でもいちばん、「三船の才」なんて、教科書でやったのでは?この人も同時代人。しぶいところですが、よく問題になります。
 
千年ごろの同時代人
   … 清少納言・紫式部・和泉式部・藤原公任
 
とおさえたら、平安物語については、『源氏物語』との前後関係でおさえ、日記・随筆については『枕草子』との前後関係でおさえるのが最速の学習法です。びっくりするぐらい、それだけで文学史問題に対応できますよ。
 
   前
   ↑
源氏と枕がちょうど一〇〇〇年
   ↓
   後
 
平安日記はとにかくいちばん出題されますから、文学史しっかり。それと作者名を漢字で書けるようにしておきましょう。
どうせ出るってわかっているなら、こっちもあらかじめ作品世界をおさえておきましょう。ヨーイ・ドン。古文読解のスタート時点で他の受験生に差をつけちゃいましょう。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/01/29 17:36】 | 古文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十三
「物語話型」 〈出家譚(しゅっけたん) 3〉

事件→厭世(えんせい)→功徳→出家→極楽往生

といった文脈をみてきました。「出家」を決意してスパッと出家してしまう場合もよくあります。ところが、そこにはもう一つドラマがあります。「歌物語」など、これら一連の文脈で頻出するのが「絆(ほだし)」です。出家にかぎらず、何か望みをとげる際に障害、さまたげとなるものを「絆」といいます。具体的には「年老いた親・幼い子・愛する妻、夫、恋人」などが「絆」となります。ショッキングな事件がある。「こんな俗世間なんかもうイヤだよ」、人は来世に救いを求めて「出家」を考えます。ここで「絆」が登場、「年老いた親、幼い子、愛する者を残して出家できないよ」、トホホ、歌を詠む、という展開です。

 

事件


出家


絆(ほだし)

    …障害、さまたげとなるもの。(親・子・妻・夫・恋人)


和歌

 

「絆」は単純に意味をきいてもよいでしょうが、だいたい「絆とは具体的に何か、次の中から選びなさい(本文中から抜き出しなさい)」といった問になります。解答が「いとけなき(幼い)子」といったパターンです。立教大学がいかにも出しそうな問題です。

さあ、因果応報から出家、絆まで、一連のストーリー展開と出題パターンをたどってきましたよ。どこかで出ると思います。もし的中したら、このブログに情報をお寄せくださいませ。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/02/04 11:27】 | 古文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十二
「物語話型」 〈出家譚(しゅっけたん) 2〉 

因果応報思想、功徳、出家と見てきましたね。それでは出家にいたる文脈を具体的に見ていきましょう。

 

〈出家譚〉

事件

 1.「世の中(=男女の仲)」のもつれ。

 2.主人、愛する者の死。

 3.自分の死期をさとる。

    ↓ 功徳を積む

    出家

 

でしたね。むむむ…。2.3.の文脈に着目!どうも「死」のにおいがプンスカただよっています。そう、出家の文脈にかぎらず、「死」の話題は受験で頻出しますね。今も昔も「死」は人生最大の事件ですからね。

現代文だろうが古文だろうが、国語の問題を作るに当たり、何が一番難しいかというと、本文の切り取り方なんです。古文においては、ある程度短めの文章の中でクライマックスがはっきりしているものを出したい、そうすれば必然的に話題として「死」が頻出することになります。『源氏物語』しかり、『讃岐典侍日記』しかり、「死」にまつわる文脈は超頻出です。上智大学、早稲田大学受験者はくれぐれも注意が必要です。そこでおさえておきたいのが、「病気表現」と「臨終表現」です。

 

〈病気表現〉

 ・心地(ここち) …気分の悪いこと。病気。

 ・悩む …病気で苦しむ。わずらう。

 ・あつし …病気がちだ。病気が重い。

 ・おこたる …病気がよくなる

  ・あつかふ …看病する

 

〈臨終表現〉

 ・失(う)す…死ぬ。

 ・隠(かく)る…死ぬ。亡くなる。

 ・露(つゆ) …露のようにはかない命。露命(ろめい)。

 

「心地=心持ち」「悩む=困る」「おこたる=なまける」の意味はありますが、きいてもしょうがないでしょ?「あつかふ」は「世話をする、面倒を見る」意、上記の文脈だと「看病する」。

「隠る」は貴人の死に用いられます。とにかく要注意は「露=露命」です。「露」の季節は秋、葉っぱの上にコロリと乗っている。「たま=真珠」の比喩、「涙」(つまり、悲しみ)の比喩、と和歌では大活躍する素材ですが、特にも「露のようにはかない命」の比喩で用いられていたら必ず設問になります。上智大学でよく出していますね。「露=露命」は要注意、と肝に銘じましょう。早稲田大学、上智大学、ともに出る可能性、絶大なり。『源氏物語』の紫の上の最期(さいご)でも「露」の比喩が使われています。美しい女性は「死」も美しいのですね。このシーンを講義するたびに、生徒も私もジワワ~ンとなったものでした。あ、鼻から「露」が…という比喩はありません、念のため。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/02/02 19:21】 | 古文のツボ | トラックバック(1) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。